ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

蝉丸 ―陰陽師の音―  

夢枕獏の「陰陽師シリーズ」刊行30周年記念でCDが出ました。
もちろん購入。

?丸 -陰陽師の音-

新品価格
¥3,780から
(2016/12/17 23:27時点)



蝉丸 ‐陰陽師の音‐

シリーズ内では良く出てきますね、音楽。
まぁ主に博雅の笛ですが。
博雅の次に蝉丸の琵琶も出ますが、極端に少ない、圧倒的に龍笛の勝ち。
そして今回CDのタイトルが蝉丸なのに琵琶はなし。
まぁそれは置いといて。

神社の行事とかで聴く雅楽と言えば、鈴が鳴り、笙(しょう)が「プワァ~」となるイメージが強かったのですが、今回のCDでは龍笛、太鼓、そしてピアノにベースという組み合わせ。
ピアノにはスガダイローさんというジャズ畑の方。
このCDはスガダイローさんが主軸です。
意外というか、今まで想像すらしなかったけど、雅楽と現代楽器、合うのですね。
ステキです。

作中では、よく博雅の葉二(はふたつ)が登場して、どんな音か実際にはわからないままにも夢枕センシティブ表現により非常に心地よく読んでます。
今回初めて「長慶子」聴くことができましたが、なるほどね、こういう曲なのね。
とてもいいんだけど、作中の表現の圧倒的な、妖の物さえも酔わせてしまうような秀麗さに比べてしまうと、素人の自分にはいかんとも評価しがたいという感じでしょうか。
いや、作中で長慶子ってあまり出なかったっけかな?

まぁファン必携の逸品、そして音楽好きなら買って損なしの一品。

このCD、CD BOOKなので本もあるのですが、CD本体以外を失くしてしまうという災難に遭いまして・・・。
まだ読んでないのに、ケースもろとも紛失。
酔っ払いって、ホントに困るぜ、室内にあるのは間違いないはずなのに・・・なぜだ!
室内なのに、それはそれは、遠い所に。
全く思い出せない。
清明も博雅も毎度飲んでるくせに酔ってる表記が見当たらねぇ。
俺もそうありたい・・・。

ともあれ、陰陽師最新刊「陰陽師 玉兎ノ巻」も、まぁ、面白かったし、今後もシリーズに期待大です。
あー、映画は観てないな…。
漫画は途中迄…。

陰陽師 玉兎ノ巻

新品価格
¥1,566から
(2016/12/17 23:29時点)





こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




漫画全巻セット一括購入





スポンサーサイト

Posted on 2016/12/17 Sat. 23:34 [edit]

category: 音の話

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ヨアケマエ / パスピエ  

先日ラーメン屋にてUSEN(だと思う)で流れていた曲。
声がYUKIとかCHARAとかそんな感じ。
「革命は食事の後で」という、おしゃれなフレーズに興味を持って、帰宅後、早速検索。



パスピエというバンドの「ヨアケマエ」という曲だそうです。
4月末に発売されたそうな。

ヨアケマエ

新品価格
¥250から
(2016/6/11 10:47時点)




はじめは気持ちよく聴いていて、でもよくよく歌詞を咀嚼したらなんだか偽物みたいな感じがしてきて。
でも聴いてて、結局お気に入りで。
一昨日、CDを借りてきてしまいました。
まぁ朱に交わった。
デジタルな人々はデジタル配信だかなんだかであらよっと気軽にお安く1曲買っちゃうんだろうけど、そんな器量は備えていない。
俺ぁ現物主義で行くぜ。
デンジメカが頭にきらめいていればこんなの余裕だったはずなのに・・・。

YOUTUBEでヨアケマエ以外の歌も何曲か視聴したけど、まぁ本腰入れて聴いていないせいか、ヨアケマエ以外はあまりぐっとはこなかった。
自分の知ってる中ではジムノペディみたいな部類に思える。
ジムノペディってクラシックの曲じゃないですよ、サティじゃなくて、そういう名前のバンドがあるのです、あまり知られてはいませんが。
そういえばジムノペディもスタンドかなんかで流れてた曲の歌詞を覚えていて検索して知ったんだった。
「片道キャンドル」。
まだ活動してるのかな?

8つの小品

新品価格
¥567から
(2016/6/11 10:57時点)




たしかCD買ったような記憶があるので、さて、探してみようかな?



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>










Posted on 2016/06/11 Sat. 11:07 [edit]

category: 音の話

thread: 音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

ソクラティックラブ / RADWINPS  

欲しい曲があるけれど、それはアルバムの中の1曲でシングル化はされていない。
RADWIMPSの「ソクラティックラブ」という曲。


音楽もいいけど、歌詞がステキですね。
アリストテレスが「アリスとテレス」なんてしゃれてますね。
個人を表してるらしい。
ギリシャ哲学とかほとんど分からないから深層まではわからないけど、(中学か高校かで確かにある程度は触れた気がするが…)表面的には理解したようなしないような。
それこそソクラテスに通じるのか?
うーん、理解していないんだけら通じない。
「神のみぞ知る。」

アルバムを借りようと思って最寄りのレンタル店に行ったけど、昔と違ってレンタルCDコーナーは激減。
店舗全体の20分の1にも満たない程のスペースに追いやれていた。
その中にはRADWIMPSのCDなんて1枚もなし。
最近はみんなネット配信とかで購入しているのかな?
確かにamazonではデジタル配信で1曲だけでも売っているのを確認。

ソクラティックラブ

新品価格
¥250から
(2015/11/25 10:05時点)




こういう手法、つまりデジタルに慣れてれば、ぱぱっと購入するんだろうけど、普段音楽はCD、もしくはCDの複製(MD)しか聴かないので手を出すのがなんとなく怖い。
まぁダウンロードしてPCに保存して、ファイルをCDに焼いて使えばいいんだろうけど、何故だろう、それがなかなか手が出し辛い。
先日amazonで買い物した折にデジタルミュージック専用の150円クーポン券をもらったので、それを使えば100円で買える。
いや値段じゃないんだよな。
なにか、こう、なんだろう。
まぁ食わず嫌いみたいなもんだろうか?
今でも2つ折り携帯使ってる、そういう、こだわりとは違う、意地?
そこまで徹底して音質にこだわる訳でもなく、何かがむしゃらにこだわりがある訳でもないけど、なんとなくネット配信には手が出し辛い。
たぶん、一度使っちゃえばその利便性からその後も利用するんだろうけど…。

さぁ、買うか、買うまいか。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>

















Posted on 2015/11/25 Wed. 10:37 [edit]

category: 音の話

thread: ロック - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

LOVE LOVE MODE / DIMITRI FROM PARIS  

とうとう到着、「LOVE LOVE MODE」収録アルバム「SACRE BLEU(サクラブルー)」。
ヤフオクで中古購入、420円。
まぁジャケットはそれなりに痛んでるけど音楽聴くには差し支えない。



ラヴ・ラヴ・モード

中古価格
¥4,995から
(2015/10/21 10:45時点)



【中古】 サクラブルー /ディミトリ・フロム・パリ 【中古】>>>

シングルCDはプレミア価格、とてもとても、縁遠い。
サクラブルーは日本盤と海外盤の2種類あり、日本盤は2Disc仕様なので、こちらの方がお得です。
楽天では現在1店のみ、ヤフオクで5件くらいの出品があるようですが、在庫僅少といったところでしょうか?


iTunesには置いてます。
タイトルが「The Shibuya Connection」で名義も「Dimitri From Tokyo」。
恐らく、EP版での構成、なのかな?

奥方様、御子様がいない夜勤空けの平日に音量上げてうっとり・・・ラヴラヴモード、オッケィ、グッ、イェ~ス、オーライ、大丈夫で~す。
いいなぁ~。
他の曲もなかなか。
ハウスのラウンジというジャンルらしいけど、ハウスの定義がよくわからなくなってきた。

まぁ何にせよLOVE LOVE MODE、幸せ気分でいっぱいなのよ♡
脳内はね。
そう、せめて限定空間だけでも幸せにしておかないと会社にやられる。





こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




JUGEMU








Posted on 2015/10/21 Wed. 11:12 [edit]

category: 音の話

thread: 音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

ステファン・ポンポニャック  

dimitri from paris つながり、Neko Mimi Modeの萌えラウンジつながり、如いてはフランスつながりで、ステファン・ポンポニャック。
ラウンジと聞いて思い出したので、久々に引っ張り出して聴いてみました。
自分が持ってるのはヒットシリーズ「HOTEL COSTES」の「8」。
これも10年前のCDだな。
思い返せば10年前は結構CDを買っていたんだなぁ。

ホテル・コスト(8)

新品価格
¥2,160から
(2015/10/17 23:21時点)




まぁなんと言うか、聴いた覚えはありますな。
世界的な大ヒットシリーズらしいけど、まぁ特段の思い入れもなく、感動もなく。
ラウンジと言うだけあって、室内向け?
車で聴くならもうちょっとテンポのいいやつ、BGMで流すにしてももうちょい、ね。
最近は車中でParis Matchとか軽く流してますけど、もうそれも10年くらい前のCDですね。
この場にふさわしく「パリ」繋がり。

typeIII

新品価格
¥6,980から
(2015/10/17 23:29時点)




きれいにまとまったところで今日はおしまい。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>








Posted on 2015/10/16 Fri. 09:23 [edit]

category: 音の話

thread: 音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード