FC2ブログ

ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

天体望遠鏡 アトラス60  

天体望遠鏡を購入。

子供の教育に役立つという名目で。
子供も興味を示しているけど、実際には俺が欲しかったのです。
宇宙が好きなのです。

中学生の頃に買った反射式の天体望遠鏡、口径115㎜で赤道儀架台、定価110000円超がホームセンターで30000円強の激安価格で売られてました。
おそらくこれです。→ケンコー フレンドSKYCORE M115R (天体望遠鏡博物館)
使用不可と分かった時点で即廃棄してしまったので写真には残していませんでした。
きちんと箱にしまって大事に保管してあったのですが。

定価というのがどういう風に決められたのかは今となっては不明ですが、でも当時は天体ブームだったのかな?新聞の折り込みチラシには結構な頻度で(このくらいの割引も含めて)天体望遠鏡が出ていたように思います。
主にホームセンターチラシでしたが。
で、冬空の下、恐らく初心者向けと言われる天体は結構見ました、見えました。
土星の環や木星の大赤斑が見えた時にはそれはそれは、楽しかった。
うん、感動はしなかった。
取り敢えず理論通りに赤道儀を動かしてそこに惑星があることが嬉しかった。

去年、実家でこの天体望遠鏡を見つけて、子供にも見せてやろう+久方ぶりに星が見たいという事で我が家に持ち帰ってみたものの…反射鏡が錆びてしまっていてまともに見れない。
天体望遠鏡って手入れをしないとダメらしいです。
そんなの知らなかった。
そう言われればまぁ当然なのかもしれないけど、そう言われなければそんなの気にしない。

まぁそんな経緯で今回買ったのはスコープテックという日本のメーカーの天体望遠鏡。
「アトラス60(ろくまる)」です。
「小学校3,4年生が、大人になっても使い続けることを考えて企画されました。大人の初心者にもおすすめ。」
と、いう事です。
まぁ色々と天体望遠鏡について調べてみて、ビクセンよりも格安で入門編の上級機種といった感じのこちらに決めました。
アトラス60
アトラス60


屈折式です。
一般的に思い浮かぶ家庭用天体望遠鏡でしょう。
品質に非常にこだわっているそうで、レンズも国産だそうな。
ビクセンとかは基本中国産らしい。
国産のへのこだわりが本体に貼られたラベルにも現れています。

アトラス60

そして今回は見て満足だけでは終わらないように、とりあえず写真を、ね。
コリメート撮影、簡単に言えば、接眼レンズ越しにカメラを当てて天体を撮るって事。
カメラと望遠鏡をドッキングするわけじゃなくて、望遠鏡の接眼レンズにカメラを近づけて撮影。
最近流行ってる?らしく、スマホなんかでもかんたんに撮れるみたい。
しかして我が家にはスマホがない。
なので、デジカメを使っての撮影です。

で、手始めに撮ったのが月、これです。
月 コリメート
初めての割にはなかなかよく撮れたのでは?
自己満足。

iso、F値等諸々変えてみて、その時撮った中でのベストショットです。
しかもカメラは手持ちで固定。
本当は望遠鏡に繋がる固定器具が売っているのですが、まだ、どこまで続けるか分からないので、今回はとりあえず撮れればいいやって事で。
(デジカメ固定用のアダプターが6000円なので…うーん、貧乏人には軽くイエスは出せない…今後使い続けるかかどうかもわからないし…。
スマホ用のアダプターならば3000円もしないで買えます。)

固定器具を買って露出時間を増やせれば、もっと有意義に天体撮影が可能なはず。
自動追跡までするつもりはないので、ささやかな有意義ではありましょうが。

しかして、この写真が3月末の撮影。
その後、木星、土星と見てきたけど、もう、全くうまく撮れない。
器具なしでのコリメート撮影の限界か。
それプラス、口径60㎜だとこの程度なのか、な?
前述の115㎜の時の方が格段に良く見えた気がする、記憶の中ではそう思います。

出勤形態の問題で、ちょうどいい時期に空が見られない、もしくは曇りか雨か嵐(色々な嵐)。
3月中旬に買ってからまともに向き合ったのは恐らく10回もない。
今は土星と木星が見える時期、更に月も欠けていて観察にはもってこいなのですが、今日は曇り、明日以降は仕事。
帰宅後の深夜に雨戸の開け閉めをするとうるさいので可愛い奥さんに怒られてしまいます、当然ですが。
冷めないうちにある程度の成果は残さねば…。

ちなみに子供は既に興味なし。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>









スポンサーサイト

Posted on 2018/07/10 Tue. 00:25 [edit]

category: 記録

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/1227-a40a7138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

アサヒ軽金属

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード