ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

ZOKU 森博嗣  

今現在の読書の流れ、発端は「スカイ・クロラ」でした。

スカイ・クロラ

中古価格
¥1から
(2012/3/30 00:41時点)



スカイ・クロラ >>>

映画化されて以降一般的にも広まったであろうこの作品。
「ナ・バ・テア」「ダウン・ツ・ヘブン」「フラッタ・リンツ・ライフ」「クレイドゥ・ザ・スカイ」に加えて、短編集というか答えを導き出すための解決本というか、そんな位置合いの「スカイ・イクリプス」。
その全6巻からなるスカイ・クロラシリーズ。

ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven

     
こういうSF小説読んだのは、恐らく中学時代に「ガンダム(全3巻)」読んで以来だと思います。
面白いですね。
各巻2回以上は読んでる。
で、これを機に森博嗣作品に踏み込んでいく事になりました。

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky




で、そんな森博嗣さんのコメディ作品が「ZOKU」。

ZOKU



犯罪未満の壮大な悪戯をする「ZOKU」という組織とそれに対抗する「TAI」という組織の戦い(?)を描いた作品。
始め、内容を全く知らずに借りてきて、読んでみて初めてコメディって分かった。
こういう笑いをとる本ってほぼ読んだ事ないのですが、意外に面白かった。
森博嗣ワールドが広がりますね。
独特のくどいほどの比喩表現。
ユーモア溢れる会話や心の声。

たまにクスッとしてしまいます。
結構ニヤニヤしちゃいます。
電車で読書しているから周りの視線が痛いです。

乙一の「ZOO」に収録されてる「血液を探せ!」という話。
これもコメディ色が非常に強いというかコメディですよね?ミステリじゃないよね・・・?
この話を読んで、唯一笑い声を発してしまいました。

ZOO




ZOKUには、「ZOKUDAM」と「ZOKURANGER」という続編があって、昨日からゾクダムを読み始めました。
どうやら主役はロミ・品川とケン・十河のようです。

果たして、これを読んで声に出して笑ってしまうのかどうか・・・楽しみです。










FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非






スポンサーサイト

Posted on 2012/04/01 Sun. 10:18 [edit]

category: 記録

thread: 読書感想 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/921-341ea24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ