ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

シュガーケーン 1947モデル 新旧比較  

前回からの続き的なお話。
先日SUGAR CANEの1947というタイプのジーンズを買ったのですが、実は同じジーンズを10年ほど前にも買っていまして。

【ポイント5倍】シュガーケーンを代表する永遠のスタンダード!【SUGAR CANE】SC41947A 1947年モデル ワンウォッシュ 【送料無料】  >>>


せっかくなので新旧比較してみたいと思います。

そんな大した比較ではないのですが、一応比較。

SUGAR CANE 1947

一目瞭然、左が最近買ったやつ、右が10年位前に買ったやつ。
かなり履きこんでるから型ズレ、変形もあるとおもいますが、裾が、いや、全体的に昔よりも太い気がします。
ウェストサイズが違うせいもあるのかな?
色の加減(目の錯覚)で比較し辛いけど、腰周り、ヒップ周辺は重ねてみるとそんなには変わらず。
ポケットもサイズ同じみたいです。

ウェストは新が30インチ、旧が29インチ。
まぁ中年劣化の賜物です。
これくらいで済んでよかった。

SUGAR CANE 1947

パッチのデザイン自体は変わってないようですが、印字のフォントが違ってますね。
まぁなんの影響もない、豆知識というかゴマ知識くらいの発見ですが。

ご覧の通りにかなり履き込んだんですよね。
年間の9割以上履いてた気がしますよ。
履きやすかったんでしょうね、当時。
「でしょうね」って、もう中年になると数年前の事なんか覚えてないから。
14.25ozの厚い生地ですが、果たして10年前も同じだったのかな?
覚えているのは履きこなれて動きやすくなった頃の記憶があるようなないような。
今では畑仕事や洗車、大掃除の時に使用する、「汚れてもいい用」のズボンとして活躍中。

今回買った1947も行く末はこうなるのかな?
でもここまで履いてあげればジーンズとしても本望だろうし(恐らく・・・)、自分としてもそこまで履きこんでいきたいですね。
更に前回記事でも書いたようにリペアについて興味を持っていますので、何らかの素材で何らかの方法で何らかの技術を持って何らかのリペアを出来たらまた面白いですね。
もしくは、リペアするための素材にでもね、いいですね。

前回記事 >>>

書き乱しましたが、今宵はこれまで。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>














スポンサーサイト

Posted on 2013/04/12 Fri. 23:08 [edit]

category: コレクション

thread: メンズファッション - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1016-a7cbb201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード