ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

どぶろく9日目 とにかく試飲!  

今日も結構暖かい日で・・・でも、やっぱり室内はそこまで暑くない。
でも、デリケートなどぶろくには微妙な温度変化が命取り・・・なの?
今まではそんなこと無かったのに。

さぁ、とりあえず今日は試飲です。
これ以上待っても改善の可能性は少ないと見込んで、とりあえずは現段階を知っておかねば。
次回の成功に役立てねば!

よしゃ、写真です。
もちろんクリック拡大方式をとっております。
どぶろく9日目 横どぶろく9日目 横
どぶろく9日目 上どぶろく9日目 上
どぶろく9日目 かき混ぜ後 横どぶろく9日目 かき混ぜ後 横
どぶろく9日目 かき混ぜ後 上どぶろく9日目 かき混ぜ後 上


ね、見た目はあまり変わらないわね
いつも通り、内蓋は膨れ上がっておらず、でも表面からゴボゴボ発泡しているって事は醗酵は進んでるって事ですよね。
味、香りとも、昨日の感想とさして変わらず。

さて、試飲行きますか!!

こちらが、2006年度第一回目のマリポーサの9日目です。
どぶろく 試飲


見た目は毎年仕込んでいるマリポーサ(わらわが作ったどぶろくはこう呼んでいます。)と変わらず。

さて、試飲の結果・・・美味しくないです
やっぱ苦味が出てるなぁ。
なんでだろ。
アルコールはきっちり生まれてます。
でもやっぱり味がぁ・・・。
胸(胃)は熱くなるけど、鼻からの息を止めてないと呑み辛いのよん。

例年のマリポーサは若干甘さ(酸っぱさ)を残していて、酒が苦手な人には
「ただのアルコールじゃねぇか」
などと言われたこともありましたが、わらわに取ってはカクテルみたいなもの
特に味的にはあまりアルコールは感じず、ちょっと甘めの美味しい飲み物だったのに・・・。

よりによって、ブログに公開した初めてのどぶろく造りが初めての失敗どぶろく造りになろうとは・・・無念。

でももしかしたら、これが本当の成功で、今まで作ってきたのが失敗だったって事は・・・?

まだあと5日くらいは日々期待しながら熟成を待ちます。



FC2blogえぇい、失敗は成功の前段階よ
にほんブログ村 酒ブログへこんな事でどぶろく辞める訳にはいかねぇのさ
BlogRankingKG 職業:どぶろく!!


こちらホーム(最新)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸いよ♡♥
その他のみんなも是非



今日の焼酎!!

黒瀬杜氏入魂!「黒壱 原酒」38度1800mL黒瀬杜氏入魂!「黒壱 原酒」38度1800mL 今回30本だけ入荷
★伝統の技法を受け継いだ黒瀬杜氏★
明治初年に薩摩半島南西部海沿いの町、鹿児島県川辺郡笠沙町黒瀬の地に生まれた焼酎技能集団南薩摩をはじめとする各地の蔵で活躍し、九州はもとより全国各地へと出向き、杜氏・蔵子として焼酎を作っています。
その黒瀬杜氏の手によって蔵独自の酵母を使用し、黒麹を使って、常圧蒸留ですることにより原料の個性を引き出しています。
蒸留後のそのまま、水を一滴も加えない、いわば「黒壱」の原点の味わいといえます。
度数を感じさせないまろやかさ、原酒ならではの深みのある味わいをストレート、オンザロックでじっくりと味わってください。

黒瀬杜氏とは杜氏、つまり酒を造る人(厳密には様々な役割があり、酒造りの責任者みたいな人が杜氏です)の派閥?って言うの?流派って言った方がいいか、その一派です。
でも少なからず、苗字が黒瀬。
これは先祖代々黒瀬姓の家で杜氏を継いでいるからなんかしら?
その辺勉強不足です。
誰か教えてください。
黒瀬安光 芋焼酎 28度1800ml【鹿児島】鹿児島酒造(株)黒瀬安光 芋焼酎 28度1800ml

スポンサーサイト

Posted on 2006/11/02 Thu. 22:47 [edit]

category: どぶろく醸造

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/234-a2994bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード