ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

2017夏 ハウステンボス⑧ 海上ウォーターパーク  

HTB2日目、午前に園内を回り午後からは子供の大本命「海上ウォーターパーク」へ。
事前調査により、あまり評判が良くないのは重々承知。
クラゲがいるとか、フジツボで怪我するとか諸々。
2時間くらいで上がって再度園内に出かける予定でした。

まずはウォーターマークホテルに戻り着替えを持ってパーク受付へ。
すると、パークは1日を6部に分けてあり、1部が1時間半、200円。
何回やっても構わないけど、1部終わる毎に全員退場、その後次回の客が入場という感じ。
半端な時間から入った為、初めは1時間弱しか入れず。
しょうがないから次回1時間半も入ることに。
その前に昼食を食べようと子供を誘うも、すぐにパークに行くと泣き出す。
次回も入るという条件でようやく昼食。
水着で食べられる「レッドロブスター」にて。
結局海上ウォーターパークは17:00迄続きました…予定が大幅に狂った。
が、子供はものすごく満足気で「楽しかった!」を連発、まぁいいか。

ちょうどその日がパーク増設の初日で、先日よりも1.5倍になったそうです。
ウォーターマークホテル玄関を背にして、右が旧パーク、左が新パーク。
旧海上ウォーターパーク
旧パーク


新海上ウォーターパーク
新パーク


怪我対策としてマリンシューズを借りようと思ったら既に出払っていてない。
しかし、ほとんどの人が裸足で、ラッシュガードを着てる割合も普通のプールと変わりない様子。
前評判のようなけが人もあまり見ず。(いなくはないけど、ひどくはない。)
クラゲ、フジツボも一切居らず。
まぁ時期が7月末だったからかな?
8月、更にお盆シーズン以降は厳しいという話も見受けられますね。
また2つのパークには各々司令塔(プールで監視院が座る高台)があり、そこに司令官(?)がマイク片手に全体を見渡して客への注意喚起や、パーク内スタッフに細かく指示を出している。
パーク内に、何人だろ? 5~6人以上はいたはず。
みんな慣れた様子でアトラクション場を駆け回り、時には客と遊んでいる(サービスしてる)という感じ。
対応もいい感じです。

マリンシューズは必要なかったけど、更衣室からパークに行くまでのビーサンは欲しい所です。
距離は近いながらも、路面は非常に熱いのです。
ビーサン持ってなかったし、借りるのも面倒だったので、普段履きのスニーカーで行きましたが、濡れた足でスニーカー履けばもちろん濡れる。
子供は加減をしらないのでびしょびしょのまんまで躊躇なく足を入れるから、その日は履けなくなってしまい、近くのお土産屋さんでビーサン購入、初めから借りとけば良かった。

そんなこんなで海上ウォーターパークも終わり、着替えてホテルへ。
ちなみにウォーターマークホテルはホテル内での水着移動は禁止。
絵で表示されているので海外の方にもわかるはず・・・だけど、いますね。
最近の男性用水着は私服みたいなデザインだったりしますから、それにシャツ羽織ってるならまだしも、ラッシュガードきて歩いてましたね。
上半身裸の方も。
さすがに水が滴るほどの人までは見かけなかったけど。

着替えも終わり、手荷物も入れ替えて、いざ園内へ!
だけど子供は疲れて愚図るんだろうな、目に見えてわかる。

続く。


追記。
海上ウォーターパークはライフジャケット着用なので泳げなくても大丈夫、などと謳っていましたが、真正のカナヅチには通用しないようです。
つまり俺は溺れそうになった。
実際放置されても溺れはしないんだろうけど、確実にパニックになりました。
そして子供に助けてもらった。
新婚旅行では奥さんに助けてもらった。(あの時は本当に溺れた。)
胸以上の水深にはもう行きません。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら



スポンサーサイト

Posted on 2017/08/18 Fri. 23:19 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス⑦ 土曜の午前中  

ハウステンボス2日目。
ウォーターマークホテルにて予想外に美味しい朝食をとった後、すぐさま園内へ。

この日は午後から海上ウォーターパークに行き、それまでは園内で過ごす予定。
当初、午前中に海上ウォーターパークに出向き、午後からアトラクションの予定でしたが、諸々調べた結果、

午前中(特に開園後1時間)はかなり空いている。
暑くなる午後から水遊びの方が良いのでは?
プールは時間が経つほど水が汚れてくるが、海上は変わらない。

等々。

この日は土曜日、昨日よりは混雑が予想されることは間違いなさそうなのでプールは午後回しで決定。
ホテルを出て、オーバーナイトで借りてた自転車を返却。
徒歩でぶらぶらHTB冒険へ。
しかし、暑かった。
自転車借りればよかったって思った。
でも結構高いからな。
タクシー呼んだ方が安いと思うけど、その時はまだ目的地も大して決まっていなかったので、とりあえず徒歩でぶらぶら。
ネットの情報通り、人はあまりいません。
誰もいないって訳でもないけど、全て並ばずに入れるって事も無いけど、空いてました。
いくつかアトラクションをこなしつつ歩くけど、暑くて暑くて子供は不機嫌に。
アイスで慰め、休憩ついでに自分は「ビール祭り」会場にて、それはそれは美味しいとされる「午前中ビール」を楽しみました。

流氷・セカンドインパクト
網走ビール 「流氷 セカンド・インパクト」


網走ビールという北海道の会社から出ている「流氷 セカンド・インパクト」。
青いビールです。
味は、何というか一般的な日本の缶ビールとは違う、フルーティというか何というか、あっさりめ、苦味少なし。
つまみにウィンナーを頼み、調子に乗ってもう一杯「ヴァルシュタイナー」というドイツビールを。
こっちは思い描いたビール、ピルスナー。
ビールの女王と言われているそうです。

※流氷セカンド・インパクトってのは、ビール祭りの為のビールなのか、ネット検索しても出てきませんでした。
流氷ドラフトというのはあったけど、これと一緒なのかな?
流氷ドラフト >>>

ビール祭りは、スーパードライ、一番搾りからはじまり、地ビール、海外ビールと30種類かそれ以上だったかな?展開していました。
が、自分の記憶の範囲内では長崎の地ビールというものはなかったように思います。
たぶん九州の地ビールもなかったんじゃないかな?
北海道はあるのに、なぜ?

時間は11:00を回っているので、そろそろ一度ホテルへ向かい着替えを用意して海プールへ向かいます。
昼食をとってから向かおうと思ったけど、なんだかんだと寄り道が続き、結局昼食抜きで海プールへ。
まぁ水遊びの合間に昼食を取ろうって事で。
水入って、汗流して、再度HTB三昧へ!
と、思っていたのですが。


続く。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>












Posted on 2017/08/16 Wed. 12:39 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス⑥ ウォーターマークホテル②  

ウォーターマークホテル情報。
宿泊料金について、公式ホームページからの申し込みがベストレート保証となっています。
つまり一番安いって事。
ただし、一番が一つだけって訳ではないのが盲点でしょうか?

予約前に有名所の宿泊サイトを数か所覗きましたが、公式ホームページと同じ値段設定も数件あり(もしかしたら正確には何かが違っているのかもしれないけど…)。
また「公式ホームページ予約特典」というのがHPにのってますが、うちはヤフートラベル(一休)から予約したのに、

1.5DAYパスポート購入可能(オフィシャルホテル泊なら、どこからの予約でも購入可能)。
バスソルトは連泊者サービスで2日分もらえた。
ミネラルウォーターも初めから部屋に人数分あり、清掃後には新しいものが更に追加されていた。

と、いうようなサービスが、公式HP予約限定として紹介されている。
これはあまり良くないですな。

また宿泊サイトからの予約では、値段は違うものの、なんらかの得点が付くものが多数。
交通手段(飛行機やらその他の交通機関やら)とのセットとか、なんらかの割引券が付いたりとか。
一番有名(?)そうなのはJTBですかね。
JTBから予約して宿泊してパスポートを買うと、特定のアトラクションに優先的に入れたり、パス持ちでも追加料金が発生するアトラクションが無料になったり割引になったり。
HTBにはファストパス的なものがないので「優先利用」はとてもいいです。
まぁ基本的にディズニーほど並ぶ事もないとは思いますが、うちが釣りアドベンチャーで20分待ちの時にも次から次へと優先利用者が入っていくのは非常に羨ましかった。

ウォーターマークホテルには60日前と21日前までの早期予約で割引が発生する早期割りという宿泊プランがあります。
前述の通りにヤフートラベルから「早期割21」のプランで予約を取ったのですが、「Yahoo!プレミアム会員」や「ソフトバンクスマホユーザー」がヤフートラベルから予約をすると「今すぐポイント割引」という制度が適用され、宿泊費にて加算予定のポイントが宿泊費に即利用できます。
これは非常に良い。
公式がベストレートかもしれないけど、ポイントを考えればこっちの方がずっと安い。
そういう事を諸々考えれば、楽天利用者は楽天トラベルを使った方が、その他のポイント付き宿泊サイトも同様で、公式よりもお得に泊まれるはずです。

こう考えると公式HPからの予約でのお得度はあまりなさそうです。
宿泊の際には是非参考にしてみてください。

続く。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら






Posted on 2017/08/13 Sun. 23:50 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス⑤ ウォーターマークホテル①  

今回宿泊したウォーターマークホテル。
ハーバータウンにあり、スリーホテルズ以外では唯一のHTB内宿泊施設。

当初アムステルダムかヨーロッパに泊まりたいと思っていたけど、高い。
夏休みの週末なので高くて当然だろうし、手頃な価格帯の部屋はもう予約済みなのです。
旅行に来て、宿泊先でご飯が出ないのは嫌なのでフォレスト・ヴィラは当初より却下。
変なホテルは既に満室で予約不可。

うちの旅行は基本的に旅館泊、1泊2食付き。
旅館でなくても、名前は横文字・洋風でも、部屋は和室で布団での就寝、温泉もしくは大浴場有、という条件での宿泊がほとんど。
高級旅館で美味しい和食や創作料理、これなら数年に1回ならば、多少の出費は大目に見ようとは思うけど、ホテルに大金は落とせません。
しかして基本は和なのです。

オークラと日航も選択肢にあったけど、ウォーターマークに決定。
夕食無しで朝食はビュッフェスタイルと言うのはどこも一緒、オークラと日航には大浴場もある。
ウォーターマークには大浴場がない。
しかし、色々調べていて、ウォーターマークの朝食は大好評。
また、夏に開催中の海上ウォーターパークが目の前なので着替えや荷物の出し入れが非常に便利そう。
これは後付けだけど、期間限定の「ドローンショー」もホテル正面にて行われる。
更に、「早期割21」というシステムがあり、21日前の予約で割安での宿泊可能
温泉に入ろうと思えば、ホテル前からの送迎車で5分程の所に温泉施設もある。
(結局バスで行ったけど)空港から船で行く事が出来る。

諸々考慮した結果ウォーターマークホテルに決定。
ネット上でのホテル評価はHTB周辺の中では上の方ではなかったが、いや、とっても心地よい対応で満足できました。
従業員に海外の方が多数いらっしゃいましたが日本語も出来てるし、ムズカシイ質問には日本人スタッフが対応してくれるし、まったくもって問題なし。
海外の方の訪問も多いHTBで、海外の言語でスムーズに対応している姿を見受けるとなんだかスマートな印象さえ受けます。

部屋はスーペリアトリプルルームでベッド3つ。
ベッド3つ、テレビに冷蔵庫、風呂トイレ洗面所は1室。
海を臨む部屋…みたいな紹介文があったので、てっきり海上ウォーターパークが眼下に広がるのかと思いきや、別の方角の海でした。
ウォーターマークホテル 窓 景色
まぁ、海しか見えない。
特に問題はないんだけど、余計な期待をしていただけに…。

今回HTB内にあるという事で、ほぼ寝るだけの部屋なので何も問題ありませんでした。
気になる点と言えば、自分が廊下にいた時に、室内ではしゃぐ息子の声がかなり聞こえてきた、防音性が低いみたいです。
室内に居る時に隣室の音は皆無でしたが廊下では結構聞こえるみたい。
壁ではなくてドア付近の防音が低いのかしら?

そして朝食。
美味しいです。
とっても美味しい

過去に何度か朝食ビュッフェを経験していますが、経験浅はかな自分が言うのも何ですが、群を抜いて美味い。
オムレツをその場で作ってくれるし、フレッシュジュースも作りながら提供。
自家製豆腐やら焼き魚にウィンナー、サラダ、パスタ、和食・洋食様々に。

我が家はみんな小食がちなので、自分で好きな物だけ持ってこれるという事で、意外とビュッフェは向いてるのかな?
取り放題なのに美味しい。
旅館の朝食は我が家にとってはサービス満点の物が多いので残してしまうことが結構ありまして。
なんだか済まない気持ちでその場を辞退する事も無くは無し。
ホテルよりは旅館が好きだけど、ビュッフェスタイル…なかなか楽しい。

でもね、納豆は中国産だった。

続く。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>












Posted on 2017/08/12 Sat. 01:00 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 ハウステンボス④ 夜テンボス  

タワーシティ内「とっとっと」にて夕食(H.I.Sクーポン利用)を済ませまして。
自転車を置いて、いざナイトクルーズ乗り場へ。
まっすぐスタスタと歩けば15分しないで着きそうな距離ですが、諸々寄り道しながらの道程。

途中「太鼓の達人プロジェクションマッピング」にて順番待ち。
間の悪い事に、列に並んだ10分後にマッピングショーが挟まれるとの事で結局30分くらい掛かったのかな?
ここで思った事2つ。
太鼓の達人は観てる方はキレイだなーとか、でかいなーとか感心するけど、プレイヤー自体は普通のゲーム筐体でやってるだけですからね。
映し出される特大映像を観るのは本人以外のみんなだけ。
まぁそれでも子供は楽しそうでしたけど。
HTB 太鼓の達人

そしてHTB来て初めての3Dマッピングショー!
記念に録画しましたが…録画する必要はないですね。
つまらないとか期待外れとかではなくて、カメラを撮るのに手いっぱいで肉眼で楽しむことが出来ない。
(三脚持参で行けばいいのかもしれないけど…。)
帰ってから映像を再生するよりも、絶対肉眼で見た方がいい。
YOUTUBEとか探せばたくさん動画あるだろうし。

カナルクルーザーの最終が21:45らしいのでそちらに向かいます。
途中ロボット館で「バトルキング」を。
さすがにこの時間、館内ガラガラでだれも居らず、すぐにプレイ出来ました。
が、このロボットの操作はムズカシイ。
家族3人でぐるぐる回って大したことも出来ずに終了。
はい、1500円…(500円×3人)。
日中来て館内の他の見世物見た方が良かったな。

さぁいよいよ時間が迫ってきたので速足でクルーザー乗り場へ。
そして搭乗。
最終便なのでうちも含めて3組だけ。
これの一つ前の便だともう少し混むらしいです。
一つ前の便はドムトールンから更に乗り継いで、また現在の場所に戻ってこれるので、場外泊の人々が多数乗っているという。
今回乗る最終便はドムトールンまで行っておしまいの便なのです。

しかしなぁ、やっぱりHTBは夜が見せ所なんでしょうなぁ。
ライトアップ、ライトアップ。
クルーザーが出発して、光る街並みが非常にキレイ。

風車が光る。
HTB 風車

観覧車が光る。
HTB 観覧車

川底が光り、噴水も光る。
HTB 光るクルージング

ドムトールンも。
HTB ドムトールン


迎賓館だって光るぜ。
HTB 迎賓館

すげ~、大満足、これがハウステンボスか~!

ディズニーの夜の街並みとかパレードとはまた違う部類でのファンタスティック、メルヘンティック。
ディズニーのパレードの時には
「まだ終わらんのかね?」
などとこぼしてしまい、奥方から叱咤されたけど、今回は
「あぁー終わっちゃった。」
って感じで後を引きました。

自転車を回収してホテルへ向かいます。
22:00過ぎてるのに園内には結構人が見られます。
まぁ場内ホテル泊ならば時間は気にならないか。
翌日気付くのですが、恐らくはプロジェクションマッピングの見学帰りの人々が多数だったのでしょう。

ホテルと間違えて「パレスハウステンボス」に来てしまいUターン。
道分かんねぇ。
後から考えれば、少し停まってライトアップを見とけば良かった。

ホテルに着いてフロントで缶ビール買って。
アルコール自販機は無いようでした。
ウォーターマークホテルでは「プレミアムモルツ」「スーパードライ」「一番搾り」のどれも同価格400円。
あと缶チューハイもあったけど値段は覚えていないです。
ビールよりは安かったはず。

慣れないユニットバスでシャワーを浴びて、息子は速攻で夢の世界へ。
奥方もその後を追い。

そして一人でビールタイムだったのですが、一部屋しかないのでテレビも見れない、音も出せない状況なので、園内マップを睨みつけながら明日の予定を考えつつ、感謝の1杯を頂きながら眠りにつくのでした。

明日は海上ウォーターバークが待っている。

続く。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら









Posted on 2017/08/10 Thu. 14:10 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード