ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

自家製ポン酢が非常に旨い話  

発端は湯豆腐でした。

自分は豆腐大好きで、最近は帰宅後に湯豆腐で2丁食べるのが習慣。
湯豆腐旨いよなぁ。

で、必需品なのがポン酢。
少し前までは「味ポン」「ゆずポン」使ってましたが、ふと見るとスーパーのポン酢コーナーには多種多様なポン酢が勢ぞろい。
量販品よりも値は張るものの美味しいポン酢がいっぱい。
生産地を見ると徳島産のポン酢が多いけど、これはスーパーの買い入れ先の問題かしら?

ポン酢色々 >>>

ポン酢…「ポン」ってなんだ?
これは柑橘類の事みたいです。
「美味しんぼ」でそんな事いってた。

美味しんぼ 67巻

たまたま自家製ポン酢の作り方というのを発見したので、面白そうだったから作ってみました。

COOK PAD なんですけどね。
まずはこれを作ります→ 万能✿和食のたれ(出し醤油)>>>
そして諸々混ぜたら出来上がり→✿混ぜるだけ♬簡単自家製ポン酢✿ >>>

出汁(だし)をとった後の鰹節や昆布は乾燥させてふりかけにも活用できるから無駄が全くない!!
それが、これ。
自家製ポン酢
色が分かるように白い器に注いで見ましたが…良く分からんね。
風憚(ふうたん)の陶器ボトルの空き瓶を活用して保存。
なかなか色っぽい入れ物だったから取って置いたのが正解だった。

風憚 陶器ボトル 過去記事 >>>

一番初め作った時は実家になってるゆずを大量にもらってきて搾って作ったんだけど、搾るのが面倒な上に一個あたりの果汁が少ないので相当搾らないとならない。
出来上がりの味も少し渋みがあった。
まぁ、柚子自体の質がよくなかったんかもね、時期も過ぎていたし。

そんな訳でちょいちょい工夫して、今はポッカレモンを使用。
また風憚のボトルは720mlしか入らないので作る量も気を付けながら。

レモンでもねぇ、すごく旨い。
出汁をとるときの昆布やカツオの量を増やして、ポン酢作成時に添加する醤油とお酢の量も多めにして作ってますが、旨い旨い。
しかも自家製だけあってかなり安く出来る…はず。
少なくとも市販のポン酢を買うよりは相当安い。
そしてそれよりも作るのが楽しいし、添加物の心配もない。
いやー、これはいい発見でしたね、自家製ポン酢。
残念なのが、もうそろそろ湯豆腐シーズンが終わってしまうという事。
無添加だけあって市販品よりも日持ちはしないから。
冬以外のシーズンではそこまで味ポンの類は使わないから。

だれか味ポンを使った毎日の簡単レシピ(美味しいやつ)知らないですか?
そうして来冬まで自家製ポン酢に磨きをかけて、いっそう美味しい湯豆腐生活を送りたいモンです。





こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>











スポンサーサイト

Posted on 2013/03/27 Wed. 22:31 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: おうちでごちそう - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1010-3d8ba05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ