FC2ブログ

ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

Adesso e Fortuna~炎と永遠 / 風のファンタジア (ロードス島戦記)  

アマゾンプライムで「ロードス島戦記」を発見。
学生の頃、夏休みにやってた。
でも、テレビ番組ではなく、OVAなんですよね。

ロードス島戦記、確かに見たのだが、内容は全く覚えていない。
ただし、歌だけは鮮明に覚えているのです。
オープニングもエンディングも大好きでした。
で、プライムビデオで早速拝見。
もうーオープニングもエンディングも、そのアニメーションはしっかりと覚えていましたね、もちろんメロディと概ねの歌詞も。
しかーし、内容は本当に全く覚えていない。
主人公がパーンという名前だったという事、相棒の女の子がいた事くらいしか記憶は蘇らない。

見れば思い出すか…否、全く思い出せない。
ほぼ初めて見るような新鮮な感じ。
まずは一通り見ましたが、イマイチ腑に落ちない、端折りすぎてるのかな?
っていうか、これの原作って…と思って調べてみたら、テーブルトークRPGというジャンルのゲームを元にしたライトノベルが原作で、しかも相当のベストセラー。
これ以降のファンタジー作品へ、多大なる影響をもたらしたという。
諸々調べてみて、各ページによって集計方法が違うからか、順位は前後しますが、日本のライトノベルでは確実にトップ5に入る(シリーズトータル)人気作品です。

テーブルトークRPGってのは…良く分からない。
Wikiにもあるけど、読んでもあまりつかめない。
会社の同僚に経験者がいたけど、話を聞いても分からない。
まぁきちんと知りたい人はきちんと調べましょう。

何はともあれ超ベストセラー。
そうだったのか、全く知らなんだ。
とは言え、ノベル全体で十数巻あるようなので、読むのは時間がかかりますので、とりあえず今は話の端折られた部分を知ってみようと検索検索。
検索して、キャラクターとその世界観も大まかに分かった。
が、ここで一つ大きな問題が。
個人運営ページ(ブログとか)のかなりの割合で、取り上げられているのが「ディードリット」。
ディードリットってのは、俺がアニメ版での記憶にあった女の子の名前、で「ハイエルフ」。
このディードを称える声が、そうね、7~8割方を占めるような勢いに思います。
主役はパーンなのに、この物語が支えられているのはディードのおかげの様です。
出版元である角川のHPを見てみると、なんと今年末に新作が出るとの事。
しかも!
タイトルページでのキャッチフレーズが「また会えたね、ディード ――」
冒険もファンタジーも後回し?
ちなみに、エルフという種族の耳が長いという設定はディードリットが元祖だそうです。

本題。
オープニング及びエンディングテーマが聴きたくて、YOUTUBEにはあるんだけど、ほら、手元に欲しい主義者だから。
ロードス島戦記のサントラは数枚出ているようですが、欲しい曲が入っているのは最初の1枚。
OP : Adesso e Fortuna~炎と永遠
ED : 風のファンタジア

とりあえず、この2曲が欲しいのです。

以下YOUTUBE
  Adesso e Fortuna~炎と永遠  >>>
 風のファンタジア >>
エンディングのミュシャ風のディードがいい味出してます。

ヤフオクで探して、シングルCDもあったけど割高+状態良くない、サントラ盤なら通常の中古品レベルの値段。
近くのTUTAYAには双方共に置いてなかったのでヤフオク捜索で2週間くらい検討、虎視眈々と。
廃盤だし、もう30年以上前という事もあって選択肢はそう広くない。
結局、帯無しの物を1800円で購入。
それがこれです。
ロードス島戦記 サウンドトラック

このアルバムいいですね、聴かせますね。
欲しかった2曲以外の音楽も良し良し。
作曲編曲は萩田光男氏。
萩田光男っていったらね、思い出すのは山口百恵の編曲。
私はね、この年齢の割に山口百恵が好きなのです。
アルバムも多数持っていいて、曲の作詞作曲は結構見る方なので覚えていました。

劇中歌、アニメ版の最終局面で流れた「風と鳥と空 ~reincarnation~」が入っていなかったのが残念。
主題歌「adesso e fortuna ~炎と永遠」の作者である新居昭乃さんの曲なのですが、このアルバムには含まれず。
これを含むアルバムはTSUTAYAにあったのでレンタルOK。
これまたいい曲ですね。
「パーン、来ちゃだめ…!!」
風と鳥と空 YOUTUBE  >>>

しかしてジャケットに描いてあるドラゴンの歯並びの悪い事。
これシン・ゴジラと一緒じゃないか?
シン・ゴジラは「完全生命体」で食べる必要がないから、噛む必要がないから歯並び云々は関係ないらしい設定だったけど、こいつもその類か?
確かに、アニメ版で、シューティングスターは破壊はしたけど捕食はしていなかったような。
こいつも最強の生命体なのか?
まぁ結局やられちゃったけど。

なんとなく、制作会社を調べてみたらMAD HOUSE(正確には製作協力)。
で、マッドハウスのページを見ていたら…なんと!
「ブギーポップは笑わない」が来年早々にアニメ化!!!
先週観てきた「未来のミライ」、近日中に観る予定の「ペンギン・ハイウェイ」、9月には「気の膵臓をたべたい」、10月からは「とある魔術の禁書目録Ⅲ」、そして「ブギーポップは笑わない」…。
わはは、俺好みの半年が過ごせそうだ!!


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





沖縄旅行 おすすめツアー




スポンサーサイト

Posted on 2018/08/29 Wed. 21:33 [edit]

category: 音の話

thread: アニメ・特撮ソング - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

a・chi-a・chiアドベンチャー / A・CHI-A・CHI  

アニメが好き、更に言うならうアニソンが好き。
特に昔のヤツ。
一般アーティストのタイアップではなく、アニメの為の歌が好き。

もう2年、3年以上くらい前か?
「傷物語」を読んでたら、忍野と阿良々木君の会話の一節に、
「でも、楽しそうでいいじゃない。魔神英雄伝ワタルのエンディングみたいな感じで」
というのがあって、それを読んで思い出した。
おれは魔神英雄伝ワタルのエンディング曲がとても好きだったのだ!!
曲と歌詞は大まかに覚えているが、タイトルとか歌手は知らない。
ワタル自体、内容はあまり覚えてなくて、実際あまり見た記憶もないと思います。
テレビつけてやってれば見たような感じだったかと。

で、ヤフオクで探してみると、なんと8㎝CD(中古)が8000円で売られています。
プレミア?価格。
こんなのとてもじゃないが買えない。
その日からアラートを付けて、それプラス数日に一回ヤフオク、その他サイトを探索。
そうして、今年の1月にとうとう入手しましたのがこれ。
魔神英雄伝ワタル STEP

1100円!!しかも新品未開封!!!
開始価格が1000円で、ライバル1名既に入札有、残り2日。
耐えに耐えて、終了10分前に入札、どこまで熾烈な戦いになるのだろうと覚悟していたら、1100円であっさり購入。
タイミングの問題なのでしょうか?
まぁそんな訳でめでたく入手した魔神英雄伝ワタルのシングルCD。
①OP [STEP]
②ED [a・chi-a・chiアドベンチャー]

歌手名は「A・CHI-A・CHI」、群馬県老神温泉出身の双子だそうな。
魔神英雄伝ワタル a・chi-a・chi

改めて聴き返してみると、STEPの方も結構覚えてた。
しかし本命はエンディングのa・chi-a・chiアドベンチャー。
実にいい。
特に今まで知らなかった2番の歌詞、
「あなたにほんの少し 生きる勇気があればいい
涙を拭くくらいは そばで私がしてあげる」
中年の心を鷲掴みですね。

ノスタルジー、あぁあの頃が懐かしい…というのとは違う。
当時の情景やら云々は殆ど響いてこない。
単純に、このアニソン、このアニメがいいなぁって感じるのです。
もちろん懐かしいには懐かしいけど。
同世代の同僚にワタルの話をすると、まぁ8割方知ってます。
でも振っといてなんだけど、俺は結局の所、曲以外はあまり記憶がないのです。
なので振りっぱなしでおざなりな会話に終わる事が多々あり。

世にアニソンの素晴らしさを語るべく、いや、別に分かってもらう必要はないんだけど、そこは虚勢を張って、今回からアニソンの記事を書いていきます。
この記事を書き始めたのが、このCDを買った1月、半年以上経ってようやっと書き終えたので次に何時書くのかは不明ですが。
次回お会い出来ますように。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>










Posted on 2018/08/09 Thu. 23:14 [edit]

category: 音の話

thread: アニメ・特撮ソング - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

天体望遠鏡 アトラス60  

天体望遠鏡を購入。

子供の教育に役立つという名目で。
子供も興味を示しているけど、実際には俺が欲しかったのです。
宇宙が好きなのです。

中学生の頃に買った反射式の天体望遠鏡、口径115㎜で赤道儀架台、定価110000円超がホームセンターで30000円強の激安価格で売られてました。
おそらくこれです。→ケンコー フレンドSKYCORE M115R (天体望遠鏡博物館)
使用不可と分かった時点で即廃棄してしまったので写真には残していませんでした。
きちんと箱にしまって大事に保管してあったのですが。

定価というのがどういう風に決められたのかは今となっては不明ですが、でも当時は天体ブームだったのかな?新聞の折り込みチラシには結構な頻度で(このくらいの割引も含めて)天体望遠鏡が出ていたように思います。
主にホームセンターチラシでしたが。
で、冬空の下、恐らく初心者向けと言われる天体は結構見ました、見えました。
土星の環や木星の大赤斑が見えた時にはそれはそれは、楽しかった。
うん、感動はしなかった。
取り敢えず理論通りに赤道儀を動かしてそこに惑星があることが嬉しかった。

去年、実家でこの天体望遠鏡を見つけて、子供にも見せてやろう+久方ぶりに星が見たいという事で我が家に持ち帰ってみたものの…反射鏡が錆びてしまっていてまともに見れない。
天体望遠鏡って手入れをしないとダメらしいです。
そんなの知らなかった。
そう言われればまぁ当然なのかもしれないけど、そう言われなければそんなの気にしない。

まぁそんな経緯で今回買ったのはスコープテックという日本のメーカーの天体望遠鏡。
「アトラス60(ろくまる)」です。
「小学校3,4年生が、大人になっても使い続けることを考えて企画されました。大人の初心者にもおすすめ。」
と、いう事です。
まぁ色々と天体望遠鏡について調べてみて、ビクセンよりも格安で入門編の上級機種といった感じのこちらに決めました。
アトラス60
アトラス60


屈折式です。
一般的に思い浮かぶ家庭用天体望遠鏡でしょう。
品質に非常にこだわっているそうで、レンズも国産だそうな。
ビクセンとかは基本中国産らしい。
国産のへのこだわりが本体に貼られたラベルにも現れています。

アトラス60

そして今回は見て満足だけでは終わらないように、とりあえず写真を、ね。
コリメート撮影、簡単に言えば、接眼レンズ越しにカメラを当てて天体を撮るって事。
カメラと望遠鏡をドッキングするわけじゃなくて、望遠鏡の接眼レンズにカメラを近づけて撮影。
最近流行ってる?らしく、スマホなんかでもかんたんに撮れるみたい。
しかして我が家にはスマホがない。
なので、デジカメを使っての撮影です。

で、手始めに撮ったのが月、これです。
月 コリメート
初めての割にはなかなかよく撮れたのでは?
自己満足。

iso、F値等諸々変えてみて、その時撮った中でのベストショットです。
しかもカメラは手持ちで固定。
本当は望遠鏡に繋がる固定器具が売っているのですが、まだ、どこまで続けるか分からないので、今回はとりあえず撮れればいいやって事で。
(デジカメ固定用のアダプターが6000円なので…うーん、貧乏人には軽くイエスは出せない…今後使い続けるかかどうかもわからないし…。
スマホ用のアダプターならば3000円もしないで買えます。)

固定器具を買って露出時間を増やせれば、もっと有意義に天体撮影が可能なはず。
自動追跡までするつもりはないので、ささやかな有意義ではありましょうが。

しかして、この写真が3月末の撮影。
その後、木星、土星と見てきたけど、もう、全くうまく撮れない。
器具なしでのコリメート撮影の限界か。
それプラス、口径60㎜だとこの程度なのか、な?
前述の115㎜の時の方が格段に良く見えた気がする、記憶の中ではそう思います。

出勤形態の問題で、ちょうどいい時期に空が見られない、もしくは曇りか雨か嵐(色々な嵐)。
3月中旬に買ってからまともに向き合ったのは恐らく10回もない。
今は土星と木星が見える時期、更に月も欠けていて観察にはもってこいなのですが、今日は曇り、明日以降は仕事。
帰宅後の深夜に雨戸の開け閉めをするとうるさいので可愛い奥さんに怒られてしまいます、当然ですが。
冷めないうちにある程度の成果は残さねば…。

ちなみに子供は既に興味なし。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>









Posted on 2018/07/10 Tue. 00:25 [edit]

category: 記録

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

windows で DVDが見られない  

前回からの続き。
まぁDVDをPCに取り込んだ訳ですね。
そこにたどり着くまでの経緯。

今までDVDをコピーするという事がほぼなく、自分の記憶の限りでは、WinXPだったかどうか…の時に1回か2回やった気がする、くらいの経験値。
その時は、確か、DVDShrinkという無料ソフトを使ったはず。
もう10年以上前になるのかな?
今回DVDをコピーするに当たって、過去の知識は我が脳みそ内に皆無となってしまったので、ネット検索。

で、今回はWinX DVD Ripperというのを使用、もちろんフリーソフト。
isoファイルの取り込み自体は簡単に終了。
ここからが問題。

取り込んだisoファイルをクリックしても音声と映像の二つのファイルに展開(っていうのかな?)してしまう。
クリックすれば映像が再生されるはずだろうに。
良く分からんので、取り敢えず仮想ドライブ作ってマウントすれば再生出来るだろうと思い、これまた十年以上ぶりにDAEMON Toolsをダウンロード。
しかし、結局結果は同じ。
DVDに焼いちゃえば見れるのかもしれないが、確信なし。
で、諸々調べていくと、なんと、Windows標準ではDVD、isoファイルは開けないらしい。
つまりWindowsMediaPlayerは初期状態ではDVDが再生できない。
そういえば、DVDを入れてからのポップアップでも、選択肢にはプレイヤーは表示されず、どのアプリで開きますか?みたいな案内がされていたような。

結論としては。
isoファイルに対応したメディアプレイヤーを入手する事、だそうです。
で、VLC Media Playerというのを入手。
インストール後すんなり見ることが出来ました。

VLCは過去に使った事があります。
アイコンの三角コーンが当時よりもポップになってますね。
あの頃、まぁ10年よりももっと前。
DivXとかAVIファイルとかコンテナ形式とか諸々散乱していて、初心者の自分は取り敢えず再生するために、多様なコーデックに対応したプレイヤーとか、FFDshowを使ったりとか、色々やってた頃。
自分の記憶の中では使い勝手の悪い部類にあったと思うVLCは、現在ではメディアプレイヤーの中でもかなりの人気らしい。
標準で日本語化できます、当時はたぶん日本語化不可だったと思うけど。

で、あとはDVDに焼いておしまい、と言う所まできて最難関、難関というか行き止まり。
なんと、現在は私的な利用でも何であってもレンタルDVDのコピーは禁止らしい。
なんてこったい。
つまりパソコンの勉強をして少ない知識を得るのに時間を割いて、目標には届かずって事かしら?
違法ならば仕方ねぇ、isoファイルは消去、致し方ない…残念。
また、平日の10:00前にTSUTATYAいって借りてこよう…。
とは言え、さすがに見過ぎて飽きてきたな…キミスイ。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら





Posted on 2018/06/22 Fri. 23:36 [edit]

category: 記録

thread: トラブル - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

キミスイの呪縛  

前回書いたように、なぜか知らんが「君の膵臓をたべたい」にハマってしまいました。
図書館で借りていた本は既に返却済み。
現在も予約が入っているのですぐには借りられない。
しかし、DVDは借りられる。
まだ準新作扱いで値段も高めですが、うちの近所のTSUTAYAでは平日の9:00~10:00の間は準新作も100円レンタル。
やったね。

キミスイDVD、初めて借りたのは先月末。
夜、酒を飲みながら映画鑑賞スタート。
まぁ酔っ払ってるけど覚えているだろうと踏んで最後まで。
見終わってから、内容を反芻してみると…あまり覚えていない。
ええい、明日は休みだ、もう一回見よう。
もちろん飲みながら見たので、一回目以上に覚えていない、大混乱。
無駄な4時間を過ごすことに成功。

翌日、今度は確固たる意思を持って、酒を控えめにしながら見て、なんとか映画鑑賞を成功させました。
この時は準新作扱いで借りていたので、延長する訳にはいかんという事で、即返却。
この時点で、まだ図書館から借りていたキミスイ本は手元にあり。
中毒の真っ最中で毎日読んでた頃。

返却後、もーれつに、ア太郎よりは控え目に、しかしもう一度映画をみたい気持ちが強まって。
結局再度レンタル、100円で。
それからというもの、1日1キミスイ、通して全て見たり、断片的に見たり。
とにかく毎日取り憑かれたように見続けました。
飽き足らず、YOUTUBEで関連動画を見たり、浜辺美波の他の映像を探したり…もう、取り憑かれた、呪縛。
ホント呪縛です。
…呪縛。
まさか!!!
ここは「キミスイ腐蝕列島」なのか…!!!!
なってこったい、役所広司呼んで来い!
もちろん風吹ジュンもセットだ!!!

レンタル期間満了まで借り続け、毎日見ていましたが…自分でも思うけどよく飽きないなぁ。
過去の似たような症状では、
「狂わせたいの」レンタル後にVHSビデオ購入、もちろん何度も鑑賞。
更に音声だけをMDに落として車の中や寝る前の寝室で流し続けるという事はありました。

あとは、「TAMALA2010」、映画館に2回行った上にDVD購入。
更に特装版DVDも購入、もちろんサントラ購入、フィギュアや諸々の商品も購入した挙句、自分の結婚式の音楽の中にテーマソング使用…これもハマってたな。

キミスイは明らかに上記2本とは異なる一般向けの作品、しかも恋愛なのかどうかは別として若い2人の青春を描く。
俺が忌み嫌うテーマなのに。
普段触れないものに触れて、おじさん脳が変な方向に刺激されたのかしら?

まぁ見たいものは見たいので、いつかは飽きるその時まで見ましょうか、って事でDVDをPCにコピー。
しかし、ここで一つ問題が。

はい、次の記事です。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら






Posted on 2018/06/20 Wed. 13:53 [edit]

category: 記録

thread: 映画感想 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード