ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

「北郷の忠司」値段のばらつき、解決編  

以前紹介した安くて旨い焼酎「北郷の忠司」。

鼎(かなえ)、鳳凰美田、東郷 大地の夢、北郷の忠司
右端の2本です。

販売店によって値段にばらつきがある。
特にプレミア価格という訳ではなく、結構信頼の置ける店の間でもばらつく。

とりあえず、過去記事を見てその詳細を知ってください。
過去記事 ① >>>

櫻の郷酒造さんへの質問の答えがこちら
過去記事 ② >>>

で、いつもの酒屋さんに聞いたところ、
「ネットでこの値段(1,554円)はでないとは思うんですよね。でも店頭ならば皆この価格だと思うんだけど・・・。」
以下詳細。

何軒かの酒屋さん(酒販店)が協同で依頼して「北郷の忠司」は出来ました。
その酒屋間の暗黙の了解(?)で店頭価格は1,500円台だけど、ネットではその値段では売らないと、そういう風になっているらしいです。
まぁ、らしいというか、そんな曖昧な含みを持たせての解答。
断言は出来ないけども・・・って事です。
実際、過去には1,500円台で出してる楽天の店もありましたからねぇ・・・。

販売店としては依頼して造ってもらって、売値は協同依頼の販売店の中で決まってるって事ですかね。

北郷の忠司 >>>

で、そういう販売状況を櫻の郷酒造さんも詳しくは理解してないので、過去記事のような返答がきたんじゃない?って言ってました。

色々な兼ね合いから値段というのは生まれるのですなぁ。

ちょっと勉強になりました。










FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非






スポンサーサイト

Posted on 2012/05/11 Fri. 23:58 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/934-8e7f725c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード