ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

プラチナ #3776 センチュリー  

今まで使っていたLAMY Safari万年筆がとうとうダメになってしまった。
サファリ
↑これは新品の時の写真。
初めて買った万年筆、2011年の限定カラー「アクアマリン」。
不慮の事故を重ねに重ねて接着したりニブをラジペンで整形したり、交換したり色々やって延命してきたけれど、この度致命的に故障してしまったので、もうどうやっても直らなそう。
ごめんなさい、それから、ありがとうございました。
でも、もういいんです。
何を返してもらおうかしら?
俺の青春とか?

で、新しいのを買いました。
万年筆としては中堅以上の商品となるのでしょうか?
本格派へのエントリーモデルって感じかな?
プラチナの「#3776 センチュリー」。
プラチナ #3776 センチュリー
定価で10,000円。
文具好き、筆記用具好き、強いて言えば万年筆が好きでなければ買うこともないような値段。

#3776 センチュリー 楽天 >>>

プラチナ萬年筆 #3776 ブルゴーニュ 中字 PNB-10000#71-3

新品価格
¥6,350から
(2015/12/13 11:33時点)


Amazonがよりお得かな?

色はブルゴーニュ、ニブはSF、細軟。
プラチナ #3776 センチュリー SF
F、M、とも迷ったけど、柔らかいってことは筆に近いのかな?って事でSFにしました。
が、この細軟ニブ、ちょっと使いづらい、慣れるまでに時間が掛かりそう。

これ買って初めて気づいたのですが、自分は筆圧が強いみたいです
筆が好きなので、筆っぽいのかなって思って買ったたけど、メーカーHP見てみるとSFは筆圧弱めの人が好むらしい。
どうも馴染めない。
Kakuno(カクノ)の方が数段使いやすい。
値段は1/10なのに。
SafariもKakunoも鉄ニブだったのに対し、センチュリーは14金、しかもそれがSFとなると・・・今まで使っていた彼らとはやはり使い勝手が変わってくるのですね。
しかし、調べてみると、プラチナのペン先は他メーカーのそれよりも硬いのが特徴みたい。

庶民は庶民らしく手頃な製品で満足しとけって事か?
まぁ、なんとか使いこなせるように精進してみます。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>

















スポンサーサイト

Posted on 2015/12/13 Sun. 11:09 [edit]

category: コレクション

thread: 今日の出来事 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1152-26c739eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード