ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

今井浜海水浴場   

夏の旅行の2日目。
旅のメインである海水浴へ。
東伊豆より南のエリアではお盆過ぎてもクラゲが出ないらしく、それが今回伊豆へと旅立った最大の理由でした。
8月下旬に夏休みがもらえたから。
子供は絶対に海に行きたいと言い続けていたから。
そんな理由で前日宿泊の山頂から海まで下って今井浜へ。

会社の同僚に下田大浜の目の前に実家がある人がいるのですが、その人のおすすめは「外浦」。
下田は賑やかすぎるので、子供連れなら絶対外浦がおすすめといっていました。
で、はじめは外浦へ行こうと思っていたのですが、外浦海水浴場は自分らが海へ出かける日にはすでにライフガードが撤退済み。
安全確保ができませんで、諸々調べて、前日泊の山の上からほど近い今井浜へ行く事になりました。
(前日にお世話になったペンションの方が話すにも外浦はおすすめらしい。
 台風が来てても波があまり立たないんだとか。
 また最近超人気のリヒゾ浜はトップシーズンでは早朝5:00から並んでいる人もいるほどの盛況ぶり。
 リヒゾ浜とは違うけど、田子瀬浜でも楽しいですよ、と言っていました。)

今井浜海水浴場は水質AAという最高ランクの評価。
とは言え、環境省のページを見てみると、相模湾側では、熱川付近~南伊豆までは全てAAランク。
綺麗なんですね、伊豆の海は、と思いきや、全国の水浴場(海・川・湖)の実に59%がAAランク。
ありがたみが薄れつつある。
ちなみに湘南付近はBもしくはAランク。
あれでもAなのか。

今井浜 全体図

旅行前に今井浜について色々知りたかったのですが、なかなか思うようなページに行きつけませんでした。
ので、今井浜海水浴場情報を記しておきます。

今井浜海水浴場は遠浅の砂浜+岩場で構成されています。
海水浴場の中央に岩があり、南北に砂浜を分断しています(上図参照、クリックで観光協会HPへ)。
伊東側の端も岩場です。
うちはこの伊東側の隅っこにテントを陣取り。
我々が行った日は台風の余波で波が高く、岩場付近は立ち入り禁止となっていましたが、通常であれば海の生き物などが見られたりとれたりするそうです。
その伊東側のビーチには海の家が4件+屋台?みたいな店、だったはず。
通常同じビーチ内では食事の値段等均一かと思いきや、意外にも値段はまちまちなのでよく見て買いましょう。
ビールの値段も100円違う。
また4件の内の1件は2016期間限定で営業しているおしゃれな海の家。
夜にはバーになったり、2階に有料の特別休憩所があったりするらしい。
前述の浜中央の岩の近くにあります、ありました。

岩を隔てた下田側はちょっとのぞいたくらいで良く分からなかったけど、海の家は2件はあったような。
今井浜で行われる夏場の子供向けイベントはこちら側で行われるようです。

岩を隔てた双方に各1か所、ライフセーバーの監視所があり(地図上のタワー)、健康的な日焼け野郎が海の安全を見守っています。
監視範囲の割には結構重厚な人構えでした。
我々が陣取った伊東側ビーチには(広いとは言えない監視範囲に)常に3人くらいが待機していて、浜辺の見回りをしながらお客さんに声をかけたり諸々やってくれていました。
子連れにとっては非常に安心感がありあますね、いや、ホントに安心します。

伊東側の浜からちょっと歩いたところに「船戸の番屋」という、海鮮BBQなども出来る食事処があるのですが、いざ昼食に行こうと思ったら水着での入店不可との事だったので、残念ながら断念。

さて、海水浴場にまさに面して2つの大きな旅館、ホテルがあります。
「東急ホテル」と「今井壮」です。


                                                                           

 
ここに宿を取れば海の家を利用することなく宿から直で海へ、行けるのかな?
泊まってないから分からないけど。
徒歩1分、表現によっては0分です、極近。

うちは海岸から道を隔てたところにある「かね吉一燈庵」に宿泊。
前述2館よりは多少海への距離は遠いけど、それでも歩いて5分くらいか?
辛く見積もっても7分、あれば砂浜に付くでしょう。
宿泊日のチェックイン前に駐車させて頂きまして、更衣室で着替え、更に荷物も預かってもらえ、海水浴後のシャワーもホテル駐車場脇に設置。
シャワー後はそのまま部屋までどうぞっていう、至れり尽くせりの対応。
着替えもそこで済ませたので、海の家料金+駐車料金が節約できました。



料理が美味い、館内は非常にきれいで古さは感じられない。
部屋も広いし、結構大きめの冷蔵庫もあり。
大浴場+露天風呂があり。
露天風呂は朝は自由に入れるけど、夜は予約制の貸切風呂。

金目鯛のしゃぶしゃぶかぁ、あれ美味かったなぁ。
金目の煮つけも出たし、アワビも1人一個、値段から考えたらものすごいお得感。
トップシーズンを外せばこんなにお得に泊まれるものなのですな。

今回の今井浜、大正解でした。
前述の通りに、全国の6割が水質AAとなっていますが、今井浜の海は明らかに透明度が高く、更に浜にはゴミが全くない。
岩場とビーチと両方あるので、特に子供向け、ファミリー向け。
派手な若者が少ないのもいいところかな?
いやー、いいですね、伊豆、今井浜。

まぁ来年以降行く方の参考になれば幸いです。
非常におすすめ。





こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>












スポンサーサイト

Posted on 2016/09/08 Thu. 11:27 [edit]

category: 記録

thread: 夏の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1177-67de2c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード