ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

色彩雫 小ボトル「月夜」「竹炭」「紺碧」  

万年筆のインクを買いました。
色彩雫(いろしずく)シリーズの小瓶3本セット。
お試しセットみたいな感じ。
「月夜」「竹炭」「紺碧」の使い勝手のよさそうな、オーソドックスな暗色系3本セット。
きれいな白いプラスチックケースに入って、なんだか高級そうな装い。
これはこのままプレゼントにもよさそうです。
ちなみにミニボトル3本セットは全3種類展開中のようです。

色彩雫 いろしずく 月夜 竹炭 紺碧

パイロット 万年筆インキ ミニ iroshizuku 3色セットA

新品価格
¥1,701から
(2015/12/22 22:58時点)



色彩雫 >>>

このくらいの大きさがちょうどいいんじゃないでしょうか?
同じく色彩雫シリーズの「松露」(通常サイズ)が、自分のメインインクですが、4年位前に購入して、まだ半分以上残ってる状況。
だったら小瓶でたくさん揃えた方が楽しそう。

松露

で、先日買った#3776に月夜を入れて書いてみると・・・なんか松露と変わらない。
カクノ(M)に松露、#3776(SF)に月夜を入れて書き比べ。
なんだ?全然変わらない・・・と!
太さが全然違うから一概に比較はできない…?のか?
書いた直後は同じように見えて、乾くと、あぁ、なるほど、違いが出てきますね。

ただし、一般的には松露が緑、月夜はより青に近いと評されているようですが、インクフローの違いもあるのかな?
太字の松露は濃紺、群青といった感じに見えます。
確かに、サファリのEFで書いた後の松露は緑がよく見えたような覚えがありますが…。
ちなみに紙はロディアです。

次回以降、比較画像でもアップしてみます。


こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>








 

スポンサーサイト

Posted on 2015/12/22 Tue. 23:01 [edit]

category: コレクション

thread: 文房具大好き! - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1155-35d47f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード