ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

自家製リンゴ酒、呑んでみた。  

前に紹介したリンゴ酒、呑んでみました。

「りんごを醗酵させてアルコールを作る」の記事 >>>

やっぱりカスは取るべきだったんだよなぁー。
結論、失敗がっくり
カスだけが要因ではあるまい。
イースト菌の量も、リンゴの量も明記されていなかった為、完全にテキトー赤いチューリップに醸造。

なるほど、考えてみたら成功する要因がひとつもない。
まぁ次回に期待って事で。

そうそう、アルコールは出来てたようです、薄いけど。
少し酔った後に呑んだらアルコールを感じる事もなく、ただの苦味のある液体としか把握できないんだろうなぁ。
そんな程度の仕上がりでした。

でも捨てるには心もとないので、ひとまずカスをざるで濾して呑みきりたいと思います。

うーん試練の時ですな。

でも自分で勝手に作っておいて捨てる訳にはいかん。
意地でも呑むむかー

そんで次は久方ぶりのどぶろく造りを始めたいのです。

頑張って呑みきるぜ。



FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非


今日のどぶろく!!

酒屋仕立ての本物のどぶろくってのはこういうやつです。



どぶろく特区の本物!どぶろく免許全国第一号ほほえみ荘の生どぶろく ほろよい小町 2本セット


どぶろく特区…認可を受けた酒蔵以外でのアルコール(どぶろく)の製造を国から正式に許可された区域です。


あ、こんなのもあった。
どぶろく和菓子!!!!
       


矢印 上「どぶろく大福」「どぶろくジェラート」





スポンサーサイト

Posted on 2009/02/15 Sun. 11:42 [edit]

category: どぶろく醸造

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/568-c6eebf42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード