ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

チョイノリ、オイルあふれる、カウル割れる  

チョイノリ、公道走行可能な最遅バイク(らしい)。
鈴菌感染度Bの純国産原動機付自転車。
私の通勤を助成する心強いやつ。

先輩が使っていないというので、喜び勇んで頂いてきて早9か月。
月に一度のオイル交換、フルスロットル禁止、などを忠実に守り、今まで順調に公道を走行し車の流れを阻害し続けてきたこのチョイノリに異常が。

先月末、毎月恒例のオイル交換した際に、まぁ入れすぎたかなとは思ってはいたんですが。
でもほら、潤滑油なんだから多くても問題ないんじゃない?少なければ問題かもしれないけど。
これが素人考え。
甘かった。

オイル交換後の初出勤時。
今まではキック一発始動…とまではいかなくても、初動に関してはそこそこ優秀な成績のチョイ君がだだこねてしまい、十数回もキックの鬼。
沢村を超える。
そのうち真空飛びひざ始動とか新しい技を考えて世間を騒がせてやろう。
やっとかかったエンジンだが、駅までたった2.2kmの道のりに耐えられずにエンスト2回。

駅に着き、電車に乗って仕事して、また地元の駅に着いての帰宅時。
チョイ君、オイル漏れ。
明らかなオイル漏れ。
キックしても朝よりも掛からないエンジン。
やっと掛かってくれはしてものの、帰宅までにエンスト1回。

まぁ昨日のオイル入れ過ぎが原因なんだろうと、この時点では思っていましたが。
自宅に帰ってネットでGO。
検索結果。
オイルは入れすぎると必要以外の場所に回ってしまい、その結果エンジンに不具合が生じるらしい。
対策・オイルを抜いて、再度適量のオイルを注入。
これで直ればOKだけど、最悪修理になっちゃうかも…。

で、翌日オイル交換実施。
5kmも走らないうちにオイルを抜いたのは初めてですが…これが入れ過ぎた為の異常なのか、これで正常なのかは分かりませんが、1日前には半透明だったオイルが、ミルクティー、カフェオレ、モカ、そんな色になってました。
こんな感じです。

チョイノリ オイル
帰宅後、睡眠中もオイルは漏れていたみたいです。


いつも(1か月使用時)は真っ黒、暗黒色ですが、今回のこれはどうなんですかね?
1日使用ではこれが普通なのか、今回オーバーオイルの為にこの色なのか…?

まぁ対処後今まではいい子なので、とりあえず今回は難を逃れた感じでしょうかね。

で、難を逃れて順調にいた矢先、先日の強風。

駅前に駐車していたチョイ君は無残に倒れ、、ちょうど横にあった宴席で拍手喝采酩酊乱舞、ではなく、縁石の端っこに当たってしまいフロントカウル損傷。
完全に欠けました。
乗れるけど、みっともないのでカウル交換する予定です。
ヤフオクで探しています。
うちのチョイ君は黒だけど、うーん、そうね、色でも変えてみようかな?
水色とか緑とかなかなかいいんでないかしら?
あと、サイドスタンドの追加も検討中。
駐車中の風にはセンターよりもサイドの方が有効だろうて。

まぁ色々考えてはいるけれど、いつ実行に移すかは神のみぞ知る。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>












スポンサーサイト

Posted on 2016/04/20 Wed. 22:33 [edit]

category: 愛機NZ250と我が家の乗り物の話

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1166-4ed7b259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード