ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

秒速5センチメートル  

新海誠という監督からなるアニメーション映画「秒速5センチメートル」
監督名も全く知らず、たまたまYahoo!のトップページに載ってたので見てみたところ、以外にステキな映画でした。
桜花抄
http://5cm.yahoo.co.jp/sokuhou/index.html

Yahoo!プレミアム会員、Yahoo!BB会員なら無料で試聴できます。
上の画だけみると、なんだか鈴木英人のような具合ですよねぇ。
ぱっと見の印象はそうでした。
でも良く見ると構図はそれに近いけどやっぱり全然別モンでした。

鈴木英人って知ってますか?
イラストレーター?、画家、版画家っていうのかな?
シルクスクリーンでの作品を作成している日本のアーティストです。
わらわが大好きな鶴田一郎の個展に出向いた時に初めて知りました。
たぶん鶴田一郎も鈴木英人もその絵を見れば大抵の人は見たことあるはずの画風です。
http://www.eizin.net/ 鈴木英人HP
http://www.tsuruta-bijinga.com/ 鶴田一郎HP

で、話戻って新海監督ってのは元々は素人で、色々作品を作っていたみたいですね。
で、一念発起して会社を辞めてこちらの世界に来たみたい。
http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/ 新海誠HP

で、今回の「秒速5センチメートル」は3部構成の作品で、その中の「桜花抄」という作品が上記画像の作品。
それを丸々Yahoo!で見れるってのはすごいですよねぇ。
「MEMORIES(メモリーズ):1995年、大友克洋」で言ったら「彼女の思い出」をネットで全国的に流してしまうようなものですよ?
まぁ、監督の知名度やら作品の趣向とかは全くの別物なのでその辺を比べるのはおかしいかもしれませんが。
MEMORIES MEMORIES
大友克洋、 他 (2003/10/24)
バンダイビジュアル

http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=208
MEMORIES解説ページ

「メモリーズ」はオムニバスの空想世界3編、しかし「秒速5センチメートル」は現実を描いた(ノンフィクションとかって訳ではないですよ)つながりのある3編。
そういった意味では1編を流す事で、映画館に足を運ぶ人も増えるかな?

今までこういう現実を描いた恋愛模様のアニメーションは毛嫌いしていた感があったのですが、この映像を見てちょっと興味を持ちました。
「桜花抄」は中学一年生の恋愛を描いたものですが、内容はともかくとして、表現方法がちょっと良かった。
普段なら飽きてしまうこの手の映画。
時間的にも短編という事ですんなりと見終わってしまいました。
画もすごくキレイ。
JR中央線、埼京線、宇都宮線、両毛線及び、新宿駅、大宮駅岩舟駅を利用してる人にはそれを見るだけでも面白いかも。
実に忠実に…というか写真からの取り込みでのCGだろうけど、素晴らしい。
ただねぇ、やはりわらわとして思うのは、風景がものすごくリアルに仕上がってるのに、登場人物の顔はやはりアニメ。
わらわが愛してやまないアニメ映画「AKIRA」「GHOST IN THE SHELL」なんかは背景と同等の人物像です。
AKIRA DTS sound edition AKIRA DTS sound edition
大友克洋、 他 (2002/12/21)
ジェネオン エンタテインメント

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
沖浦啓之、河森正治 他 (2004/02/25)
バンダイビジュアル

その辺のギャップがイマイチ溶け込めない。
その少女漫画風と言ったら誤解を生じるかもしれないけど、現実の風景にアニメーションを重ねたような、そんな写り具合が残念。
だったら同じ新海監督の「彼女と彼女の猫」のように人物の顔は出ないようにする、とか、敢えて猫をデフォルメ化みたいな方がわらわにはしっくりきます。
あくまで「わらわは」ですよ?

そうそう、深海監督の上記作品「彼女と彼女の猫」も無料で放映してまして、そちらも観たんです。
こんな作品を素人の方が、まぁ素人っつってもそれなりの人でしょうけど、プロダクションを噛まずにここまで出来る事にものすごい感銘を受けました。

しかしアニメーションもここまでくるともう単純に「アニメ=オタク」なんてまだまだ考えてる人もそうではなくなりますよね。

宮崎アニメ、スタジオジブリ以外にも素晴らしい秀作が日本では公開されていますので、皆様も偏見無く、まずは観てみましょう!!



FC2blogアニメーションはオタクから芸術へ
にほんブログ村 酒ブログへなんてったって「GHOST IN THE SHELL」はビルボード1位記録ですからねぇ。
BlogRankingジャパニメーションの今後に期待ですね!!!

↑よっしゃ、書き終わったのですぐに寝ます。
 そう、これから夜勤なの。
 こんな頑張り屋に激励のワンクリックお願いします。


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


今日の新海誠!!



そしてこれから発売、秒速5センチメートル。
予約受付中です。


スポンサーサイト

Posted on 2007/02/17 Sat. 16:00 [edit]

category: 記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/291-1c2df2c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード