ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

モコ、エアバッグ警告灯消えず、クラクション鳴らず  

数日前に気付いた事で、うちの車のクラクションが鳴らない。

うちの車は日産モコ(SA1)で、2006年フルモデルチェンジと同時に買ったので、もう8年目。
まぁ徐々にと言うかなんと言うか、ボロが出てきてもおかしくは無い訳です。

で、数ヶ月前、確か今年の2月か3月頃ですね、フロントパネルにある「エアバッグの警告灯」が点きっぱなしになってしまいまして。
普段はエンジン始動時に点灯したあと数秒で消えるのですが、ずーっと赤々と点きっぱなし。
エアバッグの異常は命にかかわる大問題なので、すぐさま販売店へ行ってみてもらいました。
すると、
「配線が断線しているのでXXXXX(部品名覚えていません)を交換しなければなりません。」
しかも値段が50,000円超。
なに、そんなにするのか!!!!

エアバッグは命にかかわる大問題だが、突発的な50,000円は家計にのしかかる死活問題。
「現状で事故時にエアバッグが出るかどうかは不明です。」
出る方に掛けて未修理。

とそんな事があった後に今回のクラクション鳴らない故障。
モコのホーンの位置を確認してみると、たぶんフロントグリル外せば簡単に交換は出来そう。
でも隠しネジがイマイチわからず、あと奥方から早く直してもらうように言われたので、まぁ自分の金を裂く訳でもないので早々にイエローハットへ向かいました。
ディーラー行くよりも安いと考えて・・・。
しかし、想像よりも高かった。
ホーンの交換をお願いしたところ、部品代込みで18,000円。
ホーンは2,000円だから・・・工賃16,000円?
そんなにするの?
いくら家の金とは言え、18,000円なら自分でやりますよ、多少手間取ったり傷が付くかも知れないけど・・・。

とりあえず、その場は退避してコンビニへ。
そして駐車場から日産のお店に電話してホーンの交換だけなら幾らしますか?と訊ねたところ、
「単純にホーンの交換だけで済むなら6,000円~7,000円くらいでしょうかねぇ。」
なんだよ、ディーラーの方が圧倒的に安いじゃないか!!

という事で、直近の日産のお店へGO。

エアバッグの不具合の件も含めてクラクションが鳴らない旨説明してみてもらいました。
結果、ハンドル内部の部品の損傷により、クラクションとエアバッグの異常が感知されていると判明。
しかも修理費20,000円也。
以前の店で見積もってもらった50,000円はいったいなんなんだ?
店舗によって腕の差が出るのかな?
でもそんな差が出るのならディーラーに持っていくのすら怖くなるな・・・。
安心安全のディーラーだから民間よりも高く払ってるのになー。

ちなみに今回の不具合の原因というか、交換部品は「エアバッグ スパイラルケーブル」の交換だそうです。
うーん、言葉の意味は良く分からんがとにかく解決順風満帆。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




















スポンサーサイト

Posted on 2014/06/29 Sun. 23:43 [edit]

category: 愛機NZ250と我が家の乗り物の話

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1078-66dad8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード