ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

山元酒造 「蔵の神」  

焼酎をご紹介。
今回は「黒 蔵の神」山元酒造さんの作品。 
黒 蔵の神

蔵の神 >>>

早々に味のご紹介をば。
黒なのにスッキリ スッキリ してます。
スッキリ甘い。
今回はロックと水割りで飲んだんですが、水割りの方が美味しかったな。
水割りと言ってもその場で水を加えるのではなく、一日前から5:5で割っておいて、それを冷蔵庫で保存して置いたモノです。
お湯割りも旨いのかもしれないけど、まだまだお湯割りシーズンには早かろうて。
比較的飲みやすい焼酎ですが、突出したモノはあまり感じられず。
逆に言えば全体的にバランスの取れた焼酎なんでしょうかねぇ GOOD

山元酒造株式会社HP >>>

名前にもなっている「蔵の神」 神様
ちゃんと意味があるんですねぇ。
蔵ごとによって独特の味わい深さがあるのは、おのおのに宿っている蔵付き酵母の為です。蔵付き酵母が焼酎の本来の味を決めているのです。  
蔵人さんや関係者の方は、この蔵付き酵母のことを、「蔵の神」と呼んでおられます。

こちらのページより抜粋しました。 >>>

確かに、酒屋のおやじさんも言ってました。
「蔵ごとに癖があるからさ、俺なんか(利き酒すると)分かっちゃう時があるんだよね、蔵元が。
 銘柄は分からないけど、味のクセがあるからね。
 不二才も晴耕雨讀も似たようなモンに思えるよなぁ~。」
そうなんだぁ。
わらわにゃ全然分からない。
蔵のクセかぁ。
それこそ「蔵の神」の仕業に違いないんですねぇ ハート

しかし、この「黒 蔵の神」。
ラベルの左端に「BLACK」なんて書いてあるから、それが安っぽく見えちゃって残念。


FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非

今日の「至福の焼酎グラス」!!



このちょっと変わった形の焼酎グラスは有田焼で、とても機能的、科学的に作られているんです。
至高の有田焼

発売元 : 匠の蔵.jp >>>
販売元から直で購入よりもamazonからの購入の方が安いってとこがミソ 宝


スポンサーサイト

Posted on 2009/10/05 Mon. 22:58 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/650-298c026a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード