ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

タイガー 蒸気レスポットの今昔  

前回記事の通りに、家電の入れ替えを行いました。
その中の一つが電気ポット。

今まで使っていたのは約6年前に購入したタイガーの蒸気レスポット「PIA-A300」商品名「(蒸気レスVE電機まほうびん)とく子さん」。
当時、完全蒸気レスなのはこのブランドだけでした。
(たぶん、今でも完全蒸気レスはこれだけ。)
蒸気が出ると壁紙とかがね、室内が劣化しちゃうから。
更に省エネで、何といってもデザインが秀逸。
そんなこんなで大活躍だったとく子さんですが、液晶画面に水が入り込んでしまい、表示がよく見えない。
そして新型購入の数日前に突然電源が入らなくなるハプニング。
まぁコンセントの抜き差しを数回繰り返したら直ったけど、今回の家電まとめ買いの勢いで新しいのを買いました。
経年劣化で内部も大分白く汚れてきていたので。
後継機種である「PIM-A300」です。

PIA-A PIM-A
左「PIA-A」 右「PIM-A」


たぶん大きさとかデザインは変わらない。
旧型が赤黒なのに対して、新型は一種類のみの展開でブラウン(茶色と紫を合わせたような黒に近い色)のみ。
新型では水量窓のバックライトが無くなった。

タイガー蒸気レスポット

新旧の最大の違いは電気が無くてもエアーで給湯出来る事。
流行りのハイブリッド方式ですね。
とは言え、うちとしてはポットを持ち歩くことも少ないのであまり重宝しそうにない機能です。
停電になったら相当便利機能ですね。
また節電機能も進化しているので、省エネ率は以前よりもアップ。
プラグを抜いてから2時間経っても90度をキープ!
あと、お湯の出る量が2種類選択出来て、更にキッチンタイマーが付いた。

まぁ諸々の機能が進化していますが、うちで欲しかったのは「蒸気レス」と「デザイン」。
あとはおまけみたいな機能かな。
省エネに関しても他社と比べてもあまり違いが判らなかった(もちろん旧型よりは良くなってる。)。

まだ使用して間もないけど、基本動作は旧型と同じ、というかポットなんて別に使い方に知識は要らないか。
使い勝手もほぼ変わらずなので今まで以上の活躍に期待します。

ちなみに、説明書も本体デザインと同様にほぼ変わらず・・・。
説明書

ちなみにちなみに、購入価格は16000円也。
月末押し迫ればもう少し安くなったかな?



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




スポンサーサイト

Posted on 2017/03/28 Tue. 23:18 [edit]

category: 一軒家購入記+電化製品+家具

thread: デジタル家電・AV機器 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1195-3a0f1df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード