ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

モコ、エアバッグ警告灯消えず、クラクション鳴らず  

数日前に気付いた事で、うちの車のクラクションが鳴らない。

うちの車は日産モコ(SA1)で、2006年フルモデルチェンジと同時に買ったので、もう8年目。
まぁ徐々にと言うかなんと言うか、ボロが出てきてもおかしくは無い訳です。

で、数ヶ月前、確か今年の2月か3月頃ですね、フロントパネルにある「エアバッグの警告灯」が点きっぱなしになってしまいまして。
普段はエンジン始動時に点灯したあと数秒で消えるのですが、ずーっと赤々と点きっぱなし。
エアバッグの異常は命にかかわる大問題なので、すぐさま販売店へ行ってみてもらいました。
すると、
「配線が断線しているのでXXXXX(部品名覚えていません)を交換しなければなりません。」
しかも値段が50,000円超。
なに、そんなにするのか!!!!

エアバッグは命にかかわる大問題だが、突発的な50,000円は家計にのしかかる死活問題。
「現状で事故時にエアバッグが出るかどうかは不明です。」
出る方に掛けて未修理。

とそんな事があった後に今回のクラクション鳴らない故障。
モコのホーンの位置を確認してみると、たぶんフロントグリル外せば簡単に交換は出来そう。
でも隠しネジがイマイチわからず、あと奥方から早く直してもらうように言われたので、まぁ自分の金を裂く訳でもないので早々にイエローハットへ向かいました。
ディーラー行くよりも安いと考えて・・・。
しかし、想像よりも高かった。
ホーンの交換をお願いしたところ、部品代込みで18,000円。
ホーンは2,000円だから・・・工賃16,000円?
そんなにするの?
いくら家の金とは言え、18,000円なら自分でやりますよ、多少手間取ったり傷が付くかも知れないけど・・・。

とりあえず、その場は退避してコンビニへ。
そして駐車場から日産のお店に電話してホーンの交換だけなら幾らしますか?と訊ねたところ、
「単純にホーンの交換だけで済むなら6,000円~7,000円くらいでしょうかねぇ。」
なんだよ、ディーラーの方が圧倒的に安いじゃないか!!

という事で、直近の日産のお店へGO。

エアバッグの不具合の件も含めてクラクションが鳴らない旨説明してみてもらいました。
結果、ハンドル内部の部品の損傷により、クラクションとエアバッグの異常が感知されていると判明。
しかも修理費20,000円也。
以前の店で見積もってもらった50,000円はいったいなんなんだ?
店舗によって腕の差が出るのかな?
でもそんな差が出るのならディーラーに持っていくのすら怖くなるな・・・。
安心安全のディーラーだから民間よりも高く払ってるのになー。

ちなみに今回の不具合の原因というか、交換部品は「エアバッグ スパイラルケーブル」の交換だそうです。
うーん、言葉の意味は良く分からんがとにかく解決順風満帆。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




















スポンサーサイト

Posted on 2014/06/29 Sun. 23:43 [edit]

category: 愛機NZ250と我が家の乗り物の話

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

IMAX  

子供と一緒に「アナと雪の女王」を見てきました。
初めての3D映画体験。
初めての映画館でのフルCGアニメーション。
初めての映画館でのディズニー映画。

アナと雪の女王 >>>

いやー、ディズニーみたいなファンタジックな作品、しかもCGアニメなんて小ばかにしていたけど…技術の進歩って凄いんですね、感動しました。
テレビでは子供が見てるのを横目でちらちら見たこともあったけど、全然気にも留まらなかったのに。
映画館で見ると全然違うのですなー。

アップルシードってやったの何年前だっけか?
10年くらい経つのかな?
日米のアニメーションセンスの差はあるにしても、いやー、凄いなディズニーアニメ。
日本のCGアニメとは、違います。
そして凄いな、3D。

3D映画って、自分の小さい頃は赤と青のメガネを掛けてやってたけど、もう、当たり前ながら全然質が違いますね。
こんなに飛び出て見えるとは思ってもいなかった。
今回「IMAX」という方式の3D映画だったのですが、その他にも多数の3D方式(メーカー)があるらしく、まぁその中でもIMAXは高評価を得ている方式らしく。
いやー映画って本当にいいものですね。

でも、ミュージカルだけは苦手。
なんで歌ってんの?って思ってしまうのです。
一気に興ざめしてしまう。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>
















Posted on 2014/06/29 Sun. 22:55 [edit]

category: 記録

thread: ディズニー映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

LAMY : safari のニブ交換  

常用している万年筆、safari(サファリ)が不慮の事故に遭いまして、ペン先、及びコンバーターの交換時に開閉する軸のネジ部分を破損しまして、…もう使用不可能かとおもわれるような状態に陥りました。

とりあえず本体は接着剤で入念にぴったりとくっつけたら意外と元通り。
(『今のところ』です。使っていくうちに劣化するのは…致し方ない…いつまで持つのか。もしくは日本の接着技術の賜物で延々と持ち続けるのか!!!!)

ニブ、つまりペン先はもうぐにゃりと曲がってしまいまして、ラジペン使って形成、サンドペーパーで滑らか感を・・・全然ダメ。
インクがフロー (ペン先まで届く) して書けるには書けるけど、ガリガリカリカリ紙に引っかかる。
インクも均一に出てこない。

もうしょうがないから新ニブ購入。
今まで使ってたのは『EF』、極細。
今回買ったのは『F』、細。
safari F ニブ
EFが在庫切れだったってのもあるんだけど、値段がEFとFでは倍も違うのです。
更にネットの情報を見てみるとサファリの「F」「EF」はそこまで大差ないらrしい。
そんな訳で今回は「F」購入。

装着は到って簡単。
壊れたニブを引き抜いて、新ニブを差し込むだけ。
はい、完成。
サファリ F ニブ

書き心地に変化はないですね。
線の太さもEFと大差ない、と思う。

まぁ復活して良かったけど、サファリの本体価格、ネット販売でだいたい2000円強くらいで売ってるのに対して、ニブは今回864円での購入。
筐体の破損を考えたら新しく一本買った方が良かったような気もしますが…。
まぁその辺は愛着愛着ゥ♪

LAMY safari >>>


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>














Posted on 2014/06/28 Sat. 12:15 [edit]

category: コレクション

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

白相酒造 紅風車  

お土産で焼酎を頂きました。

白相酒造さん「紅風車」
紅風車

紅風車

紅風車 >>>

栃木の酒蔵で、原料に紅あずまを使っています。
紅あずまってのは、まぁ、一般的に焼き芋にして食べてるあのサツマイモです。
スーパーで見かけるあの芋です。
通常芋焼酎の原料に使われるのは「コガネセンガン」とかが主。
紅あずまで醸された焼酎ってのはまぁ珍しいものです。

そういえばもうかなり昔に広島のお土産で、紅あずまを使った焼酎をもらいました。
達磨 過去記事 >>>

あと、「ちょうちょうさん」というのも紅あずま使用だった。
ちょうちょうさん 過去記事 >>>

紅風車は酵母も一風変わっていて、花酵母(ツルバラ)を使用しているとの事。

味は、どっしり濃い目でまさに芋焼酎って感じです。
焼酎苦手な人には受け入れられる事はないでしょう。
個人的には美味しく頂きました。
お湯割とかが美味しそうだけど、時節柄ロックでくいっと飲んでました。
次は冬場に出会いたい焼酎です。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>






















Posted on 2014/06/21 Sat. 10:08 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

結婚式の席札ボトル 文楽 純米吟醸  

先日、友人の結婚式に招待していただいた際の席札がこんな日本酒ボトルでした。

結婚式 席札

文楽 >>>

文楽さん「文楽 純米吟醸」
なんか文楽さんって書くと落語家みたいな感じになっちゃうけど、文珍さんとも円楽さんとも関係はありません。
ないはず…ないとは思うけど…。

横にいるニャル子は引き出物ではありません。
ちょっとした出来心で撮ってしまいました。

以前にもワインか何かの小瓶の席札でもてなされたたことがあったけど、今回のは装いも端麗でスよりマートです。

結婚式 席札

色は薄く黄味がかっていて、香り良好。
クセも無くさらっと飲める、まぁ純米吟醸らしいというか、そんな感じ。
常温で飲みましたが冷やした方が美味しそうです。
今は暑いしね。

ところで。
知らなかったら「桂文楽」という落語家が本当にいるそうな…。
もちろん「酒蔵 文楽」とは無関係・・・だと思います。
おそらく・・・。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>






















Posted on 2014/06/21 Sat. 09:37 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード