ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

第一園芸のカーネーション Alice  

通年咲き誇る花があったらいいなと思っていたら発見しました。
第一園芸さんが出してるカーネーション Alice(アリス)というモノ。

アリス

これはオーキッドピンクという色で、写真よりも実際の方がもっと濃いピンクです。
今年の春に第一園芸さんの「ブリエッタ・ローズ」を買ったところ、非常によく成長してくれたので、同じシリーズのカーネーションを購入してみたというわけです。
ブリエッタ・ローズ
ブリエッタローズのピュアホワイトです。
多分7月頃かな?
寄せ植えしたのに一人勝ちで、他の草花を飲み込みました
こんなにでかくなるとはおもってもいなんだ…
9月上旬までずーっと新しい花が咲き続けてました。
販売時期は2月~なので、今は売ってません。

アリスもブリエッタローズ同様に、あの小さい苗がこんもりとわんさかと広がるらしい。
確かにブリエッタローズも小さなポット苗から爆発的にでかくなった。
花も沢山咲いた。
でもブリエッタローズは1年草、来年は見れません。
その点アリスは多年草で耐寒性、耐暑性ともに抜群ということです。
通年花が楽しめるってのが最高のポイントです

アリス >>>
毎年9月~10月上旬までの販売らしいので、欲しい方はお早めに。


第一園芸の草花販売ページ

ブリエッタの成績が非常に良かったので、最近アリス以外にも第一園芸さんのお花をもう一株買いました。
フェスティバルというベゴニア。
ベゴニア フェスティバル >>>

また追って紹介します。

いやぁ、植物って最高ですな。






FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


スポンサーサイト

Posted on 2010/09/30 Thu. 13:45 [edit]

category: 植木・園芸・ガーデニング

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

バズリクソン、今年もB-10白ボア  

BuzzRickson'sの今季物が出てきました

BuzzRickson's 2010 >>>

特筆すべきはB-10白ボアが今年も出てきた事。
何回目なのかな??
わらわが持ってるのがバズが出した初のB-10白ボア。
B-10クリックでB-10白ボアの過去記事

B-10タグクリックで拡大
タグはBuzzRickson’s名義。
限定300着の貴重品
もう10年以上前の品です。
買ったのはヒノヤさん。
ヒノヤ >>>

しかしこう何度も白ボア再発となるとなんだかなぁ~。   

去年登場した赤いMA-1も今後定番化されていくのかなぁ~。
B-10白ボアだって、わらわが買った初代バージョンの時には「実はこんなB-10も実在していたのです!!!」てな感じで扱われていた。
バズ製品は確実に存在した製品を復刻してますからねぇ。
赤MA-1も同じようなフレーズで紹介されてる。
もうBuzzもネタ切れか?
…いや、ネタ切れというか、僅少物を求めたマニアックな結果なのか…。
というか、定番モデルだけではファンの期待に答えきれなくなってきたのかなぁ。
最近はミリタリーファンでない顧客が絶対的に増えてるから。

まぁ、フライトジャケットって「知られてる種類」は限られてるから、傍目から見たらパッチのあるなし位しか分からないかもね。
まま、知られてない種類でもそこまで大きな違いはないしねぇ。
わらわ程度の、つまりフライトジャケット中級有識者ならば多少は分かってきましょうが、うちの奥方様なんかどのフライトジャケットみても、「ドカタファッション」と申されますしね。
まぁ、自己満足ってのが大きいところか。

ミリタリーファン以外のおしゃれさんたちは何故バズに群がるのかなぁ?
他のメーカーからオリジナル色、オリジナルスタイルのFJいっぱい出てるのに。
ブランドネームが欲しいのかしら?
バズのFJなんて現在の布ほど丈夫でもないし、暖かくもない、本当に当時のままを再現したマニア向け商品なのに。

赤いMA-1 >>>

話をもどして。
そう考えると赤いMA-1ほど奇抜ではなく、襟がちょっとおしゃれになった感のある白ボアB-10は許容範囲広いかも。
詰まるところの、FJの中では万人受け。

まだ、9月23日現在BuzzのHPでは2010モデルの詳細は画となっていませんが、ヒノヤさん >>>で かなり網羅して紹介してますのでこちらを見ていきましょう。

今季はB-10が9種出ている。
その内2種が白ボア。
白ボアの襟が大きく見えるけど、白は膨張色だから、かな?
いや、多分でかいはず。
パッチ有りの白ボアは左フロントポケットにパッチ。
b-10のフロントボケットにスカドロンパッチ、このスタイルは珍しいですね。


それとパッチ無しのプレーンタイプ。


やっぱり内側にはスウェットかセーターでしょうかねぇ。
まだまだ冬に入る前ならロンTでもOKだろうけど、過去にも書いたけど、半袖でB-10羽織るとアルパカ毛がちくちく痛いのでやめましょう。
下はジーンズがチノ、これで決まりだねー。
つまり、わらわが考える一番の着まわしとは、「王道アメカジスタイル」です

L-2系も10着程出てるみたいですね。
MA-1は6種類かな?
あれ?
でもこれは2010モデル以外のも含まれてるのか?
って事はB-10も…今季はいったい何パターンでてるのか分からなくなってきた…ここまで説明してきたのに…


まぁ今回の話の芯は、つまりB-10白ボアなので良しとしよう。

ぼろが出ないうちに今日はおしまーい。








FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


今日のFJ!!

バズ以外にもいっぱいあるぜ。

フライトジャケット >>>

オススメはバズの姉妹ブランド「ユナイテッドカー」。
スタイルをアレンジして現代風に、更に、バズよりも安価。

N-1結構寒いから、真冬前までの使用がいいかと。
でも逆に、今時分から少しずつ使う機会が増えてくるかな。


N-3Bも最近では定番ですね。
ユナイテッドカーならかなり暖かい素材使ってるし、スタイルも現代風。


こちらも定番のM-65。
ROTHCO(ロスコ)はアメリカのブランドです。










Posted on 2010/09/24 Fri. 15:44 [edit]

category: 記録

thread: アメカジ - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

カロライナジャスミンの華麗なる復活  

またまた枯れかけていた2代目カロライナジャスミン。
過去記事参照 >>>
なんと、奇跡の復活です。

もさもさうるさかったアサギリソウをばっさりと断裁
ついでに、カロライナの緑がない枝を下の方から大幅にカット

アサギリソウはどうせ枯れないだろうと、いつもどおりに復活するだろうとバッサリ。
カロライナはどうせ枯れるだろうし、でもなるべく栄養が集まるように、唯一緑の葉が付いている一枝以外を全て根元近くからバッサリ。

この考えが、そうね、2週間後急展開。

あれだけ丈夫だったアサギリソウ、まっ茶色。
カロライナ、緑の葉が増えてきてツルが伸びる。
ついでに枯れたと思ってたハツユキカズラも何故だか復活。
更に、何故かは知らないが、どこかから種が飛んできたのか…、純白のニチニチソウが一株優雅に繁殖中。
カロライナ・ニチニチソウ・ハツユキカズラ

ニチニチソウの種、どこから来たのか知らないがありがとうございます。
去年はニチニチソウも植えてたけど色が全く違うから、我が家の外から運ばれてきた物だと思います。
自然の恵みか?

カロライナも見事にツルを巻いています。
カロライナジャスミン

あとは来たるべく越冬に向けてどう管理するか・・・。
やっぱある程度は防護しないとダメなんだろうな、今までの失敗談から考えて。

来年も生かすために頑張ります。





FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非



Posted on 2010/09/19 Sun. 10:17 [edit]

category: 植木・園芸・ガーデニング

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

歌姫とは中森明菜  

なんかテレビで中森明菜のパチンコのCMやってた。
セカンドラブを歌ってた。

徳永英明もカバーしてる、来生たかおの名曲セカンド・ラブ。
ヴォーカリスト2 >>>

いやぁー、中森明菜好きです。
彼女の全盛期、その時自分は幼児と言われる時代でした。


興味を持ったのは中学生の頃。
初めて買った明菜はアルバム「BESTⅡ」
ベストだけあってヒット曲も多いけど、そんな中で一曲目の「ノンフィクション エクスタシー」とか結構いい仕上がり、個人的に大好き。
カセットテープ限定発売のシングルだそうです。

パチンコ…全くやらないから内容とかは興味ないけど、中森明菜は大好きです

多分、中森明菜全盛期の時にはわらわは保育園か小学校低学年か?
当時の明菜に関する記憶はまるでなし。
実際、好きになったのは中学校くらい。
その当時には懐メロとまでも言われるようになっていたと思います。

声だよね、歌唱力だよね。
アイドルなのにこの声力。
うーん、素晴らしい。
中森明菜 >>>
容姿端麗はアイドルの定め、更に歌力で評価されるのは少なめ。

レコード(中古だけど)も買ったし、アルバムも3枚持ってる。
残念ながら自分で知ってるのは「二人静」「オフェリア」くらいまでかな、それ以降はあまりわからん。

中森明菜 Wikipedia >>>
「北ウイング」「十戒」あたりからかなりいい声になってると思うんですけど、どうでしょうか?
さらに「難破船」に至る頃にはかなり聴かせる声になって来てると思うんですけど、どうでしょうか?
その後の「二人静」「オフェリア」にも磨きが掛かった余韻。

歌姫ってのは「中森明菜、これに尽きますね。
諸々の意見はありましょうが、個人的には「歌姫」というのは「中森明菜」これのみです。

美空ひばりは神様なので、姫ではない。
山口百恵も伝説から神話へと昇華したので姫ではない。
あとその他の最近の歌手の皆さんは、例えば安室奈美恵なんかは「DIVA(ディーバ)」と呼べばよろしい。
あくまで、「姫は明菜」 、これを徹底しよう

中島みゆきは大好きだけどシンガーソングライターだし、聖子ちゃんに至ってはただのアイドル。
ユーミンはシャングリラ、吉田美和…あぁ、吉田美和、歌姫、でも…やっぱりそのネームの前では歌姫は明菜だなぁ。

年代によってヒロインは変わっていくんだろうけど、ここ30年の間では歌姫というのは中森明菜なのです。

もちろん世代によって考えようによって「歌姫」は変わってきましょうが、通常わらわの年代ならば違う人が台頭してきましょうが、しかして、わわらが思うに、どう考えても「中森明菜」これしかない!!!

さーて、今宵も明菜を聴きながら一杯飲もうかねぇ。
中森明菜 CD【BEST FINGER ~25th anniversary selection】 >>>
明菜に合うアルコールって何かなぁ~???
「TANGO NOIR」聴きながら美味しい焼酎原酒飲みたいなぁ。

【ダバダ火振】の最高峰!四万十川長期熟成栗焼酎原酒古酒35度『四万十大正』>>>


甘み掛かった強い焼酎原酒、これをクイッとやりながら聴き入りたいですねぇ








FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非





Posted on 2010/09/16 Thu. 23:12 [edit]

category: 音の話

thread: 女性アーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

さつま無双 「もぐら」  

さーて、ようやく紹介します。
さつま無双さんの人気商品「もぐら」
もぐら

焼酎にそこそこ通じてる人ならかなりの確率でこの名を知っているはず。
“焼酎ネゴシアン” さつま無双」さん、の放つギルド商品の中でも知名度ナンバーワンと言っていいかと思いますが。
どう思います??
「黒さそり」の方が名前売れてるかなぁ??

さつま無双ってこんな会社 >>>
「ギルド」ってこんなの >>>

もぐらってのはねぇ、「土竜」って書くんですよね。
ラベルにも書いてありますね、下の方に小さく。
確かに想像してみると…土中に張り巡らされた龍のごとき巣穴を這い回る…もぐら。
しかも物凄い早いし力が強い。
一度だけもぐらを捕まえた事があるけど手で持ってるだけで精一杯だったな、当時小学生。

まぁ、やつらは人間に害はなさないけれど、我が家の庭に重大な損失を与え続けて早2年目突入。
過去記事参照 >>>

さてと、話は逸れたが今宵は「もぐら」
このような下賎なブログで味を評価するなどと甚だ恥ずかしいような名の売れた焼酎。
もぐら
「五臓六腑にしみわたる」

五臓六腑にしみわたるかぁ…。
「炉端囲んでのむ酒が 五臓六腑にしみてくる 男って辛いよな」
演歌大臣「大川栄作」もそう言ってる。
くくぅ~男って辛いぜぃ…。
しかーし
実際は子持ちの主婦の方が断然大変
2008年のデータですが、アメリカの調査会社の諸々の観点の結果(諸々はこちら>>>)、主婦の働きは年収1000万円超
うちの家族もこの情報をテレビで見てましてね、ひどく肩身の狭い思いをした記憶があります。
まぁ、男なんて、大変大変って言いながら(本当に大変でも)家族の前ではその大変さが受け入れてもらえずらいし、実際、主婦よりは楽なんだろうなって本当に思いますけどね。

またまた話がずれ込んで夢酔い心地のこのブログ。

本題戻って「もぐら」。
香りがね、結構きつく感じました。
まぁ気温のせいもあるのかな。
多分適温になってれば逆に心地よいくらいの芋の香りになってそう。
昨今の熱帯夜に、そのしめりっけのある常温での飲酒はまったくもって「もぐら」に失礼でした。
あいすみません
で、味ね。
これも季節の影響がかなりでかいと思うけど、ロック、これが一番。
「ロックの基本はラブ アンド ピース」って忌野清志郎が陽水先輩と一緒に言ってた。
やっぱロックなのかねぇ。
陽水はロックすらも逸脱して「音楽ジャンル = 陽水」になってるけど。
そこが好き

もうかなり的をはずれてきたので今宵のブログはおしまいです。

最後におまけの裏ラベルのご紹介。
クリックで拡大して見られます。
もぐら  もぐら



飲酒制御って難しいにゃー。

ではまた近々。





FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非







Posted on 2010/09/06 Mon. 00:07 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

ビールが飲めない年頃  

いかん、最近缶チューハイが好きになってきたと思っていたら…ビールの類 が飲めなくなってきた!!
なんてこった。
どういうこった??

なんとなく、薄々感ずいてはいたのだけど、もう認めざるを得なくなった。
暑い時期、帰ってからの冷た~い缶ビール
それが美味く感じないどころが、くわぁ~っと一気に半分くらい行くと…吐き気を催す事がある…。
先日レジャーランドに行った折、お昼過ぎ、猛暑、アルコール =
缶ビールをグイっと一口飲んだら…吐いた。
まぁ胃の中の昼飯も消化済みだったため惨事には至らなかったものの、確かに吐いた、こらえられなかった。

確実に体の仕組みが変わったんだなぁ…。
まだ焼酎は芋も麦も米もその他も、ストレートでもロックでも水割り・お湯割りなんでもいけるから、一部の事情が変わっただけだと思っていたい。

もう年齢も30歳超えましたので、だんだんと健康も考えなければねぇ。

毎日お酒を飲む方はもちろん、パーティーや宴会をより楽しく、そして飲んだ翌朝すっきり過ごす...

二日酔い知らずの「酒豪王」

価格:2,079円(税込、送料別)






ウコンもいいけど、最近「しじみ」、良く聞(効)きます。
うちでは期限近い「しじみ」スーパーのタイムセールでお安く買ってすぐに砂抜きして速攻冷凍。
冷凍すると、しじみのオルニチンという成分が倍増するらしいですよ。
もちろんその成分は肝臓にいい成分。
そんな訳で我が家では冷凍シジミをよく使います。
注意点は、味噌汁にする時には「だし汁を沸騰近くまで熱しておいてから冷凍シジミを投入」って事ですかね。
こうしないと、冷凍シジミは開かない事が多々あります。
味噌の解毒作用と相まって、素晴らしい食品に大変身ですよ






わらわも今現在、しじみの健康食品の購入を奥方に打診中。
毎日しじみ汁じゃ飽きちゃうしね。

若い頃は健康は第二以降だったけど、30超えたら健康第一!!!!







FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非






Posted on 2010/09/04 Sat. 23:41 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード