ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

3年寝かした缶ワイン  

冷蔵庫の扉側の最上段、缶飲料のスペースを3年間陣取り続けているアルコール飲料があります。
「Barokes BUBBRY WINE(バロークス スパークリングワイン)」。

オーストラリアのバロークスというメーカーが作っているらしく、
『Barokes Wines は画期的なワインのパッケージシステム (Vinsafe) を考案し特許を受けた企業であり、このシステムによって高品質のワインを長期にわたり安定した缶製品化を可能にしました。 このオーストラリアでの考案により、地理的にも、また消費人口においても新たなワイン市場を開拓しました。』
との事です。

barokes バロークス ロゼ

バロークス プレミアム缶ワインスパークリングロゼ >>>

定価は一本440円という、高級感、否、高級缶。

もの珍しさから買っては見たものの、3年間ずーっと冷蔵庫で眠ってました。
意図的に眠らせていた訳ではなく、かといって忘れていた訳でもなく。
毎日冷蔵庫からビールを取る度に、「あぁあるなぁ。」と思ってはいたけど、思うだけ。
飲もうという気が起きなかった。
普段ワイン飲まないしなぁ~。
で、ようやっと本日開栓した訳です。

3年と言う月日をものともせずに炭酸がばっちり効いてますね。
うちのソーダストリームの炭酸なんてすぐ抜けちゃうのに、なかなか立派です。
で思った以上に飲みやすい。
美味しい。
今飲んでるのはロゼなんですが、ちょうど1年前に、ロゼと一緒に買ったバロークの白のスパークリングを飲んでるんですね。

過去記事参照 >>>

で、そういうばブログに書いたなーって思い出して↑記事を読んでみたら…びっくりするくらい同じ感想。
まさに同一人物の感想。
2時間サスペンスなら証拠の一環にあがるかもしれん。

バロークスは現在5種の缶ワインを展開中。
興味がある方は是非どうぞ。
アウトドアでのワインの持ち運びにはかなり便利そうですね。
瓶なんか重いし割れちゃうから、飲みきりサイズで手ごろな缶ワインは好きな方には便利なのかも。
まぁ、話の種にも。

バロークス 缶ワイン >>>






FC2blogひとまず応援ワンクリック
にほんブログ村 酒ブログへ気分しだいでツークリック
BlogRanking最後は惰性で3クリック

↑押してもあなたに害はなし!
どうせだったら応援してくださいなハート


こちらホーム(最新記事)です。
検索エンジンから来た方はこちらも見て頂ければ幸い
その他のみんなも是非




スポンサーサイト

Posted on 2012/09/20 Thu. 22:59 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/965-03c04dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

ミナト酒販

ソーダストリーム

記事分類

真空チタン

最近の記事+コメント

カレンダー

RSSフィード