ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

末廣酒造「遥香」  

全国約90店の酒販店でつくる「地酒屋研究会 遥香(はるか)会」。
その賜物が、末廣酒造の「遥香」。

遥香

まぁ飲み手の意見を元に福島県の末廣酒造さんが造った、いわば消費者依願、いやニュアンスが違うな、何というか酒屋さんがお客さんから意見を聞いて、それを多数吟味した結果を蔵に報告して作られた日本酒、なのかな?
2015年の夏前頃に発売開始、だそうな。
キャッチフレーズは
「地酒屋が「これだ!」と伝える純米酒。
そう、遥香は純米酒。
遥香 >>>

遥香

遥香を紹介するどのページでも書いてるけど、フルーティで米の旨味がわかる、まさにそんな感じです。
特段、「こりゃうまい!」とはならないけど、要点を抑えた美味しさといいましょうか?
旨い事には間違いない。
お値段¥2376‐もなかなかうれしいところ。
ちょこっとネットを探ったところ、特に値段に変異は見られず。
どこで買っても一緒だけど、Amazonならば1本買っても送料無料だからとてもお得です。

遥香(はるか) 純米酒 1800ml ☆☆☆地酒屋がこれだ!と伝える純米酒!☆☆☆

新品価格
¥2,376から
(2016/1/22 23:11時点)




たぶんですけど、これを取り扱えてる酒屋さんは非常に信頼のおける酒屋さんだと思います。
そんな酒屋さんを見つけたらぜひとも通って仲良くなりましょう。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>











スポンサーサイト

Posted on 2016/01/22 Fri. 23:14 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

銀河旋風ブライガー  

夜空の星が輝く陰で悪(ワル)の笑いがこだまする
星から星に泣く人の涙背負って宇宙の始末!
銀河旋風ブライガー! お呼びとあらば即、参上!!

この口上から始まるオープニングソング。
バックでは女性ヴォーカルで「ブライガー」。
いやぁ~、かっこいいですね。
昔のアニメ、自分が相当小さかった頃のアニメ、銀河旋風ブライガーです。
再放送で見たことが数回あるような。
でも曲はアニソン詰め合わせテープに入っていたので何回も聴いていた。
ステキな歌だなぁ。
成人過ぎるまで、歌詞の「ウルフのマーク」を「ウルフの幕(まく)」だと思い込んでいて、なんだろなー?って、頭の中で歌を思い返すたびに疑問でした。


銀河旋風ブライガー >>>

この口上を使って年賀状を作ろうと思い続けること早2年。
結局どう使っていいかわからなくて、別のネタで年賀状を作ってきたけど、そうさ、今年こそは作ってやろうと思っていた矢先。
なんか最近ブライガーって流行っているのか?
少し検索したら「ブライガーおじさん」とかなんちゃらって沢山出てきた。
なんだ?
良くわからない。
良くわからないけど、みんなが知っているようだ。
こんな状況であのセリフを使ったら流行りに乗ったと思われる、それは、まずい。
送った相手が知らないようなセリフを、それを引用してマニアックさを楽しみたかったのに、これじゃぁいけない。
しかし、なんで今更ブライガーなんか上がってきたんだ?
世界は不思議だ。

今年の年賀状は鬼平のオープニングで行くか?
いつの世にも悪は絶えない。 その頃、徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設け ていた。 凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。 独自の機動性を与えられた この火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。 人呼んで鬼の平蔵である。

うーん、かっこいい♡

そうそう、地方局では13日からブライガー再放送開始らしいです。
是非見ましょう。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>










Posted on 2016/01/13 Wed. 00:09 [edit]

category: 記録

thread: アニメ - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

堤酒造「むらさきいも」  

熊本県にある堤酒造さんの作品で「むらさきいも」。

むらさきいも

熊本で焼酎って言ったらやはり球磨焼酎、米焼酎。
中でも私は「九代目」が大好きです、ありゃぁ旨いよ。
宮元酒造 九代目 >>>

と、そんな米焼酎のメッカから発売されている芋焼酎「むらさきいも」。
ラベルに「蔵出し限定出荷」の文字が見えます。
紫芋を使った焼酎だということはすぐにわかりますね、見たまんま。
こんなラベルも掛かっていました。
むらさきいも
瓶の正面ラベルの文字と合わせて読むと、「自家農園で作ったムラサキマサリを使用。アントシアニンを含み、健康に良い。その芋を500年以上の歴史を持つ球磨焼酎の技法により造り上げました。」ということになります。
限定出荷の文字からもわかるようにどこでも買えるというわけではないようです。

香がいいです。
何というか、通常の芋焼酎とはやはり違うのかな?
飲んでみると、まぁ、しっかりした芋焼酎、黒麹、です。
鼻から抜ける感じが、この辺が紫芋でしょうか。
お湯割りが旨いけど、ストレートで味わうと味がわかるような気がします。
そしてありがたや、お値段2.036円にも大感謝です。
いや~、いいですね。
下手な焼酎をスーパーで2000円弱で買うなら是非ともこういうの買いたいですね。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>












Posted on 2016/01/12 Tue. 11:05 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

大和桜酒造「ヤマトザクラヒカリ」  

大和桜酒造さんの作品で「ヤマトザクラヒカリ」。

ヤマトザクラヒカリ

真っ白な紙に包まれての登場ですが、スカラー波を防止するためにこうしているのではない、ないと思います。

ヤマトザクラヒカリ

アップにすると詮の辺りが頭に見えて、そう考えて想像すると霊験あらたかな修行僧にも見えなくは、見えないか。
でも朱色の印とシンプルなタイトルが余計にそんなイメージを膨らませる。
NARUTOとかの敵キャラで出てきそうな雰囲気に思えるのは、そう、俺だけか。
(否、すいません、NARUTO読んでません、子供と一緒にまれにテレビ見るくらいです。)
白無垢の花嫁にはとても想像が及ばない。

そして包み紙を剥がしてみると、中からは酒屋の前掛け風のラベルが登場。

ヤマトザクラヒカリ

ヤマトザクラヒカリ

かっこいいです。
突然男前です。
この洋装の方がスカラー波は忍び寄らない。

そして美味しいです。
はじめお湯割りで頂いていましたが、ストレートが旨い。
お湯割りの時にはそこまでの印象はなかったのですが、いやはや、旨いです。
大和桜酒造、今まで知らなかったのですが、
「創業以来、昔ながらの本格手造り麹を使い、仕込みは一次仕込み、二次仕込みともに、全量かめ壺仕込みによる醸造を代々続けている。」
そうです。
この「ヤマトザクラヒカリ」は「こしひかり」と「ひのひかり」の2種類の米を麹の原料としているので、「大和桜」+「ひかり」=「ヤマトザクラヒカリ」なんだそうです。

こんな美味しい焼酎で新年を祝える喜びったら・・・。
でも当然数時間後には記憶をなくし、下手したら数十分後か、全てをリセットするために奥方様の説教を受けるんだろうな・・・。
悲しいが、美・味・し・い・よ!

ヤマトザクラヒカリ >>>




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>












Posted on 2016/01/01 Fri. 00:25 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード