ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

ウォーキング ウィズ ダイナソー  

「恐竜ライブ!」Walking with Dinosaurs(ウォーキング ウィズ ダイナソー)を観てきました。

いやー、すごい。
恐竜が実物大の大きさで動き回るというステキな舞台。
最新の技術が使われているらしいです。
確かにね、首長竜の首の動きももっともらしいし、小型の恐竜の動きも機敏さを感じさせて、見ててはっとしちゃいます。

前回日本に来たのが2010年だったようですがそのことはつゆ知らず。
今回もたまたま電車内の広告で知ったので行ってみたのです。
確か、前回来た時には三十数万席がソールドアウト!!だったらしい。
最近うちの子(保育園児)が恐竜、深海、が大好きなので、チケット発売日から若干遅れてチケット入手。
中盤よりは結構前の席に座れました。
8月頭の平日だったからかな。

ウォーキング ウィズ ダイナソー
ブラキオサウルス


迫力、すごいですね。
昔、ジュラシックパークを初めて観た時の驚きです。
時代が変わって2次元から3次元へ。
技術の発展からすると、もう10年したらこのくらいの恐竜みても味気なく思っちゃうのかなぁ~。

ウォーキング ウィズ ダイナソー
アンキロサウルス トロサウルス


このサイズ以上の恐竜は体の下に、周りの岩肌にカモフラージュした柄の車体が付いていて、それで四肢を支えつつ操作しているみたいです。
まぁ、確かに4足歩行でこんな機敏な動きはね、よく考えれば難しいってのは分かりますけど。
(その前に4足歩行が難しいような・・・どうなんでしょう?)
でもHPで恐竜ライブを見た時にはそんな事は全く想定してなかったのでいささか残念でした。

ウォーキング ウィズ ダイナソー
ティラノサウルスの親子


後ろの席の人が(車があることに)若干がっかりしてる相方にこんな事言ってました。
「アシモですらあの動きなのに、こんな大きいのがあのアンバランス具合で2足歩行出来る訳無いじゃん。」
全くです。
その通りです。

でも…それを踏まえても細部の動きとか質感とか、本当に生きてるような動きでした。
これは幼児でも楽しめますね。
開演前、眠たがってたうちの子が恐竜が出てくるなり目を丸くして、口を空けて無言で立ち尽くしてました。
大人は感動、子供はびっくり。
説明とか諸々子供には分かりにくい所が多数あったと思うけど、恐竜があんだけ動いてくれれば大満足でしょう!!!
高めのチケット大人10,000円強、子供ですら9,000円強、払ったかいもあったってもんだぜ。

写真撮影OKだけどフラッシュ厳禁、動画の撮影もダメ…だけど結構フラッシュ見えましたね。
更に、携帯で写真撮ってるように見せかけて実は動画とか…かなりありそうですね。
この辺の規制ってあいまいなのかな?
でもうちの前の席にいた若い2人組みの女の子達、きちんとルール守っていましたよ。
携帯で写真は撮っていたけど、動画は撮ってなかった。
覗き見…でもみえちゃったもんは仕方ない。
こういう場でのルール違反って意外と年配の方に多い気がする。

まぁなんだかんだで、この舞台は面白いので機会があるなら是非行ったほうがいいです。
できるだけ前の方の席がおススメ。
おススメって言っても、もう良席は売り切れだろうけど。

写真とか撮らないなら当日販売でも雰囲気は味わえますよ。

是非是非。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>











スポンサーサイト

Posted on 2013/08/16 Fri. 00:06 [edit]

category: 記録

thread: 演劇・舞台 - janre: アイドル・芸能

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1032-d3965e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ