ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

2017夏 九十久島④ ホテル&スパ花みずき  

とうとう旅行後3ヵ月。
記憶の片鱗をかき集め、つなぎ合わせ、無理やり完結までもって行きましょう。
つぎはぎでも、ちぐはぐでも、どうあっても、取り敢えず終わらせましょう。
男には死ぬと分かっても行動しなければならない時がある。
負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある。
死にはしないが負けは確定。

パールシーで楽しく遊んで、本日の宿である「ホテル&スパ花みずき」へ。
前々回記事で書いたように、こちらのホテルは今年の4月にリブランド化、元の名前は「SASPA花みずき」だそうです。
詳しくは前々回記事へ。 >>>
島原の方に同じような名前のビジネスホテルがありますが、全く別物です。

やっぱりね、和室に個別の食事が最高ですな。
畳の部屋で、ふかふか布団で。
ウォーターマークホテルも良かったけど、やっぱり我が家は旅館で和食がしっくりきます。
そして温泉、大浴場。
ここの温泉はとってもいい。
浴場内に風呂が4つ?とサウナがあり。
一番大きい風呂は普通の湯。
小さ目の風呂が3つあり、「塩風呂」「天然温泉」「天然冷泉」。
花みずき HP >>>

温泉が本当に温泉らしい温泉。
薄茶色く濁っていて、周囲もなんだか化学反応で茶色っぽく汚れた感じ。
白っぽい温泉は何度も経験があるけど、茶色はあまりないし、ここまでの茶色は初めて。
少し熱めだけど、それがまた心地いい。
で、十二分に温まったら横にある冷泉に。
水質は温泉と同じ、だったかな?

パールシー後、すぐに温泉に入って、少々休憩した後に夕食へ。
離れで、いろりを囲んでの食事。
いやー、旨いですね。
刺身盛り盛り伊勢海老美味し。
いろりの火で魚の串焼き。
最後は鍋で〆。
料理の点数は高いです。

こちらの宿では、もう一つ夕食プランがあって、それが洞窟でのそうめん。
この近辺での名物。
温泉、そうめん、ともに宿泊無しでも提供しているようで、地元の人に愛されているとの事です。

旨かった夕食に対し…朝食は館内の広間にて、普通の朝食。
もう少し、何か欲しかったな、量的な意味ではなく。
昨夜の伊勢海老の殻で味噌汁を作ってくれたのは嬉しかったけど。

そして、サラバ長崎、宿を出て空港へ。
まずは送迎バスで佐世保駅へ。
空港へのバスまで時間があったので、駅近くにある「五番街」というショッピングモールにある「ヒカリ」という佐世保バーガーのお店へ。
何も知らずに入ったけど、実は有名店だった。
まだ昼前もいい所なので腹は幸せな状態だったが、せっかくの佐世保なので佐世保バーガー。
記念。
美味しい。
まぁ美味しいけど、ハンバーガーには違いない。

その後、バス停に向かうも、時刻表には乗車予定のバスがない。
バス停の後ろにある、営業所?ターミナル?みたいな所で聞いてみると、
「こちらでお待ちください。」
バス停発ではなく、室内で待って、そこに到着したバスで始発出発だという事。
普段バス乗らないから制度が全然わからなかった。
まぁそんな訳で長崎空港へ。
そして帰りは無事にANA機にての帰路。
松山千春は歌ってなかった(別に遅れてもいなかった)。
機体は大きい方が安定しますね。

総評。
長崎はいい。
ハウステンボスは最高だ!!
毎年行きたいなぁ、無理だけど。
大人が楽しめる、ディズニーみたいにキャピキャピしてない、大人の世界は飲酒OK!!
アトラクションはVR中心、近未来ゲームセンターチックなものが多いけど、そのおかげで街の景観が崩れない。
つまりアトラクションは室内中心。
おかげで雨でも楽しめそう。
子供的には海上ウォーターパークが最高だったみたいだけど、大人的にはそこには寄らずにもっと園内を楽しみたかった。
次回、その機会が来たならば、是非とも大人巡りをしてみたいものです。
いやー、楽しかった。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら













スポンサーサイト

Posted on 2017/10/23 Mon. 00:12 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2017夏 九十久島③ 海きらら  

既に旅行後2ヶ月半程経過。
そろそろうろ覚えのシーンもまちまち、で、あろう。
訪問者数は極小の弱小我がブログですが、まぁ、何というか、一度始めてしまったので途中退場も後味悪いので、そんな意味合いで夏休みの記事を完結させる意気込みです。
「俺たちの戦いはまだ続くぜ!」的な意識だが、そのセリフは番組終了宣言ではないのです。
そうね、その場しのぎ。

では、続き。
炎天下の下、シーカヤックに乗って、涼しい店内に入るも熱々ラーメンを食べて。
更には遊覧船の甲板にて日光浴。
(とっても良かったけど)早く涼しい屋内に入ろうぜ。
子供は元気だけど、中年には過酷です。

そして水族館「海きらら」へGO。
海きららは中規模の水族館でしょうか?
中の上かな?
八景島とか大洗、福島よりは小さ目・・・と思っていたら?
あら?
意外と同等クラスだったのか?

水族館特集記事 >>>

全国水族館ランキング >>>

この水族館の目玉は、イルカのキャッチボール。
日本でここだけ!
世界では、どうなのかな?
とにかくイルカのキャッチボールが目玉イベント。
イルカのキャッチボールとは、

片方のイルカが口にくわえたボールをジャンプして空中で放り投げ、相方のイルカがそれを噛み取る(?)!!!!
高速です。
野球での、ピッチャーとキャッチャー、そのくらい速い。
で、我々が見た回は成功していたけど、アナウンスによると、そこそこな確率で失敗するみたい。
失敗すると、観客に被害が及ぶらしい。
…まぁ、ボールが飛んできて、無防備に当たれば怪我もするさな。

YOUTUBE >>>
…こうして見るとあまり高速には見えないが、スタンドから見るとほんの一瞬でボールの軌跡を追うので精一杯。
奥方は写真に収めようとカメラを構えたばっかりに、何も見えずに終わったらしい。

その後、イルカによる水掛けサービス。
大量の水が掛かるので要注意、水から体を防護するビニールシートが配布されますが、
「一応ビニールシートを渡しますが、効果はないと思ってください~。」
との事。
確かに、びしょびしょ。
座っていた席はスタンドの上から2段目、ほぼ最上段だったのにイルカ野郎がバッチャンバッチャン暴れるので(暴れてくれるので♥)範囲の限られた防水ビニールでは守り切れず頭と腰下はそこそこ濡れてしまいました。
息子(俺よりも2段下)に限っては、わざとビニールを外して頭頂から靴まで濡れてしまい、隣の人から「大丈夫?」と心配されてました。
ちゃんと水を防げ、水が好きなのはわかったから。

このイルカショーがすごい楽しくて、たぶん今まで行った海洋生物のショーの中でイチバンではなかろうかと思うくらい。
水掛けショーの水のかぶり具合、MCの進行具合、いやー楽しかった!!!
・・・が、しかし、キャッチボールは海きららだけらしいが、
「イルカショーでの水かぶりは結構ありますよ?」
と同僚に教えられました。
そうなのか~?
海きららはビニールシートだったけど、アクアパーク品川なんかではカッパを着るそうな。
まぁ、楽しめたから良し。
家族みんなで大笑いで過ごせたのはとてもいい体験かと。
小学生高学年ともなるとそろそろ独り立ちしたくなっていく頃かもしれないし。
家族旅行、いつまで行けるのかなぁ。
反抗期とか諸々。
・・・おぉっと、感傷的になってしまいました。
取り敢えず「海きらら」で、更に「月火水木金魚展」で30分程過ごして、お土産買って、さぁ宿へ向かいます。







こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>







Posted on 2017/10/09 Mon. 12:25 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード