ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

安楽寺 松虫姫鈴虫姫ものがたり  

鶴田一郎先生が挿絵を書いた絵本、「安楽寺 松虫姫鈴虫姫ものがたり」が5月8日に発売されるそうです。
挿絵というか絵が主体のような感じでしょうか?


安楽寺 松虫姫鈴虫姫ものがたり >>>

欲しいなぁ、と思っています。
絵本の割には値が張るけど、まぁ子供向けの絵本とは違う、「作品」としてだからしょうがないでしょう。
もう10年以上個展にも行ってないから、たまには鶴田ワールドに浸りたい。

最近の鶴田作品は一時期のデフォルメ(と、言うのか…?)が進んだ感じからまた離れて(個人的に)いい目つき、いい表情の作風になってきたような気がします。
とはいえたまにネットでちょいちょい見るくらいで作品全部を見ている訳ではないですけど。

とりあえず、自分の好きだった鶴田作品に戻りつつあるようで非常に嬉しいです。

複製品の「バーニング・パッション(燃ゆる想い):赤」が玄関に飾ってあるけど、やっぱ本物欲しいですよね、いつかは。
燃ゆる想い

ひとまずは、絵本買って堪能して、キレイな心を取り戻すとしましょう。








こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>










スポンサーサイト

Posted on 2013/05/04 Sat. 12:04 [edit]

category: 記録

thread: 紹介したい本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1018-5bb096c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ