FC2ブログ

ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

2017夏 九十久島③ 海きらら  

既に旅行後2ヶ月半程経過。
そろそろうろ覚えのシーンもまちまち、で、あろう。
訪問者数は極小の弱小我がブログですが、まぁ、何というか、一度始めてしまったので途中退場も後味悪いので、そんな意味合いで夏休みの記事を完結させる意気込みです。
「俺たちの戦いはまだ続くぜ!」的な意識だが、そのセリフは番組終了宣言ではないのです。
そうね、その場しのぎ。

では、続き。
炎天下の下、シーカヤックに乗って、涼しい店内に入るも熱々ラーメンを食べて。
更には遊覧船の甲板にて日光浴。
(とっても良かったけど)早く涼しい屋内に入ろうぜ。
子供は元気だけど、中年には過酷です。

そして水族館「海きらら」へGO。
海きららは中規模の水族館でしょうか?
中の上かな?
八景島とか大洗、福島よりは小さ目・・・と思っていたら?
あら?
意外と同等クラスだったのか?

水族館特集記事 >>>

全国水族館ランキング >>>

この水族館の目玉は、イルカのキャッチボール。
日本でここだけ!
世界では、どうなのかな?
とにかくイルカのキャッチボールが目玉イベント。
イルカのキャッチボールとは、

片方のイルカが口にくわえたボールをジャンプして空中で放り投げ、相方のイルカがそれを噛み取る(?)!!!!
高速です。
野球での、ピッチャーとキャッチャー、そのくらい速い。
で、我々が見た回は成功していたけど、アナウンスによると、そこそこな確率で失敗するみたい。
失敗すると、観客に被害が及ぶらしい。
…まぁ、ボールが飛んできて、無防備に当たれば怪我もするさな。

YOUTUBE >>>
…こうして見るとあまり高速には見えないが、スタンドから見るとほんの一瞬でボールの軌跡を追うので精一杯。
奥方は写真に収めようとカメラを構えたばっかりに、何も見えずに終わったらしい。

その後、イルカによる水掛けサービス。
大量の水が掛かるので要注意、水から体を防護するビニールシートが配布されますが、
「一応ビニールシートを渡しますが、効果はないと思ってください~。」
との事。
確かに、びしょびしょ。
座っていた席はスタンドの上から2段目、ほぼ最上段だったのにイルカ野郎がバッチャンバッチャン暴れるので(暴れてくれるので♥)範囲の限られた防水ビニールでは守り切れず頭と腰下はそこそこ濡れてしまいました。
息子(俺よりも2段下)に限っては、わざとビニールを外して頭頂から靴まで濡れてしまい、隣の人から「大丈夫?」と心配されてました。
ちゃんと水を防げ、水が好きなのはわかったから。

このイルカショーがすごい楽しくて、たぶん今まで行った海洋生物のショーの中でイチバンではなかろうかと思うくらい。
水掛けショーの水のかぶり具合、MCの進行具合、いやー楽しかった!!!
・・・が、しかし、キャッチボールは海きららだけらしいが、
「イルカショーでの水かぶりは結構ありますよ?」
と同僚に教えられました。
そうなのか~?
海きららはビニールシートだったけど、アクアパーク品川なんかではカッパを着るそうな。
まぁ、楽しめたから良し。
家族みんなで大笑いで過ごせたのはとてもいい体験かと。
小学生高学年ともなるとそろそろ独り立ちしたくなっていく頃かもしれないし。
家族旅行、いつまで行けるのかなぁ。
反抗期とか諸々。
・・・おぉっと、感傷的になってしまいました。
取り敢えず「海きらら」で、更に「月火水木金魚展」で30分程過ごして、お土産買って、さぁ宿へ向かいます。







こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>







スポンサーサイト

Posted on 2017/10/09 Mon. 12:25 [edit]

category: ハウステンボス・九十久島

thread: 九州の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1214-211a3164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード