ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

チャダイゴケの台頭  

困ってます。
気持ち悪いキノコのようなものチャダイゴケが大繁殖中。
ツツジの下とか、畑の中とかに抜いても抜いてもすぐ出てくる。
抜くと言うより、「むしる」「ちぎる」と言う方が表現的には合うかなぁ??
色は薄茶色、表面に毛が多数あり。
初期はボーリングのピンの先端みたいな形
それが生長すると逆円錐形、頭頂部が広く開いて根元は細い「ラッパ形」になり、本体の中身が丸見えに。
そして中身には種のような黒い物体がいくつも収まっている。
チャダイゴケ
No07YAUPこいつです。
矢印の先にあるのが、ちょっと見え難いけどボーリングのピンの頃。
手前に見えるラッパ型はもう少しするともっとラッパ型になります。

実家にあった図鑑で調べてみると、こいつの名前はチャダイゴケ(茶台苔)」といってキノコの類らしい。
更にネットで調べてみたら、内側に詰まってる黒いのは種ではなく、この黒いモノの中に胞子が詰まっていると言う事。
そうよね、キノコって種じゃなくて胞子で増えるんだもんね。
久々に小学校の理科を思い出しました。
チャダイゴケ  チャダイゴケ
しかし、気持ち悪いぜ…。
写真は残してないけど、ほんの1週間前にナスの下に物凄く群生してました。
50本じゃきかないくらいの大所帯、ありゃホントに気持ち悪かった。
全部がボーリングのピンで、おさびし山のニョロニョロみたい。
いや、まだニョロニョロの方が可愛げもあるさ。
ホント、見るたびに鳥肌が立ったもんなぁ。

驚いた事に、この気持ち悪いチャダイコケは京都や愛知では絶滅危惧種として扱われてると言う。
農薬とか環境の変化が原因らしいんですけどね。
我が家にゃわんさかこいつらが住み着いてるから京都、愛知に寄付したいですよ。
いくらでも持ってけってんだぃ!!!


希少なキノコ【チャーガ】を使った焼酎 黒宝霧島 900ml 芋焼酎 25度 霧島酒造 鹿児島県産

同じキノコでもこういうのが生えれば嬉しいんだけどねぇ。


超稀少プレミアム限定酒☆霧島酒造(株) 金霧島 900ml冬虫夏草酒(スピリッツ)

冬虫夏草(とうちゅうかそう)、あれだよね、セミの幼虫から生えてくるキノコ。
昔「ミスター味っ子」で紹介してた。
今では結構名前聞きますけどね。



FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非









スポンサーサイト

Posted on 2009/08/17 Mon. 23:21 [edit]

category: 植木・園芸・ガーデニング

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2009/08/28 11:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/634-67a8a29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード