ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

教科書どおりにハーブ酒を造る  

切っても刈ってもめげずに増える、恐ろしく頑強なハーブ「ケンタッキーミント」
ちょっとでも地下茎が残るとこのように増え続けてしまうのでありまする・・・

ケンタッキーミント

まぁせっかくなので、またまたハーブ酒を漬けてみようかという事になりました。
前回は田舎モノの持ちえる洒落っ気を最大限に発揮して「ウォッカ」を使って漬けましたが、今回は教科書通りに「ホワイトリカー + 氷砂糖」という果実酒の王道的レシピです。
単純な話、「焼酎漬け」
うむ、このブログの意向にも沿う展開ですな

ウォッカでミント酒 
過去記事 >>>

完成編  >>>


ミント酒

ホワイトリカー1.8リットルに自宅にあった半端な氷砂糖を全て使ったら、前回仕込んだ時に使った瓶1つでは足りなかったので2つに分けて仕込み。

ミント酒

漬けたばかりはねぇ、採りたて新鮮のミントのまぶしい緑が更に磨かれたように美しく見えます

台所の小さな床下倉庫に2ヶ月。
この期間を経て、こいつはステキなミント酒に生まれ変わるのであろうか・・・。
生まれ変わるのです

冬場ならまだしも、やはり暖かい季節は冷暗所と呼ばれる場所に保存しないとダメみたいですよ。

また、2ヵ月経過した以降に報告をしたいと思います。

ミント酒、ものすごく成功してもモヒートみたいには・・・ならないよね。


モヒート >>>



焼酎通販売上5年連続日本一■お試しキャンペーン



ウコン+αで毎日の元気をプラス






FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非






スポンサーサイト

Posted on 2011/06/06 Mon. 23:56 [edit]

category: どぶろく醸造

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/834-78bc6a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ