ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

八千代伝酒蔵 「八千代伝 熟柿」  

前回の「八千代伝 ひとつきはん むろか」に続きまして。
今回は同じく八千代伝酒蔵さんの、これまた同じく年一回出荷の限定酒、「八千代伝 熟柿(じゅくし)」。
八千代伝 熟柿八千代伝 熟柿
八千代伝 熟柿 >>>

位置づけとして、八千代伝シリーズでの一番上って事でいいんですかね?
熟れた柿のような甘みを目指して作られたらしいのですが、美味い。
黒麹菌ゴールド、白麹(S型)、白麹(L型)を絶妙に配合して造られた、らしいのですが・・・そういう極々専門的な事は良く分かりません。
まぁ「ひとつきはん」と同じく白黒双方の麹を使用して醸されたって事ですね。

うーん、甘いです、いい具合に甘い。
熟柿、納得。
これなら焼酎苦手組にもおススメできます。
富乃宝山をおススメするような感じでしょうか。
値段は2,570円と、晩酌用には向きませんが、この味でこの値段なら文句なしです。
文句があるならRie ScrAmbleへ。

文句があるなら来なさい! YouTube >>>
懐かしいなー。
元CCガールズ。
タイトルが面白いから、当時結構ネタにしてました。

と、話がずれましたが、熟柿は美味い。
色々ページを見て回るとお湯割りも美味しいらしいですが、ストレートの魅力にどっぷりハマってしまい、お湯割りにするのがもったいない。
ショットグラスに注いで珍しくちびちび飲んでます。

八千代伝 熟柿 裏ラベル八千代伝 熟柿 裏ラベル
裏ラベル クリックで拡大


来年も買いたいな。
いや、まだ酒屋さんに在庫があるならすぐにでももう1本買いたい勢いです。
これ、おススメです。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>
















スポンサーサイト

Posted on 2015/01/12 Mon. 22:37 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1104-d67a020e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード