ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

くじらのボトル  

やーっと、やーっと、ホントにやーっと紹介します。
大海(たいかい)酒造「くじらのボトル」
ノーマルバージョンと「大海綾紫(白麹)」「大海綾紫(黒麹)」
くじらのボトル、くじらのボトル綾紫(白黒)、べいすん、黒克、風雷
No07YAUP真ん中のくじらの絵柄の一升瓶3本です。
 その他の焼酎は既に紹介済みなので、興味がある方は左の方にある検索窓から探してみてくださいおんぷ
 紫のくじらが右を向いているのが「綾紫(黒)」。
 黒いくじらはノーマルの「くじらのボトル」。
 そんで紫くじらの左向きが「綾紫(白)」。

どれもこれも、表ラベルには「くじらのボトル」とは書いてない。
下の方に小さく「KUGILLA」とだけあります。

大海酒造HP >>>

正価で買えるぜ、送料無料  >>>


「くじらのボトル」クジラ、これは飲みやすいですな GOOD
ん、旨い旨い!!
飲み口いいし、結構あっさり。
とは言えアルコールはちゃんと感じます。
でも25度には思えないです。
お湯割り、もいいけどストレートとかロックも良し良し はーと3つ
個人的にはストレートが最高。
白麹、だよね?

裏ラベルには生産者と「大牟禮(おおむれ)」杜氏の写真があります。
クジラのボトル
No07YAUPクリックで拡大。


そうそう、大海酒造の「さつま大海」を以前紹介しましたが、その裏ラベルにも生産者の方々の写真載ってましたね。

さつま大海 過去記事  >>>

杜氏は同じく大牟禮杜氏。

お次は「大海 綾紫(白)」
香りはノーマルよりも感じますね。
飲み口はノーマルよりもやや強め、喉を通るときは結構アルコール感じます。
全体的にノーマルよりも「一般的な本格焼酎」に近い感じ。
無論、違うんですが、感覚的にね。
で、呑んだ後の感じ、カァーっハートとね。
白だけど結構コクがある感じですね。

裏ラベルはこちら。
くじらのボトル
芋生産者の顔が変わってます!!!
これが品質の証拠でしょうかねぇ。
うーん、素晴らしい!!!!!!

はいはい、次、次。
「大海 綾紫(黒)」
くじらシリーズクジラのラストですよー。
くじらのボトル
やはり生産者の方の顔ぶれ、違いますね!!
でも綾紫の「黒」「白」で写真が違うって事は、麹の使い分けだけなく畑も違うって事なんかな?
もしくは同じ畑の違う方々の顔ぶれとか。

そっちの方が可能性高いかな。

黒麹とは言え、かなりさっぱり目。
一般的な教科書通りの黒麹とはちと違いますかな。
香りもおとなしめ。
白よりも黒の方がノーマルに近いのでしょうか?
ん、でもそんな事もないな。
やっぱり黒の方がコクありですな。
お湯割りも確かに旨いんだけど、個人的にはストレートで最高 GOOD
呑み飽きない、そんな感じですね。

くじらシリーズ、これ買ってください。
美味しいです。
しかも正価で送料無料で買えますから。
うん、これは手放しでオススメできます。


大人気!くじらのボトルと綾紫白・黒 3本セット 1800ml




FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非



スポンサーサイト

Posted on 2009/04/01 Wed. 22:30 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/589-14d0fcad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード