ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

2017夏 九十久島③ 海きらら  

既に旅行後2ヶ月半程経過。
そろそろうろ覚えのシーンもまちまち、で、あろう。
訪問者数は極小の弱小我がブログですが、まぁ、何というか、一度始めてしまったので途中退場も後味悪いので、そんな意味合いで夏休みの記事を完結させる意気込みです。
「俺たちの戦いはまだ続くぜ!」的な意識だが、そのセリフは番組終了宣言ではないのです。
そうね、その場しのぎ。

では、続き。
炎天下の下、シーカヤックに乗って、涼しい店内に入るも熱々ラーメンを食べて。
更には遊覧船の甲板にて日光浴。
(とっても良かったけど)早く涼しい屋内に入ろうぜ。
子供は元気だけど、中年には過酷です。

そして水族館「海きらら」へGO。
海きららは中規模の水族館でしょうか?
中の上かな?
八景島とか大洗、福島よりは小さ目・・・と思っていたら?
あら?
意外と同等クラスだったのか?

水族館特集記事 >>>

全国水族館ランキング >>>

この水族館の目玉は、イルカのキャッチボール。
日本でここだけ!
世界では、どうなのかな?
とにかくイルカのキャッチボールが目玉イベント。
イルカのキャッチボールとは、

片方のイルカが口にくわえたボールをジャンプして空中で放り投げ、相方のイルカがそれを噛み取る(?)!!!!
高速です。
野球での、ピッチャーとキャッチャー、そのくらい速い。
で、我々が見た回は成功していたけど、アナウンスによると、そこそこな確率で失敗するみたい。
失敗すると、観客に被害が及ぶらしい。
…まぁ、ボールが飛んできて、無防備に当たれば怪我もするさな。

YOUTUBE >>>
…こうして見るとあまり高速には見えないが、スタンドから見るとほんの一瞬でボールの軌跡を追うので精一杯。
奥方は写真に収めようとカメラを構えたばっかりに、何も見えずに終わったらしい。

その後、イルカによる水掛けサービス。
大量の水が掛かるので要注意、水から体を防護するビニールシートが配布されますが、
「一応ビニールシートを渡しますが、効果はないと思ってください~。」
との事。
確かに、びしょびしょ。
座っていた席はスタンドの上から2段目、ほぼ最上段だったのにイルカ野郎がバッチャンバッチャン暴れるので(暴れてくれるので♥)範囲の限られた防水ビニールでは守り切れず頭と腰下はそこそこ濡れてしまいました。
息子(俺よりも2段下)に限っては、わざとビニールを外して頭頂から靴まで濡れてしまい、隣の人から「大丈夫?」と心配されてました。
ちゃんと水を防げ、水が好きなのはわかったから。

このイルカショーがすごい楽しくて、たぶん今まで行った海洋生物のショーの中でイチバンではなかろうかと思うくらい。
水掛けショーの水のかぶり具合、MCの進行具合、いやー楽しかった!!!
・・・が、しかし、キャッチボールは海きららだけらしいが、
「イルカショーでの水かぶりは結構ありますよ?」
と同僚に教えられました。
そうなのか~?
海きららはビニールシートだったけど、アクアパーク品川なんかではカッパを着るそうな。
まぁ、楽しめたから良し。
家族みんなで大笑いで過ごせたのはとてもいい体験かと。
小学生高学年ともなるとそろそろ独り立ちしたくなっていく頃かもしれないし。
家族旅行、いつまで行けるのかなぁ。
反抗期とか諸々。
・・・おぉっと、感傷的になってしまいました。
取り敢えず「海きらら」で、更に「月火水木金魚展」で30分程過ごして、お土産買って、さぁ宿へ向かいます。







こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>







スポンサーサイト

Posted on 2017/10/09 Mon. 12:25 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 九十久島① パールシーリゾート①  

もう1か月以上も前の話になってしまいました。
前回からの続き。
でも結構覚えてるから、大丈夫大丈夫。

この日のメインは九十久島パールシーリゾート。
海に隣接した施設で、水族館、遊覧船、その他諸々があります。
丸々一日遊べちゃう、という訳でもないけど、全部周れば半日では足りないです。

HP >>>

佐世保駅からの送迎バスに乗り、11:00位に宿泊先に到着。
「ホテル&スパ花みずき」という宿に泊まります。
こちらは今年の3月末に「花みずきSASPA」というホテルがリブランド化して名前が変わったそうです。
すぐ横にある「フラッグス」というホテルと同系に。
送迎バスは佐世保駅→フラッグス→花みずきの順に周ります。
九十久島パールシーリゾートまで徒歩圏内にあります。

九十九島シーサイドテラス ホテル&スパ花みずき >>>
九十九島ベイサイドホテル&リゾート フラッグス >>>

フラッグスがホテル(洋)なのに対して花みずきは旅館(和)なのでこちらを選択。
旅館こそが我が家の旅行の基本です。
ハウステンボスではベッドにユニットバスだったので、布団に温泉、夕食付で旅気分を満喫予定です。

ホテルに荷物を預けてパールシーへ。
徒歩圏内とは言え、まぁ10分くらい歩くか。
暑い。
晴天に恵まれまして、非常に暑かった。
道を挟んで向こうには海があるのに、涼しさはまるで感じられないくらい暑かった。
この時点で、前日の疲れとも相まって子供は不機嫌に。
パールシーに着いて、すぐに見えたのがシーカヤックの体験。
まぁ海上カヌーですね。
これが意外に安くて、2人乗りが1030円、1人乗りが520円、で、45分?だったか?
今まで他の場所でカヌーで遊んだことがあったけど、こんなに安いのはなかった。
カヌーに乗って子供の機嫌も上々。

昼食に「あご(トビウオ)」をだしにした「あごラーメン」の店へ。
10分程並んでから店内へ。
「あご(だし)」は長崎の名物らしいです。
よく商業施設にある、地元名物を謳っただけのお店でしょうな、と、そんな勢いで入ったのですが、いや、旨かった。
店内のやり取りを見てると常連みたいな人もいたし、地元の方もいたようです。
しゃれた内装で、なぜか洋風ラーメンもあった。
そして何より、店内は涼しいぜ。
炎天下の疲れを癒してくれます。
目の前には海、ヨット、山。
テーブルには美味しいラーメン。
いいですねぇ。

※今検索したら、初めて「あごだしラーメン」を作った人が開業したとかなんとか…で、なんだか有名店?なのか?
HP >>>

さぁ、次は水族館か、遊覧船か?

続く。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>










Posted on 2017/09/10 Sun. 22:48 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス⑩ 出国 ~departure  

とうとうHTBを後にします。
楽しかった2日間、有意義でした。

テンボス良いとこ一度はおいで♪(フォーククルセダーズ)

毎年毎年は来れないけど、是が非でもまた来たいですね。

で、この日は電車とバスを利用して九十久島パールシーリゾートを目指します。
この日の宿泊先へ向かう無料の送迎バスが佐世保駅を10:35に出るので、それまでに到着しなければならない。
(宿泊先はパールシーリゾートから徒歩圏内。)
ハウステンボス駅から大村線で早岐(はいき)駅へ、そこから佐世保線乗り換えで佐世保駅へ。
しかし、本数が少ない
休日だからっだのかもしれないけど、10:25に佐世保駅着か、その1本前になると9:30頃の着。
前者ならばホテルからの通常バスでHTBゲートまで行けるけど、後者になるとホテルに駅までの送迎をお願いしなくてはならない。
まぁ送迎は無料サービスらしいので問題はありませんが。
ここで問題は佐世保駅の広さがわからない。
下車からバス停まで10分あれば間に合うのか?
良く分からないので前日のうちに受付のお兄さんに聞いてみました。
お兄さんも地元の方ではないらしく詳細不明の為他のスタッフに聞きに行ってくれて…どうもありがとうございました。
その返答を待ってる間に他のスタッフの方から「どうしましたか?」と尋ねられたり…いちいち丁寧でとても感じのいい対応のウォーターマークホテルでした。
で、佐世保駅はそこまで広くはないので10分もあれば間に合うらしい。
ホテル発のバスの出発時間も教えてもらい、これで乗り遅れはなくなった。

当日、HTBゲートからハウステンボス駅へ歩く、意外に、遠い。
暑い。
橋を渡ったら、一般道に民家、ランニング姿のおじいちゃん、王国気分は現実へと帰還。
電車は2両編成?だったかな?
なかなかいい感じの車内で、もう少し乗っていたかったけど、あっという間に早岐駅。
ここから急行に乗り換えて更に進む。

どこまでも~♪(DEPARTURES

いえいえ、佐世保迄です。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>














Posted on 2017/08/30 Wed. 23:26 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス⑨ プロジェクションマッピング と ドローンショー  

海上ウォーターパークも終わり、頭の中で軽く予定を組み直し。
とは言え、着替えが終わってホテルを出たら既に18:00前。
夏だし、天気がいいので、まだまだ明るいけど、時刻的には夕方から夜への移行タイム。

初日に「光と噴水の運河クルーズ」はクリアしたので、本日の夜のメインはプロジェクションマッピング。
そして「ドローンショー」。

ドローンショーとは、期間限定で催された、一般的にはCPUで有名なインテルが主催(?っていうのか?)の、ドローンをライトアップして沢山飛ばしてコンビネーションプレイで夜空を彩ってキレイだねーっていうショー。
世界中を回ってやってるらしいんですよね。
ものすごい技術の賜物らしい。

たまたま来園時にやってました。
旅行出発直前に知りまして。
ウォーターマークホテルの前、つまり海上ウォーターパーク付近での開催。
こうなると、夏場はウォーターマークホテル泊が最高ですね。
とは言え、期間限定なので、今年この時期に限っての事ですけど。
海上ウォーターパークは恐らく今後も続くと思いますけが。

追記:もしかしたら定例化するのかもしれません。
ハウステンボスについて暑苦しく語るブログ >>>

で、そのドローンショー、HTB初日は、宣伝看板の上に貼り紙で
「本日のドローンショーは機材トラブルの為中止」
とな。
あー、やらないのか。
そして2日目、海上ウォーターパーク入る前、午前中の早い段階だったかな?
その時も同じ貼り紙で本日中止と。
見られないな~。

が、パーク終わってHTBに繰り出す時には
「本日のドローンショーは時間を変更してテスト飛行…」
21:00予定が、21:30からやると変更されていました。
あー、やるのねー、と思っていたらその後園内放送で21:45に変更との事(テストとは言ってなかったので機材トラブルが解消したのでしょうか?)。
プロジェクションマッピングが22:00前くらいから始まるので、まぁ、ドローンショーは無理かなぁ~ってあきらめて、プロジェクションマッピングを最優先として行動開始。

明日はHTB内に入る事も無くバスで出国ゲートへ向かうので、とりあえずお土産探ししながら、ぽつぽつとアトラクションを回って歩く。
無論、そんな時にもエポスカード割り引き可能なお土産店を訪ねます

大した事をしない内に夜も更け(でも楽しいと言うところがミソですね)。
ひとまず買ったものをホテルに置いてそれから晩飯にしようという事になりまして。
ホテルからまぁまぁ近い所にある、「花の家」という和食レストランへ。
洋食続きだったので、和食を食いたいぃという事で。
今更ながら、やっぱり旅行ってのは「和食で布団で旅館」が最高だよなー。
ま、少し高めの食事を済ませ、目指すコースは「ドムトールン展望」→「アムステルダムでの2つのプロジェクションマッピング」。
この時既に21:00過ぎ。
(海上パークの疲れで)予想通りに子供が愚図って「もう帰る、寝る」が始まりましたが、なんだか知らんが、
「プロジェクションマッピングを観たい!!早く行こう!」
に心変わり。
好機を逃さず也!!
スタコラサッサとドムトールンへ向かう。

ドムトールン 

キレイだね~、シンボルだね~、しばしうっとり。
同じ場所から横を観れば、ホテルヨーロッパの頭上にお月さま。

ホテルヨーロッパ と 月

幻想的だねぇ~、ドラキュラが出てきそうだねぇ~。
月のひとみロンロンロンロン♪
吸血鬼ではなくて赤鬼と青鬼と尾藤イサオだった。

ドムトールン展望台は空いていて、1回目のエレベーター到着で上階へ。
展望台から夜の街を見下ろす。
ドムトールンから
ものすごくキレイだ!!
しかし、写真をよく見ればわかるけど、窓が汚い!!!
肉眼で見るのには問題ないけど、画像で残すとなんとなくがっかり。

ドムトールンを後にして、プロジェクションマッピングを観るためにアムステルダムシティへ。
と、何とはなしに見上げた空に光る物体発見。
ドローンショーがやっていました。
建物に遮られているので見えたのは極一部だけですが、確かにコンビネーションプレイで何かを描いている。
この場所から見えるって事は、結構高く迄飛んでるはずだけど…上空では風も吹くだろうに、よくドローンは指定位置をキープできるな。

※後日情報番組でこのショーの特集をやってました。
なんと上空120mを飛んでいると。
GPSを使って位置情報を得ているそうな。
あと、やっぱり風は致命傷らしく、強風時には中止になるそうです。

さぁやってきましたプロジェクションマッピング。
テレビでは何度も見たことがある、HTBの看板と位置付けてもいいような気がする有名なあれです。
近しい2か所で各々10分弱のショー。

一応写真は撮ったけど、昨日の太鼓の達人で学んだ事、撮るよりも見た方がいい。
そんな訳でちょろっと写して、後は見入りました。


HTB プロジェクションマッピング
このお城が・・・
  ↓
HTB プロジェクションマッピング

HTB プロジェクションマッピング
この建物も・・・
  ↓
HTB プロジェクションマッピング

うーん堪能しました。
その後家族で今日の感想を話しながらホテルへ帰還。
とうとうこれにてHTB終了です。
いやー、楽しいな、ハウステンボス。
キャピキャピしてないし、街並みは優雅だし、なんだかイベントいっぱいやってるし。
アトラクションは大きなゲームセンターのような感じで、大型・大掛かりなアトラクションは少ないけど、十分楽しめます。
JOBAに乗ってVRのゴーグルを着けるだけであんなに怖いとは・・・(鳥獣ライド)。

また来たいな、是非来たいな。
余韻に浸りながら、今日もフロントでビールを買って一人で至福。


続く。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら












Posted on 2017/08/24 Thu. 23:56 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス⑧ 海上ウォーターパーク  

HTB2日目、午前に園内を回り午後からは子供の大本命「海上ウォーターパーク」へ。
事前調査により、あまり評判が良くないのは重々承知。
クラゲがいるとか、フジツボで怪我するとか諸々。
2時間くらいで上がって再度園内に出かける予定でした。

まずはウォーターマークホテルに戻り着替えを持ってパーク受付へ。
すると、パークは1日を6部に分けてあり、1部が1時間半、200円。
何回やっても構わないけど、1部終わる毎に全員退場、その後次回の客が入場という感じ。
半端な時間から入った為、初めは1時間弱しか入れず。
しょうがないから次回1時間半も入ることに。
その前に昼食を食べようと子供を誘うも、すぐにパークに行くと泣き出す。
次回も入るという条件でようやく昼食。
水着で食べられる「レッドロブスター」にて。
結局海上ウォーターパークは17:00迄続きました…予定が大幅に狂った。
が、子供はものすごく満足気で「楽しかった!」を連発、まぁいいか。

ちょうどその日がパーク増設の初日で、先日よりも1.5倍になったそうです。
ウォーターマークホテル玄関を背にして、右が旧パーク、左が新パーク。
旧海上ウォーターパーク
旧パーク


新海上ウォーターパーク
新パーク


怪我対策としてマリンシューズを借りようと思ったら既に出払っていてない。
しかし、ほとんどの人が裸足で、ラッシュガードを着てる割合も普通のプールと変わりない様子。
前評判のようなけが人もあまり見ず。(いなくはないけど、ひどくはない。)
クラゲ、フジツボも一切居らず。
まぁ時期が7月末だったからかな?
8月、更にお盆シーズン以降は厳しいという話も見受けられますね。
また2つのパークには各々司令塔(プールで監視員が座る高台)があり、そこに司令官(?)がマイク片手に全体を見渡して客への注意喚起や、パーク内スタッフに細かく指示を出している。
パーク内に、何人だろ? 5~6人以上はいたはず。
みんな慣れた様子でアトラクション場を駆け回り、時には客と遊んでいる(サービスしてる)という感じ。
対応もいい感じです。

マリンシューズは必要なかったけど、更衣室からパークに行くまでのビーサンは欲しい所です。
距離は近いながらも、路面は非常に熱いのです。
ビーサン持ってなかったし、借りるのも面倒だったので、普段履きのスニーカーで行きましたが、濡れた足でスニーカー履けばもちろん濡れる。
子供は加減をしらないのでびしょびしょのまんまで躊躇なく足を入れるから、その日は履けなくなってしまい、近くのお土産屋さんでビーサン購入、初めから借りとけば良かった。

そんなこんなで海上ウォーターパークも終わり、着替えてホテルへ。
ちなみにウォーターマークホテルはホテル内での水着移動は禁止。
絵で表示されているので海外の方にもわかるはず・・・だけど、いますね。
最近の男性用水着は私服みたいなデザインだったりしますから、それにシャツ羽織ってるならまだしも、ラッシュガードきて歩いてましたね。
上半身裸の方も。
さすがに水が滴るほどのいい輩までは見かけなかったけど。

着替えも終わり、手荷物も入れ替えて、いざ園内へ!
だけど子供は疲れて愚図るんだろうな、目に見えてわかる。

続く。


追記。
海上ウォーターパークはライフジャケット着用なので泳げなくても大丈夫、などと謳っていましたが、真正のカナヅチには通用しないようです。
つまり俺は溺れそうになった。
実際放置されても溺れはしないんだろうけど、確実にパニックになりました。
そして子供に助けてもらった。
新婚旅行では奥さんに助けてもらった。(あの時は本当に溺れた。)
胸以上の水深にはもう行きません。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら



Posted on 2017/08/18 Fri. 23:19 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード