ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

天体望遠鏡 アトラス60  

天体望遠鏡を購入。

子供の教育に役立つという名目で。
子供も興味を示しているけど、実際には俺が欲しかったのです。
宇宙が好きなのです。

中学生の頃に買った反射式の天体望遠鏡、口径115㎜で赤道儀架台、定価110000円超がホームセンターで30000円強の激安価格で売られてました。
おそらくこれです。→ケンコー フレンドSKYCORE M115R (天体望遠鏡博物館)
使用不可と分かった時点で即廃棄してしまったので写真には残していませんでした。
きちんと箱にしまって大事に保管してあったのですが。

定価というのがどういう風に決められたのかは今となっては不明ですが、でも当時は天体ブームだったのかな?新聞の折り込みチラシには結構な頻度で(このくらいの割引も含めて)天体望遠鏡が出ていたように思います。
主にホームセンターチラシでしたが。
で、冬空の下、恐らく初心者向けと言われる天体は結構見ました、見えました。
土星の環や木星の大赤斑が見えた時にはそれはそれは、楽しかった。
うん、感動はしなかった。
取り敢えず理論通りに赤道儀を動かしてそこに惑星があることが嬉しかった。

去年、実家でこの天体望遠鏡を見つけて、子供にも見せてやろう+久方ぶりに星が見たいという事で我が家に持ち帰ってみたものの…反射鏡が錆びてしまっていてまともに見れない。
天体望遠鏡って手入れをしないとダメらしいです。
そんなの知らなかった。
そう言われればまぁ当然なのかもしれないけど、そう言われなければそんなの気にしない。

まぁそんな経緯で今回買ったのはスコープテックという日本のメーカーの天体望遠鏡。
「アトラス60(ろくまる)」です。
「小学校3,4年生が、大人になっても使い続けることを考えて企画されました。大人の初心者にもおすすめ。」
と、いう事です。
まぁ色々と天体望遠鏡について調べてみて、ビクセンよりも格安で入門編の上級機種といった感じのこちらに決めました。
アトラス60
アトラス60


屈折式です。
一般的に思い浮かぶ家庭用天体望遠鏡でしょう。
品質に非常にこだわっているそうで、レンズも国産だそうな。
ビクセンとかは基本中国産らしい。
国産のへのこだわりが本体に貼られたラベルにも現れています。

アトラス60

そして今回は見て満足だけでは終わらないように、とりあえず写真を、ね。
コリメート撮影、簡単に言えば、接眼レンズ越しにカメラを当てて天体を撮るって事。
カメラと望遠鏡をドッキングするわけじゃなくて、望遠鏡の接眼レンズにカメラを近づけて撮影。
最近流行ってる?らしく、スマホなんかでもかんたんに撮れるみたい。
しかして我が家にはスマホがない。
なので、デジカメを使っての撮影です。

で、手始めに撮ったのが月、これです。
月 コリメート
初めての割にはなかなかよく撮れたのでは?
自己満足。

iso、F値等諸々変えてみて、その時撮った中でのベストショットです。
しかもカメラは手持ちで固定。
本当は望遠鏡に繋がる固定器具が売っているのですが、まだ、どこまで続けるか分からないので、今回はとりあえず撮れればいいやって事で。
(デジカメ固定用のアダプターが6000円なので…うーん、貧乏人には軽くイエスは出せない…今後使い続けるかかどうかもわからないし…。
スマホ用のアダプターならば3000円もしないで買えます。)

固定器具を買って露出時間を増やせれば、もっと有意義に天体撮影が可能なはず。
自動追跡までするつもりはないので、ささやかな有意義ではありましょうが。

しかして、この写真が3月末の撮影。
その後、木星、土星と見てきたけど、もう、全くうまく撮れない。
器具なしでのコリメート撮影の限界か。
それプラス、口径60㎜だとこの程度なのか、な?
前述の115㎜の時の方が格段に良く見えた気がする、記憶の中ではそう思います。

出勤形態の問題で、ちょうどいい時期に空が見られない、もしくは曇りか雨か嵐(色々な嵐)。
3月中旬に買ってからまともに向き合ったのは恐らく10回もない。
今は土星と木星が見える時期、更に月も欠けていて観察にはもってこいなのですが、今日は曇り、明日以降は仕事。
帰宅後の深夜に雨戸の開け閉めをするとうるさいので可愛い奥さんに怒られてしまいます、当然ですが。
冷めないうちにある程度の成果は残さねば…。

ちなみに子供は既に興味なし。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>









スポンサーサイト

Posted on 2018/07/10 Tue. 00:25 [edit]

category: 記録

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

windows で DVDが見られない  

前回からの続き。
まぁDVDをPCに取り込んだ訳ですね。
そこにたどり着くまでの経緯。

今までDVDをコピーするという事がほぼなく、自分の記憶の限りでは、WinXPだったかどうか…の時に1回か2回やった気がする、くらいの経験値。
その時は、確か、DVDShrinkという無料ソフトを使ったはず。
もう10年以上前になるのかな?
今回DVDをコピーするに当たって、過去の知識は我が脳みそ内に皆無となってしまったので、ネット検索。

で、今回はWinX DVD Ripperというのを使用、もちろんフリーソフト。
isoファイルの取り込み自体は簡単に終了。
ここからが問題。

取り込んだisoファイルをクリックしても音声と映像の二つのファイルに展開(っていうのかな?)してしまう。
クリックすれば映像が再生されるはずだろうに。
良く分からんので、取り敢えず仮想ドライブ作ってマウントすれば再生出来るだろうと思い、これまた十年以上ぶりにDAEMON Toolsをダウンロード。
しかし、結局結果は同じ。
DVDに焼いちゃえば見れるのかもしれないが、確信なし。
で、諸々調べていくと、なんと、Windows標準ではDVD、isoファイルは開けないらしい。
つまりWindowsMediaPlayerは初期状態ではDVDが再生できない。
そういえば、DVDを入れてからのポップアップでも、選択肢にはプレイヤーは表示されず、どのアプリで開きますか?みたいな案内がされていたような。

結論としては。
isoファイルに対応したメディアプレイヤーを入手する事、だそうです。
で、VLC Media Playerというのを入手。
インストール後すんなり見ることが出来ました。

VLCは過去に使った事があります。
アイコンの三角コーンが当時よりもポップになってますね。
あの頃、まぁ10年よりももっと前。
DivXとかAVIファイルとかコンテナ形式とか諸々散乱していて、初心者の自分は取り敢えず再生するために、多様なコーデックに対応したプレイヤーとか、FFDshowを使ったりとか、色々やってた頃。
自分の記憶の中では使い勝手の悪い部類にあったと思うVLCは、現在ではメディアプレイヤーの中でもかなりの人気らしい。
標準で日本語化できます、当時はたぶん日本語化不可だったと思うけど。

で、あとはDVDに焼いておしまい、と言う所まできて最難関、難関というか行き止まり。
なんと、現在は私的な利用でも何であってもレンタルDVDのコピーは禁止らしい。
なんてこったい。
つまりパソコンの勉強をして少ない知識を得るのに時間を割いて、目標には届かずって事かしら?
違法ならば仕方ねぇ、isoファイルは消去、致し方ない…残念。
また、平日の10:00前にTSUTATYAいって借りてこよう…。
とは言え、さすがに見過ぎて飽きてきたな…キミスイ。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら





Posted on 2018/06/22 Fri. 23:36 [edit]

category: 記録

thread: トラブル - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

キミスイの呪縛  

前回書いたように、なぜか知らんが「君の膵臓をたべたい」にハマってしまいました。
図書館で借りていた本は既に返却済み。
現在も予約が入っているのですぐには借りられない。
しかし、DVDは借りられる。
まだ準新作扱いで値段も高めですが、うちの近所のTSUTAYAでは平日の9:00~10:00の間は準新作も100円レンタル。
やったね。

キミスイDVD、初めて借りたのは先月末。
夜、酒を飲みながら映画鑑賞スタート。
まぁ酔っ払ってるけど覚えているだろうと踏んで最後まで。
見終わってから、内容を反芻してみると…あまり覚えていない。
ええい、明日は休みだ、もう一回見よう。
もちろん飲みながら見たので、一回目以上に覚えていない、大混乱。
無駄な4時間を過ごすことに成功。

翌日、今度は確固たる意思を持って、酒を控えめにしながら見て、なんとか映画鑑賞を成功させました。
この時は準新作扱いで借りていたので、延長する訳にはいかんという事で、即返却。
この時点で、まだ図書館から借りていたキミスイ本は手元にあり。
中毒の真っ最中で毎日読んでた頃。

返却後、もーれつに、ア太郎よりは控え目に、しかしもう一度映画をみたい気持ちが強まって。
結局再度レンタル、100円で。
それからというもの、1日1キミスイ、通して全て見たり、断片的に見たり。
とにかく毎日取り憑かれたように見続けました。
飽き足らず、YOUTUBEで関連動画を見たり、浜辺美波の他の映像を探したり…もう、取り憑かれた、呪縛。
ホント呪縛です。
…呪縛。
まさか!!!
ここは「キミスイ腐蝕列島」なのか…!!!!
なってこったい、役所広司呼んで来い!
もちろん風吹ジュンもセットだ!!!

レンタル期間満了まで借り続け、毎日見ていましたが…自分でも思うけどよく飽きないなぁ。
過去の似たような症状では、
「狂わせたいの」レンタル後にVHSビデオ購入、もちろん何度も鑑賞。
更に音声だけをMDに落として車の中や寝る前の寝室で流し続けるという事はありました。

あとは、「TAMALA2010」、映画館に2回行った上にDVD購入。
更に特装版DVDも購入、もちろんサントラ購入、フィギュアや諸々の商品も購入した挙句、自分の結婚式の音楽の中にテーマソング使用…これもハマってたな。

キミスイは明らかに上記2本とは異なる一般向けの作品、しかも恋愛なのかどうかは別として若い2人の青春を描く。
俺が忌み嫌うテーマなのに。
普段触れないものに触れて、おじさん脳が変な方向に刺激されたのかしら?

まぁ見たいものは見たいので、いつかは飽きるその時まで見ましょうか、って事でDVDをPCにコピー。
しかし、ここで一つ問題が。

はい、次の記事です。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら






Posted on 2018/06/20 Wed. 13:53 [edit]

category: 記録

thread: 映画感想 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

君の膵臓をたべたい、ハマりハマって、浜辺美波  

「君の膵臓をたべたい」
現在大ヒットしている小説及び映画です。
恋愛小説として認識してました。
まぁ、青春恋愛お涙頂戴的な。
その手のお話はねぇ、いやなんですよ、個人的な意見で申し訳ないけど、読んでて(見てて)馬鹿らしく、恥ずかしくなっちゃうから。
なので、「君の膵臓をたべたい(略称:キミスイ)」も読む予定のない本でした。
内容自体殆ど知らない状態。
映画館での予告編やら何やらで多少の前知識は持ち合わせていたものの、元々興味がなかったから調べもしなかった。
しかして、なんで借りたか良く分からないけど、まぁ酔っぱらっていたので理由は必要とはしないのかもしれないけれど。
いつの間にか図書館に予約を入れていました。
最近の図書館は便利でね、ネット環境があれば予約も出来るし、他館からの取り寄せも出来るのですよ。
で、予約して。
2か月待ちだったか?
5日前ですね、我が手元に到着。
軽い気持ちで読み始めて・・・もろにハマってしまいました、なんてこったい。
既に通して2回読んで、それ以外にも要所要所をかなり読み返してる。
全部をつないだトータルでみたら、恐らく5回以上は読んでるはず。
あれ~、何が面白いんだ?

だいたいね、ラブコメチックなのは嫌いのですよ。
それがどうした事か!!
クラスの地味な少年に、クラスの人気者女子が、女子の方から急接近って…こんな典型的な話、掃いて捨ててしまうぜ。
まぁもちろんそこで終わるだけの話ではないんだけど。

うーん、何故だか面白い。
「僕」と「桜良」の会話のテンポは、(浅はかな自分の知っている範囲内では)なんだか「阿良々木君」と「女の子」の会話に「犀川」と「萌絵」の会話を足して割った中間位。
知的要素を持ちながら、取り敢えず漫才風に?
まぁどう考えても一般高校生の会話の枠からはみ出る小説向きの軽妙な会話…、なんだけど、読んでるうちに、読み進めていくうちには、まぁこんなもんでしょうと馴染んできますな。
ラノベチックだという評価もあるらしいが、まぁ遠からずって感じもしなくはない。

そして泣く。
キミスイ最終章付近、「共病文庫」を5回以上読み返しているけど、まぁ泣きますね。
まぁ最近情緒不安定だから、年のせいもあるのかもしれない。
以前は卒業式でも、お葬式でも涙が出る事なんてなかったのに、ここ数年はすぐ泣いてしまうから。
何故かテレビでパフィーを見ると泣いてしまう…多分病気なんだろうな。
別にパフィーが好きとか嫌いとかないし、そもそもなぜパフィーが心に引っ掛かるのかが自分でも分からん。

そんな訳でキミスイ読み終えて、ネットでちらほら検索してみると、映画が好評だという。
以前から書いてるけど、原作を超える映画なんて無いと思ってますから。
原作を読んだ後に映画を見ると文字では伝わらない情景が浮かぶけど、結局原作は越えられませんから、そう思っています。
とは言え、ここまで興味を持ったので、よーし、女は度胸だ、40秒で借りてこよう。
まぁ俺は男で中年でおじさんなんだけど。

まぁ、面白い。面白いです。
予想よりは明らかに。
とは言え、やはり小説読んでないとね、俺の拙い頭では真意には近づけなかった、でしょう。

本が2015年発売、映画は2017年公開、そしてレンタルは今年、2018年の1月からだそうな。

主役の2人、圧勝ですね。
高校生の頃の2人を演じた役者さんですね。
演技云々は良く分からないんだけど、もちろん俺が勝手に本から想像していた人物とは違う印象なんだけど、映画も良しとします。
特に女の子の方、浜辺美波さんという女優さん。
すごいです。
ファンになりました。
今まで自分の脳内芸能環境女性部門第一位は「永作博美さん」が当たり前のようにトップをひた走っていましたが、申し訳ない、ごめんなさい、今のトップは浜辺さん。

キミスイの小説を受けて、それに出ている女優さんだからってのはもちろんあるんだろうけど。
今、この女優さんが好きですね、好きになってしまいました。
どうやらNHKの朝ドラにも出てるらしい。
意外と有名人なのかもしれない。

驚愕したのが、作者の「住野よる」さんという方が男だったという事。
なんてこったい、若い女性かと思い込んでた。
だって、名前が「よる」。
架空の名前ではありますが、「GOTH リストカット事件 / 乙一」に出てくる「森野 夜」という女の子、この名前が大好き。
女の子の名前に「夜」が入るととてもステキな印象になるよなぁー。
現実には少ないだろうけど。
「蜜蜂と遠雷 / 恩田陸」の主役も「栄伝 亜夜」、作中での活躍ぶり、ステキでした。
なのに、この作者の「よる」さんは、けっ、男かい。

さて、今日もこれからキミスイを読んで寝ます。
今後の指標となってくれたら嬉しい。
…どういう意見だ?

返却期限は来月6日。
まだまだ余裕がありますからね、もっと何度も読み返す。
下手したら、買っちゃうかも。
「蜜蜂と遠雷」も結局は買ってしまったし。

あとね、一つ。
「キミスイ」って・・・。
この略称、愛称、これは…どうなのかしら…?
うなぎを食べに行って、オプションで付いてくるような感じのこの発音は。・・・

・・・ま、いぃか。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

Posted on 2018/05/30 Wed. 00:42 [edit]

category: 記録

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

銀河不動産の超越、きいろいゾウ  

またまた本の話。
2冊。

「銀河不動産の超越 / 森博嗣」
「きいろいゾウ / 西加奈子」

久々の森博嗣、「サラバ!」以来2作目の西加奈子。

前回諸々ハッピーエンドになりやがって!、みたいな事を書いた割には双方ともにハッピーエンド大団円の話。
しかも「きいろいゾウ」に関しては恋愛小説。
なのに、面白いじゃねぇか、両方ともいいじゃないか。

「銀河・・・」は森作品にしては珍しい感じ。
はじめ、目次のページの各話タイトルを見た時には「少し変わった子あります」のような話なのかと思ったけど、まぁ構成的には似たような感じだけど、何というか、ハッピーですね。
前述通りに大団円。
何で面白いのかな。
人生の糧になるようなセリフや登場人物の世界観、というか、この本の世界観のせいかな。
甘っちょろい大団円は嫌いなんだけど、この話もかなり無謀な道をたどりながら、最後はみんながハッピーエンドで終わるんだけど、残った印象がそれだけでは終わらない。
個人的なエコひいき…?だけではない、はず。
森博嗣、大好きだけど、たぶん作家名を隠しても面白かったはず。
たぶんね。

「きいろいゾウ」もね、恋愛小説だとは知らずに借りてきて、読んだら面白かったんですね。
「夢をかなえるゾウ」と勘違いして借りてきたんですが・・・。
ツマとムコの精神状態に「共感する」「理解する」「その気持ちがわかる」という事はないけれど、その生活状況やら、周りを固める人達の「確かにね、なるほどありそう」な存在感、そして、「ギャーレー」「シー イズ ソー クール!」「つよしよわしの漫才」、面白いじゃねぇか!!
センスだよな~。

映画化したそうです。
主演は宮崎あおいと向井理。
・・・「理」って「おさむ」って読むのか。
顔は知ってたけど、名前の読み方は今知った、「さとし」かと思ってた。
まぁ映画は見ないかな。
同じく宮崎あおい主演の「舟を編む / 三浦しをん」も原作が面白かったから映画に行ったけど、イマイチだったしね。
宮崎あおいがダメって訳じゃなくて、原作に勝る映像なんて無いから、がっかりするのは面倒だから。

そういえば、先日、図書館で予約していた「蜜蜂と遠雷」が借りられました。
半年待ち、予約したのも忘れてた。
しかし…結構厚いな…。
これに合うブックカバーもない、作らなければ。
貸し出し期限は2週間。
読み切れるかな…。
次予約も複数あるので貸し出し延長は不可。
半端に読んで一旦返しても、次にいつ借りられるかわからんので、それまでに内容とモチベーションを維持できるか不明。
いっそ割り切って、読まずに返して、予約なく借りられる頃に再度借りようか?
困った困った。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>











Posted on 2018/04/02 Mon. 11:34 [edit]

category: 記録

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード