ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

ペンギン・ハイウェイ  

森見登美彦さんの作品が好きです。
2~3年前に「四畳半神話大系」を読んで以来、ぽつぽつと作品を読んできましたが、先日「ペンギン・ハイウェイ」を読了しました。
これ、すごい面白い。

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

新品価格
¥691から
(2017/1/14 22:44時点)




今まで読んだ大半はコメディーチックな作品だったけど、これはまた別感覚ファンタジーで非常に面白いです。
かなりおすすめ。
少年の最後のセリフはなんだか感動してしまった。
そんなに大それたことを言っている訳でもなかろうに…。
いや、面白かった。
なんとなく、「カクレカラクリ」を思い出しちゃいましたね。

カクレカラクリ An Automaton in Long Sleep (MF文庫ダ・ヴィンチ)

新品価格
¥700から
(2017/1/14 22:45時点)




で、次は「有頂天家族」を読んでみようかなーって思っていたら、「四畳半神話体系」のアニメが再放送するとの情報が舞い込んだ。
四畳半…のアニメ版は原作を読んだ後にその存在を知ったけど、知った時には既にアニメ放映は終わっており、動画配信サイトの無料サービスで第1話だけ見たことがある。
なんとなくイメージと違っていたのでまぁお金払ってまで全話見ようとは思わずそこで止まっていたけど、再放送するというのならばもちろん見たい。
というわけで毎週録画中です。
そして、なぜ今更四畳半…が再放送なのかというと、なんと「夜は短し歩けよ乙女」が映像化!しかも劇場版!!
その布陣として、布陣とは言わないか、まぁそういう感じの企画。
公開は4月らしいが…すごく見てみたい。
夜は短し…・も面白かったから、コメディーでファニーでファンタジックという森見作品を堪能できますから。
累計120万部のベストセラーらしいです。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2017/1/14 22:46時点)




しかし、ライトノベルのジャンルでもないのに、森見作品のアニメ化率の高い事!

アニメ版、李白の車とかどういう風になるのかしら?
とりあえず、劇場版を生きる糧として4月までは生きていけそうです。

あー、傷物語見るの忘れてた、いつまでやってるのかな?





こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>







スポンサーサイト

Posted on 2017/01/14 Sat. 22:48 [edit]

category: 記録

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1192-55d2639b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード