ど・ブログ(分家)

SUZUKI NZ250を駆り、酒を喰らわば穴二つ・ふたを開ければアナコンダ。夢見がちな中年の純情詩。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小正醸造 「蔵の師魂 新焼酎」   

小正醸造さんのこだわりの一本「蔵の師魂」。
今日紹介するのはその蔵の師魂の新焼酎です。

蔵の師魂 新焼酎
蔵の師魂 新焼酎


通常の蔵の師魂シリーズ同様にネット販売はされていません。
これをネット経由で売ってるお店は信頼に欠けるお店ですので要注意。

写真では見えませんが、ラベルの端に
「詰日 平成二十四年十月一日」
と記載されています。

今更書くことでもないと思いますが、新焼酎ってのは少ないんですよね。
出来ばかりの焼酎を出荷するのです。
大半は寝かせたり、旧版とブレンドしたりして旨みを増してからの出荷となるのです。
ワインにヌーボーがあるのと同じです。
まぁワインはブレンドとかってないのかもしれないけど。
でも基本的には焼酎は寝かす、そして加水してアルコール度数を調整して出荷する。
その寝かす期間がないのが出来立てほやほや新焼酎って事です。

寝かせた方がまろやかになるってのが一般的な意見です。
新焼酎は荒いとかって良く言われますね。

本当はね、蔵の師魂の通常版と飲み比べれば分かり易いんだけど、いかんせん通常版は今回買わなかったので比べようがないです。

こんなブログを書いておきながら、自分としてはそこまで明確に味の違いを説明できません。
荒い…確かになぁ、まろやかかって言ったらそうでないという意見にまとまるのかもしれないけど、荒いって文面で書いて伝わりますかねぇ?
香りがきついというか、クセが強いというか…でもそれも通常品と比べればって事ですしねぇ。
「船を編む」を読み終えたばかりで語釈に関して自信がなくなってきて、どうでもいいような事を掘り下げている気がします。

舟を編む

新品価格
¥1,575から
(2013/1/14 12:12時点)



なんか毎度毎度味の感想とか書いてるけど、どこまで人に伝わっているのか不安ですね。
言葉の持つ意味、非常に重要ですね。
対外的に自分の言葉はどれだけ本意として伝わっているのか…お、酔っ払ってるからまたまた焼酎とは全然関係ない話に発展。

そういう訳で、確かな味は自分の舌で味わってみてください。
分かりやすい表現で言うと、お湯割りでもストレートでも美味しい焼酎でした。

蔵の師魂 新焼酎       蔵の師魂 新焼酎
裏ラベル、クリックで拡大しますので読んでみて下さい。
拡大比率を間違えて小さめですが…ご勘弁を。



こちらもどうぞ ♡(最新記事)>>>















スポンサーサイト

Posted on 2013/01/14 Mon. 12:25 [edit]

category: 酒・焼酎・アルコール

thread: アルコールは偉大なる文学者の言葉より素晴らしい - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagasaku.blog46.fc2.com/tb.php/991-05413463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HINOYA(ヒノヤ)

川淵帽子店

バズリクソンズ

ミナト酒販

パーマフロスト

ソーダストリーム

常きげん

発砲日本酒

超人気ワイン

ヨーグルト酒

記事分類

土屋鞄製造所

真空チタン

SUGAR CANE

最近の記事+コメント

自然環境保護

UNICEF

個人的推奨盤

TAKUMI

カレンダー

RSSフィード

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。