ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

西の誉銘醸 「嘉時(よしとき)」  

さてさて、麦焼酎「嘉時(よしとき)」を紹介します。

嘉時


黒麹での麦焼酎。
仕込みは日田天領水
日田天領水、スーパーとかでもペットボトルで売ってるけど、他の天然水・ミネラルウォーターを明らかに凌駕する値段。
高級品です。
それを仕込みに使った豪華な麦焼酎、それが嘉時です。

麦特有の スッキリ感だけど、ほのかな甘み。
飲みやすいけど、若干クセがあるような感じ。
まぁこれも麦焼酎ならではの感じかなぁ。
でもクセもそんなに強くなく、飲みやすい。

西の誉銘醸 >>>

上記リンクを見ていただけると分かりますが、
「ヨーロッパ最大級の食品検査・分析・審査機関であるiTQi(International Taste & Quality Institute=国際味覚及び品質審査会)に初出品し、見事優秀味覚賞を受賞することができました。iTQi優秀味覚賞は年に1回、iTQi分析研究機関において厳密な品質、分析、検査が行われた後、ミシュラン等で三つ星、二つ星を獲得したヨーロッパ各地のレストラン、ホテルの料理長達やソムリエが味覚、官能等をブラインド検査します。」
と言うような感じで素晴らしい成績を残している、すさまじい焼酎らしいです

一部では幻と言われているそうですな、この焼酎。
嘉時
ラベルにもばっちり「日田天領水仕込み」の文字が。

日田天領水のみでも何かの賞をもらってると聞いたことがあります。
つまり、「美味い賞のWブッキング」って言っていいですか?

またモンドセレクションでも賞をもらってますね。
それが瓶の首から掛かってるラベルに誇らしげに書いてある。
嘉時
2008年モンドセレクション金賞!!!

モンドセレクションてのはこんな賞です >>>

こちらは蔵元の販売ページ。
西の誉銘醸 楽天>>>


日田天領水仕込!西の誉銘醸「嘉時」麦25度720mL[Y12]


麦・米焼酎と清酒を造る蔵元さんらしいです。
場所は大分県。
大分って言ったらやっぱり麦ですねぇ。
CM効果かどうなのか、真っ先に浮かぶのは「二階堂」


二階堂 麦焼酎 吉四六 びん 720ml+二階堂 麦焼酎 25度 900ml×2本セット


しかし、改めて感じるのは、やはりわらわは芋が好き。
麦のさっぱり感も好きだけど、芋のこってり感が大好き

初めて飲んだ「富乃宝山」を髣髴とさせる麦焼酎が出るのを楽しみにしてます。
いや~、焼酎は楽しいぜ。






FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非



スポンサーサイト

Posted on 2010/02/26 Fri. 00:06 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/700-b811a901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード