ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

小正酒造 「蔵の師魂 むぎ」  

プレミア付けて売ってる店も珍しくない、小正酒造の逸品「蔵の師魂」
小正酒造さんの師魂蔵で仕込まれる丁寧至極な一品。
過去記事参照ね >>>①  >>>②

そんな蔵の師魂から麦が登場。
それがこちらの、「かめ壺貯蔵熟成 蔵の師魂 むぎ」です。
蔵の師魂 むぎ
蔵の師魂 むぎ

この焼酎、わらわが酒屋さんに行った時にたまたま見つけたのですが、わらわが買う1週間ほど前から店頭にならんだらしい。
つまりは新製品。
以前にも蔵の師魂の麦焼酎はあったんですが、そちらは720ml瓶に入っていて、庶民には高めの至高の一品でした。
あぁ、矢印これです。
謹醸むぎ 蔵の師魂720ml 限定麦
で、今回のこの「かめ壺貯蔵熟成 蔵の師魂 むぎ」ですが、3年間熟成させた原酒を使用しているらしいです。
また原料は国内産の二条大麦、一次、二次、ともに。
麹は黒です。
でも値段は(正価は)リーズナブルよ、ありがとう小正様へへー
ラベルがオレンジってのも粋ですね、初見では結構びびったけどこげ
やっぱ、イメージ的には西酒造の「一粒の麦」のラベル、これが一番麦々しいと勝手に思っています。
一粒の麦 新一粒の麦 旧左が新ラベル 右が旧ラベル
旧ラベルの方がすきですね。


あと、また余談ですが、常圧といって思い出すのが「常蔵」
久家本店さんの作品で、やはりこちらも麦。
コクのあるタイプです。
本家にて紹介中…なんですが、トラブルで現在アクセスできないようです。
近いうちに直します。

で、蔵の師魂の麦、こちらもコクありタイプですね。
でも後味をそこまで引かないです。
基本的に「麦焼酎はさっぱり」といったイメージがありますが、それとはちと違うかな?
大手メーカーの麦はまさにさっぱりと言う感じがあり本当に爽やか。
そうね、それに濃さを足した感じなんでしょうかねぇ。
蔵の師魂 むぎ 25度 720ml

この暑い季節に、仕事帰りにまずはビールビール(わらわは第3のビールjumee☆loud laugh1)という方多いですよね。
では2杯目は?
ぜひとも焼酎いかが?
メタボリックシンドローム、対策組まにゃぁならんですよ?
ロックで本格焼酎麦、良いですよー!
無論芋でも万々歳GOOD
つまるところ…冷えてるアルコールなら心地いい???

夏の宵に酔いましょうはーと3つ


蔵の師魂 むぎ 裏書おまけ、裏書です、クリックで拡大。






FC2blog暑い中での冷焼酎
にほんブログ村 酒ブログへロックでくいっと、小粋な一杯
BlogRanking夏が毎日そうならいいのになぁ…

↑押してもあなたに害はなし!つまりはお願いワンクリック!!!

こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


スポンサーサイト

Posted on 2008/07/15 Tue. 12:43 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/492-c4cc254b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード