ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

BYOバッグ  

もう今ではこのタイプは売切れてしまいましたが、MoMA(モマ)でこんなバッグを売ってました。

byobag 2ボトル クランベリーレッド


これは何かというと、ワインやミネラルウォーターを持ち運びする為のバッグで、BYOバッグといいます。

MoMAによると…ニューヨークで人気上昇中のデザインチーム、シュワルツとローンのデザインしたBYOは、ワインやソーダ、水のボトルを簡単に持ち運びできるバッグ。
だそうです。
BYOの意味としてはBring Your Ownの略でして、「持ち込み可能」とかって意味みたいですね。
そういうタイプのレストランが海外にはあるんです。
日本では、あまりというか聞いたことないなぁ。
わらわが知らないだけだろうけど。

このバッグ、本当に人気があるみたいで、本国アメリカでは75万個も売れたとかどうとか。
ウェットスーツに使うようなストレッチ素材を使用していて、保冷保温効果があるそうな。
見た目にもオシャレですよね
雑誌にも掲載されたりしてるんです。

で、コレを買いました。
弟への内祝いとして、これにワインを2本入れて贈りました。
贈り物だったので、残念ながら写真はないんですが、なかなかのモノでした。
前述の通りにMoMAでは既に売り切れ(セールが始まっているので、1500円での販売だったから、すぐ売れちゃったみたいです。)だったので、楽天で購入。

色も上の画像と同じクランベリーレッド。
同時に2本用のオレンジを自分の分として購入したかったんですが、在庫切れの為に買えませんでした。

そういえば、他にもこんなラインナップがあります。

で、恐らくですが、ニセモノ、結構出てます。
ニセモノとは言わないのかな?
実際「BYO」というブランドとして確立したものではなく、シュワルツとローンという人が編み出したBYOバッグが売れているという事みたいで、この人達のオリジナルには恐らくBuiltという文字が表に書いてあると思います。
でもやっぱりこの形を考えたのはシュワルツとローンさんだろうから…他のはニセモノって事になりますかね。

中身が何も入ってない状態だと薄っぺらくて、丸めると小さくなるので、中身を呑み終わったら整理も簡単。
ワインを入れるとパツンパツンの状態になりますが、これで安定させてるんですかね、始めは「ホントにこれにワインが入るのか?」って思いましたが、すんなり入りました。
コントレックス ファインブルズの1㍑サイズなら収まりそうです。

中に入れたワインはロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ(近所で購入)とヴィン・サント・キャンティ ルフィナ ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ[1985](BYO-bagと同じ楽天のお店での購入)です。

ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット


ヴィン・サント・キャンティ ルフィナ ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ[1985]


ワインはよく分かりませんが、ロジャー・グラートはドンペリに味が近いと有名なので、結構贈り物に使わせて頂いております。
またヴィン・サント…は美味しそうなデザートワインだったので試しに贈ってみました。
20年モノってなかなか見ないですもんね。

まだ味の感想などは聞いていないけど、BYOバッグは結構よろこんでもらえました。

皆様も自分用に、またはアルコールを入れて粋な贈り物にいかがですか?



FC2blog値段も手頃でなかなかオシャレ
にほんブログ村 酒ブログへ意味もなくワインを入れて持ち歩きたいですね
BlogRanking次こそは自分用を買いますぜ。

↑参考になったらワンクリックを強制的に。

こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


今日のso-fa-s!!

so-fa-s、現在セール中。

【送料無料】【アウトレット・新品】Meer2S【ミール2人掛け】



【30%OFF・送料無料】【アウトレット・展示品】Plima 【プリマ】1人掛け






スポンサーサイト

Posted on 2007/08/06 Mon. 13:20 [edit]

category: 記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/365-96bab6be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード