ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

丹頂を返せ!!!  

前回記事の通りに、東錦を猫野郎に奪われました。
悲しみを乗り越えて、さっそく新たな仲間を迎え入れることに。

こどもの日イベントで錦鯉の卵を買おうかと思っていたけど、結局金魚を購入。
道の駅で、生産者持ち込みの格安品です。
今回買ったのは「丹頂(たんちょう)」という金魚。
丸くて白い体、頭頂部が可憐に赤くて瘤状になっている。
購入後ネットで見てみたら結構オーソドックス、定番的な金魚らしい。
↓うちのではないけど、参考画像です。




そう、なぜうちの金魚の画像を使わないのかというと、購入から2日後、また猫にやられていなくなってしまった。
もうなんというか、悲しいよりも頭にきて、でも当たり所がわからない。
猫も本能的に動いてる訳で、結局の所
「自分の不徳の致すところでございます。」
だけど…うーん、憤懣やる方ないこの怒り、どうしてくれよう?

詳細。
前回と同じ場所に同じ水槽にて飼育開始。
同時購入のパンダスケルトン(メダカ)と混泳で0.5%塩浴。
横に並ぶ白メダカとみゆきメダカの水槽も含めて寒冷紗を4重くらいに重ねて中が全く見えないようにして、更に蓋の上には重しとしてレンガを2つドーンと載せて対応。
↓寒冷紗ってのは野菜を害虫やら冷害から守るカバーの事です。



同じ場所に置くという事で一握の不安はありましたが、屋外用電源がそこにしかないので致し方なく…。
というか、まさか猫が学習能力を発揮して何度も来るとは思ってもいなかった。
飼育開始から一夜明けた朝はなんの変化もなく白い布に包まれた水槽群。
翌日、夜勤から帰ってみると、寒冷紗が散らかされ、外掛けろ過機(塩浴中なので無可動)がばらされてフィルター破損・散在、エアーレーションも地に落ちて、そして…水槽の中には2匹いた丹頂が所在不明に。
でもパンダスケルトンは4匹全て無事でした。
きーっ、悔しい~!!
レンガ2個でもダメなのか??

この惨状を見た時点で悲しみは怒り、そして情熱へと変換、たぶん永井豪先生が力を貸してくれたのだろう。
この思いが冷めやらぬうちに行動へ…。
速攻で一昨日行った道の駅へGO。
そしてまたまた丹頂を購入。
別種の選択も有りだったけど、昨日までの水槽の残像が心に残って、長考した結果、結局丹頂×2匹・800円也。
そして帰宅後、水槽は屋内に設置。
玄関、現在塩浴中。

まだ夏前なので問題ないが、うちの玄関にはありがたい事に日が良く入るので夏になると水槽内の水が高温になってしまう。
今は大きくなって屋外飼育になっているクサガメも初めの一年はこの玄関で飼ってました。
夏になるといつも石の上に上って縮こまっていたので
「日光浴が好きなんだなぁ~。」
って思っていたら、水が高温になりすぎて入っていられなかったらしい。
人間の指を突っ込んでも明らかに熱かった。
すまねぇ、亀君。

そんな訳で夏になる前に何か対策を打たねばならん。
くそ、猫さえいなければこんな事には…!!!




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>





【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら








スポンサーサイト

Posted on 2017/05/08 Mon. 23:13 [edit]

category: 記録

thread: 淡水魚 - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1198-b86a38ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ