ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

佐浦 「浦霞 純米辛口」  

お酒の紹介するの久しぶりだな。
これがこのブログの大本命だって事を忘れてました。
「初心忘るるべからず」
最近記事が多方面に分散してしまった結果、訪問人数も芳しくないという悪い方向に向かっておりますが、そうそうアルコールの記事ばかりではさすがに話も尽きてしまうので…。
まぁせめて記事の1/4くらいはアルコールにつなげたいですな。

前置きおしまい。

さて今日紹介するのは、まぁ有名どころの地酒ブランドですね。
佐浦さんの「浦霞 純米辛口」

浦霞 純米辛口 

昨年末に購入、1/4ほど残したままで台所の隅に忘れ去られてました。
過去記事参照 >>>
あ…風憚も紹介してないな。
今はまだ開栓もせずに眠りに付いてるので、いつか紹介しましょう。

で、浦霞(うらがすみ)、もう超有名ブランド。
地酒ブームの中心地にいたお酒。

浦霞 >>>
通常のラベルは白いんですよね。
これはラベルが紺色の珍しいタイプ。
この「純米辛口」は販売店限定流通商品。

何処でも買えるという代物ではないのです。

蔵が販売店を指定している、つまり信頼された酒屋さんでしか売られていないもの。
わらわが通う酒屋さんもその一つに選ばれているという事です。

さてお味の方は?
浦霞の通常版を飲んだことがないんですいが、通常版は日本酒度が+2.0なのに対して純米辛口は+5.0。
純米酒なので精米歩合は65%。
精米歩合とかの説明は過去記事参照 >>>

浦霞 純米辛口 

日本酒度の説明はこちらからどうぞ >>>
詳しく書かれすぎて混乱しそう…。

で、本題、浦霞の感想。
これはスッキリですね。
キレがいい。
常温でもスッキリ
若干フルーティーな感じもあり、アルコールをそこまで感じさせない。
日本酒初心者の方にもいけると思いす。
さすがに人気銘柄ですな。

こんな有名銘柄を今更わらわほどの小物が説明するまでもないか…。

常温でしか飲んでないけど燗とかしたらうまいのかなぁ~?
ぬる燗??
冷やはどうだな???

はい、最後。
栓の画像をば。
浦霞 純米辛口 
キレイなデザインですね。

ではまた次回。






FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非









スポンサーサイト

Posted on 2010/05/23 Sun. 22:15 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/730-4901c9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード