ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

別冊 ニュートン  

懸賞やらアンケートの副賞やらで図書券、図書カードが10,000円以上も貯まっていました。

数ヶ月前に我がハニーバニー に音の出る絵本を数冊買ってあげたけどまだまだ余ってる。

でも小説は図書館からいつでも借りられるし、どうしても今読んでおきたいという本もなし。

で、久方ぶりに自分の特殊な趣味にお金を注いでみた。
「特殊」、別に買わなくてもいいんだけど、あったらあったで嬉しい趣味。

わらわは宇宙の話が大好き。
結構本買ってます。
…「結構」っていうほど研究してる訳じゃあないけど、でも数冊持ってます。
宇宙関連の本(相対性理論)、単行本は安いんですけど、ムックとかの大判になると結構高いんですよね。

ニュートン ムック本
こちらも各々、2000円強のなかなかいいお値段。

通勤の電車で読むにはやはり小説がベスト。
乙一、東野圭吾、京極夏彦、宮部みゆき、森博史…面白いぜ。
でもそれとはちがった本もまた一興。

いままで色んな宇宙の本買ったけど、大抵は作者かもしくは監修に「佐藤勝彦」という名が入る。
日本での、というか世界的な宇宙研究の第一人者でインフレーション理論を提唱した一人です。
簡単に言っちゃってるけど、物凄い人なんですよ

今回買ったニュートンの別冊も佐藤氏の監修。
でもね、今回のはすごく分かりやすかった。
今まで買ったこの手の本の中ではずば抜けて一番。
やはり説明図が多いと分かりやすいのね。
特にわらわのような物理学を学んだ事のない人間にはね、バカだから画がないと。
しかもただの画じゃダメさ、分かりやすい文章も添えてくれないと。

それが今までの中で一番適っているのがこの「別冊 ニュートン」でした。

宇宙の他にも色んな科学が満載。
例えば今回同時購入の量子論。
未だに確実に理解している人がいないという難しい理論で、アインシュタインとの対立もあって…まぁそんな理論。
そういうのとか、時間、次元、脳…様々な角度から科学が入り込みます。
UFOとかはないみたいだけど。

amazon [科学雑誌 ニュートン]  >>>

いやぁ、科学って面白い。
自分ではこの分野に関われないとしても、その知識を得ても仕事に何の影響もないとしても、科学ってすごいぜ。





FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非









スポンサーサイト

Posted on 2010/06/06 Sun. 00:17 [edit]

category: 記録

thread: これほしい! - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/733-5740f754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード