ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

2017夏 ハウステンボス④ 夜テンボス  

タワーシティ内「とっとっと」にて夕食(H.I.Sクーポン利用)を済ませまして。
自転車を置いて、いざナイトクルーズ乗り場へ。
まっすぐスタスタと歩けば15分しないで着きそうな距離ですが、諸々寄り道しながらの道程。

途中「太鼓の達人プロジェクションマッピング」にて順番待ち。
間の悪い事に、列に並んだ10分後にマッピングショーが挟まれるとの事で結局30分くらい掛かったのかな?
ここで思った事2つ。
太鼓の達人は観てる方はキレイだなーとか、でかいなーとか感心するけど、プレイヤー自体は普通のゲーム筐体でやってるだけですからね。
映し出される特大映像を観るのは本人以外のみんなだけ。
まぁそれでも子供は楽しそうでしたけど。
HTB 太鼓の達人

そしてHTB来て初めての3Dマッピングショー!
記念に録画しましたが…録画する必要はないですね。
つまらないとか期待外れとかではなくて、カメラを撮るのに手いっぱいで肉眼で楽しむことが出来ない。
(三脚持参で行けばいいのかもしれないけど…。)
帰ってから映像を再生するよりも、絶対肉眼で見た方がいい。
YOUTUBEとか探せばたくさん動画あるだろうし。

カナルクルーザーの最終が21:45らしいのでそちらに向かいます。
途中ロボット館で「バトルキング」を。
さすがにこの時間、館内ガラガラでだれも居らず、すぐにプレイ出来ました。
が、このロボットの操作はムズカシイ。
家族3人でぐるぐる回って大したことも出来ずに終了。
はい、1500円…(500円×3人)。
日中来て館内の他の見世物見た方が良かったな。

さぁいよいよ時間が迫ってきたので速足でクルーザー乗り場へ。
そして搭乗。
最終便なのでうちも含めて3組だけ。
これの一つ前の便だともう少し混むらしいです。
一つ前の便はドムトールンから更に乗り継いで、また現在の場所に戻ってこれるので、場外泊の人々が多数乗っているという。
今回乗る最終便はドムトールンまで行っておしまいの便なのです。

しかしなぁ、やっぱりHTBは夜が見せ所なんでしょうなぁ。
ライトアップ、ライトアップ。
クルーザーが出発して、光る街並みが非常にキレイ。

風車が光る。
HTB 風車

観覧車が光る。
HTB 観覧車

川底が光り、噴水も光る。
HTB 光るクルージング

ドムトールンも。
HTB ドムトールン


迎賓館だって光るぜ。
HTB 迎賓館

すげ~、大満足、これがハウステンボスか~!

ディズニーの夜の街並みとかパレードとはまた違う部類でのファンタスティック、メルヘンティック。
ディズニーのパレードの時には
「まだ終わらんのかね?」
などとこぼしてしまい、奥方から叱咤されたけど、今回は
「あぁー終わっちゃった。」
って感じで後を引きました。

自転車を回収してホテルへ向かいます。
22:00過ぎてるのに園内には結構人が見られます。
まぁ場内ホテル泊ならば時間は気にならないか。
翌日気付くのですが、恐らくはプロジェクションマッピングの見学帰りの人々が多数だったのでしょう。

ホテルと間違えて「パレスハウステンボス」に来てしまいUターン。
道分かんねぇ。
後から考えれば、少し停まってライトアップを見とけば良かった。

ホテルに着いてフロントで缶ビール買って。
アルコール自販機は無いようでした。
ウォーターマークホテルでは「プレミアムモルツ」「スーパードライ」「一番搾り」のどれも同価格400円。
あと缶チューハイもあったけど値段は覚えていないです。
ビールよりは安かったはず。

慣れないユニットバスでシャワーを浴びて、息子は速攻で夢の世界へ。
奥方もその後を追い。

そして一人でビールタイムだったのですが、一部屋しかないのでテレビも見れない、音も出せない状況なので、園内マップを睨みつけながら明日の予定を考えつつ、感謝の1杯を頂きながら眠りにつくのでした。

明日は海上ウォーターバークが待っている。

続く。




こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>




【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら









スポンサーサイト

Posted on 2017/08/10 Thu. 14:10 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1203-92d5cb25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード