ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

次回購入予定酒  

そろそろ家にある本格焼酎一升瓶が寂しくなってきましたので、ここらで一発次なるものを購入予定です。
今回もまた珍しい酒を求めて酒の菊屋さんにお世話になろうと思ってます。






芋焼酎界の大吟醸  【すらり】 芋焼酎界の大吟醸  【すらり】 

まずはすらり。前から呑んでみたいと思ってました。菊屋さんの文章がおいしそーに見えてしまって、それ以来「いつかは…!!」と思ってましたが、いつもなんだか他に目移りが激しくて保留保留の連続…。今度は確実に買いますね。芋焼酎の大吟醸…これだけでぐっと来てしまう。日本酒と同じイメージで考えるならかなり飲み易い感じになってるんでしょう。








ぶっとびの旨さに絶句します。限定再入荷。しょっぱな麦ぶっとびの旨さに絶句します。限定再入荷。しょっぱな麦

しょっぱな…初垂(はなたれ)とも言います。
焼酎って極簡単に言えば酒の原料(もろみ)に混ぜ物(芋とか麦とか)して蒸発させたものを液体化したものです。ほんとに簡単な説明ですけど。そして蒸発して出てきた順にアルコール度が違ってきます。初めの方はとてもアルコール度数が濃い。そして
後になるに連れてアルコール度は低くなります。で最後に水を足してアルコール度を調整して出荷となるんです。
その初めの方に出来たもの、それがしょっぱなです。
結構芋の初垂れは聞くんですけど麦のはほとんど見かけなかったんでちょっと呑んでみたいです。








芋焼酎はにがてと言われる方にもok。遠赤焙煎仕込み『東五』芋焼酎はにがてと言われる方にもok。遠赤焙煎仕込み『東五』

こちらは振れ込みの文句が「芋焼酎は苦手な方にも…」。こう言う文句にちょっと弱いんですよね。富乃宝山呑んで以来特に。
どんな味の焼酎なのかかなり期待しちゃいます。








酒米の王様 山田錦で造られた究極の芋焼酎 芋山田原酒 酒米の王様 山田錦で造られた究極の芋焼酎 芋山田原酒 

わらわが大好きな芋山田の原酒です。原酒とは?「しょっぱな」で説明した通りに、焼酎を割り水する前のアルコール度の高い焼酎です。芋山田に感銘を受けてますから原酒はどうなることか…。でも他の種類も呑みたいし、今考え中ですね。

他にもいくつか候補がありまして、月末には、おぅもう月末ですな。月頭には注文しようかと思ってます。
明日、会社が残業なければもう少し購入予定の酒を紹介したいんですけど…明日はきついかなぁ。


何か美味しいお酒、焼酎、日本酒、地ビール、知ってる方は一方頂けるとありがたいです。


FC2blog酒好きは一票投じて~。
ブログ ランキングナビもうすぐHPもリニューアルしますぜ!!
スポンサーサイト

Posted on 2006/02/27 Mon. 22:50 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: お勧め品 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/33-46350c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード