ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

色彩雫 -iroshizuku- 松露   

万年筆用のインクを買いました。
カートリッジではなくボトルインク。
買ったのはこれ。

松露

色彩雫 iroshizuku >>>

パイロットから出ている「色彩雫 iroshizuku」というシリーズの「松露」というもの。
紺に緑が強く混ざった感じかなぁ?
書く用紙によって色の出方も違うけど、ハガキに書いた場合ではきれいな青緑に。
若干光沢があるような紙面に落としたときには、緑っぽくはあるんだけど、濃紺に近いような感じに。

本当は同シリーズの「月夜」 「山栗」 という色のどちらかが欲しかったのですが、あいにく店頭では在庫切れ。
やむなく選んだ「松露」ですが、やむなくの割には結構成功

自分が使ってる万年筆はラミーというメーカー ののサファリという物で、まぁ誰でも手軽に使えるような、お手軽版というか入門版というか、そんな感じの比較的安価な万年筆。
カジュアル万年筆というらしいです。

過去記事参照 >>>

LAMY safari >>>


もともと字を書くのは好きなんだけど、今までは筆ペン使うのが好きだった。
でも万年筆、買ってみると面白い。
この安価な奴でもなかなか楽しめるのだから、世の万年筆好きが数万~数十万も出して一本の万年筆を買うのもなんとなく頷ける・・・うなずける・・・かな?

サファリには元々ブルーのカートリッジが付いていたのでそれを使ってましたが、半年使ってインク切れ。
そんな訳で初めてのボトルインクに手を出した訳です

しかし・・・ボトルインクって綺麗だよなー。
うっとりしちゃう。
コレクションしたいもんねぇ。
これも万年筆好きの気持ちの一片だろうかしらねぇ。
書いて楽しむのはもちろん、吸い上げる前のボトルの状態ですごくステキ。
万年筆持ってない人でも机にひとつあるだけでグッとレベルが上がる気がしちゃうかも知れませんなぁ。
(インテリア性としては)インクの色ももちろんだけど、メーカー毎の、シリーズ毎の瓶の形がいいんだよねぇ。

万年筆インク >>>

で、今後、万年筆ももう1本くらい、そうね、もうちょっといいヤツを買おうと思ってます。
そんで別のインキを買って・・・うわ~楽しそう


万年筆 >>>








FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非






スポンサーサイト

Posted on 2012/01/12 Thu. 00:08 [edit]

category: コレクション

thread: 文房具大好き! - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/897-3edb2270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード