ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

エルフェンリート  

エルフェンリートというアニメを見ました。
漫画が全12巻で、アニメ版は全13話。

たまたま見つけたのですが、結構な人気作品らしい。
特に海外ではかなりヒットしたという。

2004 AnimeReactor Community Awards : Best Opening/Ending コンビネーション、Best Drama、Best Thriller(Mystery/Horror)、Best Fanservice受賞、ルーシーはベスト女性キャラ受賞
American Anime Awards 2007 at New York Comic-Con(初回) : Best Short Series"にノミネート(5作品ノミネート、受賞は逃す)
JAPAN EXPO AWARDS 2009(フランス) : ベストオリジナルアニメ賞
 ※WIKIPEDIAより抜粋

エルフェンリート >>>

海外で受けたジャパニメーションって言ったら、個人的に大好きな「GHOST IN THE SHELL」

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL >>>

攻殻機動隊、テレビアニメ版もヒットしたけど、やはり映画版が好き。
絵もキレイだし、キャラクターがアニメアニメしていない、端的なデフォルメ化されてないのがいい。
勿論ストーリーも。

攻殻機動隊 >>>

で、エルフェンリートを見たのですが、第一話の冒頭になんだか興味を惹かれてそこから見た訳ですが・・・いやー、自分の趣味に入るものではなかったでした。
残虐殺戮はストーリー的にまだいいとしても、主人公付近の人々が目がでかい
まぁ、萌えキャラ?・・・っていうのかしら?
でも主人公から離れると普通の顔、目(もちろんアニメ顔ではあるが)。
こういうのが混同しててもいいものなの・・・?

途中途中の出来事にも萌え萌えしてきて・・・キーッ

とかなんとか言いながらかなりのハイペースで全話見終えてしまった・・・。

なんか頭の奥では「 胸糞悪ぃぜ~!!!」っていう思いは常にあるんだけどなんか続きが気になって見ちゃったし、今でもそれについての資料をネット検索している自分がオソロシイ・・・。
つまり・・・ちょっぴりハマッタ・・・
恥ずかしいからちょっぴりと言っておきます。

しかし・・・怖ぇアニメだぁなぁ。
身体のパーツが次々と飛んでいく・・・スプラッター・・・。
でも、その表現と最強のルーシーが受けての海外大盛況らしい。

テレビ放映版はカットシーンがかなり多かったらしいです。
放映できないのが多かったのね。

エルフェンリート 1 (ヤングジャンプコミックス)




「表紙詐欺漫画」「ハートフルボッコアニメ」などと呼ばれているらしい。
表紙詐欺漫画・・・つまり表紙は上記のように萌え萌えキャラなのに内容がえげつない。
ハートフルボッコ・・・萌えとグロテスクの同居って事でしょうな。
なんにせよ一部で大人気の作品。
興味があれば一見どうぞ。

本意がイマイチ不明なので、漫画買ってみようかなって思ってます。








FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非




















スポンサーサイト

Posted on 2012/03/10 Sat. 23:20 [edit]

category: 記録

thread: アニメ・コミック - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/914-bd194816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ