ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

メグスリノキのお茶(?)  

メグスリノキ。
目薬の木。

過去にも数回紹介してますが、この木を煎じて、つまりお茶にして飲むと肝臓にいいらしい。
うん?
何でも煎じれば「お茶」と読んでいいものなのか?
はて?

まぁとにかく、飲酒の輩にゃぁこれが必要ってことよ。
詳しくはここ見てください。
ここ見といてねー。

メグスリキのお茶 >>>

もう相応に酔ってるので説明文を書く気力が、な・い

うぃー、結構しっかり半端に酔ってきたー



麦茶と比べると色の違いが分かります。
メグスリノキ

左が煮出した「メグスリノキ茶」。
右はつるべ師匠でお馴染みの「香り薫る麦茶」。
色的にはこのくらい違います。
味は全然違います。

メグスリノキ茶、結構クセ有り。
でも、そうね、スッキリ飲料が好きな人に「ドクターペッパーを飲みませぃ!」という状況よりは全然大丈夫。

皆様も是非。





FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非







スポンサーサイト

Posted on 2011/02/06 Sun. 22:39 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: 家庭医学・健康 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/795-1c307298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード