ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

強烈な個性、老松酒造「おこげ」  

本日紹介しますのは老松酒造さんの焙煎麦焼酎「おこげ」です。
おこげ
http://www.oimatsu.com/  老松酒造HP


老松酒造さんと言えば有名どころはやはり「(赤)閻魔」でしょうか。

大分本格麦焼酎【閻魔えんま】1.8L 25

常圧蒸留麦焼酎 常圧閻魔黒麹・全量麹仕込 黒閻魔
赤閻魔はモンドセレクションも受賞しており、世界進出も果たしているようです(HP参照)。

この「おこげ」はどこでも手に入るという訳ではなく、特約店限定販売の逸品。

焙煎、つまり麦を煎って仕込んだ焼酎。
焙煎麦の焼酎、結構あると思うんですけど、例えばこれも。

焙煎麦焼酎:こふくろう・勇者・般若・夢酎

  ※特約店販売がほとんどの、一般にはあまり出回らないものが多いですね。
    特に勇者に関してはプレミア付いてもおかしくは無い。


うーん、夢酎は美味いよねぇ~はーと3つ
まぁ夢酎の場合はさらに樫樽で5年間の熟成をしているので、焙煎の香ばしい感じは味からは分かりませんね。
その他は呑んだ事無いのでなんとも言えません、申し訳ない。

で、本日の本題「おこげ」
こりゃぁすげぇ。
独特、個性的、強烈…。
こういう焼酎って他にあるのか?
少なくともわらわは初めての体験であります。
おこげ
「おこげ」裏書 クリックで拡大

もう、こげてるねこげ
味はまさに「焦げ(こげ)}!!!
もう香ばしいを通り過ぎてる感じです。
特に鼻から抜ける感じがそうです。
でもね、なぜか癖になる
これ嫌いな人は全然受け付けないだろうなぁ。
どっかのサイトには兼八と同様の“麦チョコ系”」なんて表現もあったけど、とてもとても、兼八とは別モンだと思います。
香りも焦げてます。
でもそこまでは、感じない。
どちらかと言ったら、香りだけ嗅いだら「おハート」って思うかも。

別にまずい訳じゃぁないですよ?
人によっちゃあそう思う人もいる、いや、結構多いとは思いますが困った
わらわは癖になってきてます。
ちなみにわらわはDr.PEPPERが好きです。
参考になるかな~??

で、この焼酎、味を楽しむならばやはりロックが一番ではないでしょうか?
この独特の世界観、呑んだ人しか分からない。
焼酎好きならば一献の価値ありでしょう。
おこげ 麦 1800ml 大分麦焼酎 ”おこげ” 25度 720ml

円熟おこげ 30度 720ml






FC2blog過激にロックンロールしようか?
にほんブログ村 酒ブログへそれとも安住の道(ロード)行こうか?
BlogRanking答えは1 Yummy Yummy Yummy 風に舞い

BOHBO No.5/サザン のPVでも最後はみんな焦げてます。
 よっしゃ、一発ワンクリック行っといて!!!


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


今日の焙煎!!


【焙煎チャーガ茶】2g×10包(カバノアナタケ)

健康に気を付けよー。
効果のあるなしは自分で見極めてね♥




スポンサーサイト

Posted on 2007/11/19 Mon. 18:55 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: お酒全般 - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/407-cc24160b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード